2020年03月22日

ぶらり、ELEVATION LAB『Magic Grips』(for Apple Magic Mouse)を買ってみた

magicgrips_top.JPG

『Magic Grips』というのを買ってみました。

ELEVATION LABという主にAppleのMacやiPhone、iPadなどの快適グッズを販売している米国の会社の製品です。
(公式HP https://www.elevationlab.com/

その前に、まず『Apple Magic Mouse2』を買いました。

magicgrips_01.JPG

magicgrips_02.JPG

さらに、その前にMacBookProを現行機種に更新しました。

現行のMacBookは外部端子がUSB Type-Cに統一されてしまった為に、既存のUSBインフラは変換アダプターか変換ハブを介してでないと使用できなくなりました。

周辺機器はそれでも良いのですが、問題はワイヤレスマウス。のアンテナ。

日々小さく、薄くなってきたマウスのアンテナをアダプターを介して接続するのは無粋です。

デスクトップ機なら問題ありません。

しかし、ポータブルに持ち運びできるMacBookにそれはありえません。

なので、Bluetoothマウスを買うしかありませんでした。

ところが、Bluetoothはまだ種類が少ない。

今まで愛用していたマウスに近い、手にフィットするものはなかなか無い。

そこで「指が疲れにくい」という点を最優先にApple Magic Mouseを買いました。

これ、使うのは10年ぶりくらいでしょうか。

正確には使うのをやめて10年。

知らない間に『Apple Magic Mouse 2』にモデルチェンジしていました。

Apple Magic Mouseはスクロールホイールが無く、トラックパッドに近い操作感は良いのですが、デザイン優先でフィット感は今ひとつでした。

さらに、「大きく」て「重い」。

magicgrips_03.JPG

magicgrips_04.JPG

「大きく」て「重い」はまあ、良いでしょう。

問題はApple Magic Mouseのフィット感です。

それを感じている人は私だけでは無いようで、Apple Magic Mouse用のグリップを見つけたので買ってみました。

Apple Magic MouseとApple Magic Mouse2両方に対応しています。

magicgrips_05.JPG

magicgrips_07.JPG

グリップを両面テープで貼り付けるだけです。

素材は医療用のプレミアムシリコン。

マウスの左右に取り付けるのですが、標準グリップは左右対称です。

しかし、親指用のXLサイズのグリップもセットになっていました。

magicgrips_08.JPG

magicgrips_09.JPG

いろいろ仮装着をして試したところ、両方標準グリップでも良いかなあ?と、なりました。

magicgrips_10.JPG

取り付けの際に注意しなくてはいけないのが、グリップの底部がマウス裏のレールよりも出っ張らないようにすること。

製品自体はレールよりも薄くなっていますが、取り付け角度を間違うと、レールと同じ高さになってしまいます。

そうなると、マウスの滑りが当然悪くなりますね。

magicgrips_11.JPG

magicgrips_13.JPG

フィット感は、良い感じです。

マウスが一回り大きくなった印象ですが、それが手に自然に馴染みます。

magicgrips_14.JPG

また、無機質な金属感から有機的で人間工学的な触感になりました。

非常にGoodです!!

これいいね!!

magicgrips_15.JPG

サブ機のMacBook用にも『Apple Magic Mouse2』を追加購入。

そちらの親指グリップはXLサイズにしてみました。

magicgrips_16.JPG

3Mの強力テープで固定すると、仮で付けたときよりも一体感が違ってきました。

magicgrips_17.JPG

なんか、こっちの方がいい。

ただ、両方標準グリップも捨てがたい....。

なので、しばらくの間は2つを使い分けていきます。

ただ、主力マウスはXLサイズになりました。










この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac関連・周辺機器

2020年03月20日

ぶらり、携帯UV除菌器『PEDIC SPORT(ぺディック スポーツ)』を買ってみた

pedic_03.JPG

UV除菌器なるものを買ってみた。

目的は靴の匂い。と、言うか脱いだあとの靴下・足のにおい対策。

ある記事によると消臭スプレーやフ○ブリーズ系の除菌消臭剤は一時的な消臭効果はあるものの、除菌効果はほとんど無く、根本的な解決にはならないと。

なので、本当は洗濯・丸洗いが一番なのです。

しかし、それがなかなか出来ません。

pedic_01.JPG

そうすると次ぎは、「オゾン殺菌」か「UV(紫外線)殺菌」となる。

いずれも大きな機械になってくるのですが、たまたま面白い商品を見つけました。

『PEDIC SPORT(ぺディック スポーツ)』


ぺディックという韓国メーカーの製品。

UV殺菌機器なのにコンパクトで携帯できる代物です。

靴に入れるので2本買いました。

カラーはいくつかありますが、シルバーにしました。

pedic_05.JPG

開封。

pedic_07.JPG

パカッ。

本体と充電用のUSBコードが入っています。

pedic_09.JPG

なんかマイクみたいですね。

底の赤い丸い部分がスイッチです。

pedic_13.JPG

紫外線はバクテリアやウイルスなどの雑菌だけでなく、人間にも良くはありません。

なので、安全の為にスイッチを入れると、UV照射はすぐには始まらず、10秒間Beep音とともに緑のLEDが点滅し始めます。

pedic_14.JPG

10秒後にUV照射が始まります。

pedic_16.JPG

あとは靴に入れておくだけ。

照射時間は10分間。

ニオイの原因菌を 99.99%除菌。するらしいです。

靴だけでなく、ヘルメットやグローブなどにも使えます。

結論。結構ニオイが取れました。

ただし、1回では無理。

最低3回(30分)は照射が必要でした。

最後の写真では紫外線が見えるようにしていますが、本来は靴の先まで突っ込みます。

かかと側を殺菌したい場合は何か布などを掛けておきましょう。

見た目も良いし、なかなか面白い商品でした。




2本同時充電ドック付きセットもあります。
さらに4本同時充電ドックもあるようです。






この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ






2020年03月18日

ぶらり、ORi Bikeで埼玉県新座栄の中国酒家『蘭亭』に行ってきた

rantei_19.JPG

中国酒家『蘭亭』

先日、行きつけの床屋で新座栄商店街に本格中華のお店が出来たよ、と言う情報を聞いてさっそく行ってみました。

新座栄というのは、埼玉県新座市栄のこと。

場所は、と言うと。

練馬区大泉学園町の隣で、バス通り沿いの商店街も練馬区と新座市で繋がっています。

rantei_oribike_3.JPG

今日は久々にORi Bike M10でポタリングです。

自宅から約30分ほど走って、ほとんど練馬区と新座市の境界線に近い角地にお店はありました。

って、一見して中華料理店には見えません。

おそらく「街」の中華料理店にも見えないでしょう。

お店の名前は中国酒家『蘭亭』(らんてい)。

その名を聞いて、新宿区牛込神楽坂にあった有名店『蘭亭』の流れを組んだお店なのではないかと思いますが、まったくその空気感無し!

rantei_oribike_1.JPG

さりげなく立て看板とのぼり旗が存在をアピール。

ブルーのテント生地のひさしには、これまた謙虚に中国酒家『蘭亭』とある。

開店時間である11:30に訪れ、外観の写真を撮っていると、お客さんがどんどん来店して席が埋まっていっていまったので、大急ぎで入店。

rantei_06.JPG

そう、このお店は居抜きで、もともとは個人商店だったそうです。

(おそらく)夫婦二人でのオペレーション。

オープンしたのは昨年(2019年)の1月だそうです。

rantei_07.JPG

手書きのメニュー。

ランチタイムは、基本ランチセットと多少のアラカルトが用意されています。

とりあえず・・・・う〜ん。「生中」!!

rantei_08.JPG

ザーサイが付いてきました。

このザーサイがまた旨い!!

この店のレベルが推測できます。

そして、アラカルトを注文。

rantei_10.JPG

始めて食べる料理です。が、前々から気になっていました。

「雲白肉」(ウンパイロー)

豚肉のニンニクソースがけです。

rantei_13.JPG

茹でた豚肉の白さがまるで雲のような料理。

茹でた豚肉なので、濃いパンチのあるソースが絡みます。
きゅうりの千切りと合います。

ある意味、豚肉版よだれ鳥、もとい!!よだれ豚だ〜!!

ふむふむ、これは勉強になります。

今度家で作ってみよう!!

rantei_14.JPG

続いて、このお店での定番(らしい)水餃子

先ほどのウンパイローに近い四川風ソースがかかっています。

ベースは自家製辣油。

この辣油が絶妙に旨い。

ほのかに八角の香り。そして複雑な旨味。

rantei_17.JPG

パクチーがアクセント。

ちなみに、このお店ではこの自家製辣油も小売りしてます。

おお、このお店。やはりレベル高し!!

rantei_07.JPG

そして、ラスト。と、言うかメインディッシュは「担々麺」で〜す。

rantei_24.JPG

おお。

rantei_22.JPG

表面は結構透き通っています。

芝麻醤の量が少ない感じで、辣油も控えめ。

rantei_26.JPG

スープを一口。

と、言うか、二口、三口と止まらない。

「うまい!!」

結構アッサリしていて、言うなれば「淡麗」。

辛さも控えめで、ある意味「女子」向けかな?

炸醤(ジャージャン:挽肉の味付け炒め)の濃い味付けがスープに溶け出すと、良い感じ。

rantei_29.JPG

麺はやや加水率が高めのコシのあるストレート。

本格中華では個人的に低加水の麺が好きですが、この麺はいい!!

なんか、スープとも合います。

プラス100円で大盛りにもできますが、今日は色々食べたかったのでレギュラーで。

rantei_oribike_2.JPG

いや〜、うまかった。

ごちそうさまでした。

最後に、やはりこのお店は新宿区牛込神楽坂にあった人気店『蘭亭』が新座市に移転してきたお店だそうです。

ちなみに、牛込神楽坂の『蘭亭』はご両親が不定期で今も営業しているとの事。

今は居抜きですが、おそらく近年中に生まれ変わるかも知れません。

今度は夜に来たいと思います。


中国酒家『蘭亭』(食べログ)
電話:070-7511-9227
住所:埼玉県新座市栄4-5-1
営業時間:11:30〜14:00
18:00〜22:00(21:00 L.O.)
定休日:日曜日 その他不定休



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

posted by 太泉八雲 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり、食散歩[中華]

2020年03月08日

ぶらり、通勤用自転車をあさひの通勤クロスバイク『オフィスプレス スポーツ』に更新してみた

officepress_sports_top.JPG

通勤用及び日常生活用の自転車を更新しました。

サイクルベースあさひのオリジナル通勤クロスバイク『ディアリオ』E型に更新をしてから、まだ5年ほどしか経っていませんが、諸事情により更新する事になったのです。

『ディアリオ』E型は知人に譲渡されます。

そして、新しく運用を始めるのが、サイクルベースあさひオリジナルの通勤クロスバイクの最高峰。

『オフィスプレス スポーツ』G型です。

officepress_sports_03.JPG

実は『オフィスプレス スポーツ』は、サイクルベースあさひが「必須装備が全て揃ったフルスペッククロスバイク」と謳うだけあって、過去に何度も候補に上がってはいましたが、オーバースペック気味で価格も予算オーバーだった為に何度も見送ってきた過去がありました。

しかし、今回購入するにあたっての要求項目を満たしているのはこの自転車だけだったのです。

要求項目は以下のとおり。

(1)泥よけ
(2)前カゴ
(3)クランクカバー
(4)ディレーラー(マウンテンバイク・ロードレーサーと同類のもの)
(5)ブレーキはキャリパーブレーキかVブレーキ
(6)ライトはオートでハブダイナモ電力供給
(7)ホイールは700C

前車『ディアリオ』を選定する時よりも項目が増えていますが、それは『ディアリオ』に5年乗り続けて必要性を実感したものでした。

officepress_sports_11.JPG

特にハブダイナモ電力供給のオートライトは必須です。

officepress_sports_10.JPG

大手自転車メーカー製の通勤クロスバイクの中にはデザインも優れ要求項目をほぼ満たしているものもありましたが、この「ハブダイナモ電力供給のオートライト」がありませんでした。

電池式だと、万が一電池切れの時に「職質」が面倒くさいですし、なにより電池の管理とコストが煩わしい。

生活自転車に求められるのは、いかにノーメンテナンス製であるかです。
(もちろんメンテナンスはしますけど)

officepress_sports_21.JPG

次ぎに重要だったのがブレーキです。

デュアルピボットキャリパーブレーキかVブレーキ。

多くの通勤クロスのフロントブレーキはそのいずれかなのですが、問題はリアブレーキです。

officepress_sports_09.JPG

なぜか、大半がリアブレーキはローラーブレーキ(内装ドラムブレーキ)が多いのです。

まあ、メンテナンスフリー性とコスト。あと、購入の際にお店の方から事前説明がありましたが、ブレーキ鳴きが無いという利点はあります。

なので、ママチャリのリアブレーキはローラーブレーキが基本です。

しかし、通勤用とは言えあくまでクロスバイクですよ。

と、いうか確かにメンテナンスフリーを求めてはいますが、日常的にメンテナンスするにはVブレーキが圧倒的に優れています。

それに制動力も。

パッドがうるさかったり合わなかったら交換すれば良いだけなので。

購入時にお店の方から注意説明で「この自転車のブレーキは鳴きが大きい場合がありますので、その点はご了承ください」と言われました。

まあ、この手のクレームがあるのでしょう。

サイクルベースあさひの『オフィスプレス』には兄弟モデルが派生していて、「スポーツ」の他に「トレッキング」と「コミューター」と言うのがあります。

opt.JPG

「トレッキング」はライトがハブダイナモかそうでは無いかの違いによって2グレードありますが、フロントはシングルでフレーム形状もよりスポーティーになっており、価格も「スポーツ」よりもかなり安くて、『オフィスプレス』シリーズの主力モデルになりつつあります。

opc.JPG

「コミューター」はフレームデザインがママチャリに近いのですが、リアとフロントに頑丈なキャリアを装備しています。前カゴはオプションになっているので、ある意味新聞配達などの業務仕様なモデルです。

で、ですね。

本当は『オフィスプレス・トレッキング』が本命だったのですが、このトレッキングの問題点がリアブレーキだったのです。

そう、ローラーブレーキ。

そして『オフィスプレス・コミューター』の方は前後共にVブレーキだったのです。

何故かは分かりませんが、おそらく前後に重量物を積載できる仕様の為、制動力を優先したのでしょう。

そういう訳もあって『オフィスプレス・スポーツ』を選定したのです。

officepress_sports_06.JPG

リアディレーラーはシマノの「Tourney」シリーズです。(RD-TY300-SGS)

officepress_sports_08.JPG

スプロケットは7段で12-32T(CS-HG20-7)

officepress_sports_07.JPG

フロントギアは3段。

街乗りだったら2段でも十分かと思いますが、MTB用パーツの流用だと3段しか選択が無かったのかもしれません。

クランクセット48-38-28Tです。

ちなみにクランク長は170mm。

あと、ボトムブラケットはスクエアテーパー式のカートリッジ型(68×113)ですので、これもカスタマイズし易いですね。

officepress_sports_13.JPG

officepress_sports_14.JPG

シフターはシマノの「Tourney」シリーズのグリップシフト(SL-RS36)。

officepress_sports_12.JPG

あさひオリジナルの通勤車の前かごは、ワイヤーフレームが太く頑丈で転倒しても、そうそう歪みません。

ただ、この『オフィスプレス・スポーツ』の前カゴは通勤バッグがフィットするようにワイド仕様ですが、奥行きが浅く、見た目はスタイリッシュなのですが、スーパーでの買い物などには狭すぎるのです。

なので、このカゴは追々交換を予定しています。

officepress_sports_19.JPG

サドルはコンフォートサドルとされていますが、なかなかスポーティーです。

堅さも結構スポーティー。

シートピラー径は31.8mmなのでスポーツバイクと互換性があって良いですね。

重さは『ディアリオ』とほぼ同じの16.6kg。

まあ、ママチャリの標準的な重量ですね。

officepress_sports_16.JPG

あとは、ホイールが700Cという事で、タイヤを細くしチューブを仏式に交換します。

結構遠回りをして、ついに『オフィスプレス・スポーツ』になったのですが、実はオフィスプレスシリーズは『トレッキング』に世代交代しつつあるようで、店舗に在庫はなかなかありませんでした。

と言うか3月の時点でメーカー在庫もゼロ。

officepress_sports_20.JPG

都内のあちこちの店舗に電話をして、やっと1台見つけました。

そして、やっと納車されました。

これから宜しくです。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 通勤号(軽快車)

2020年03月02日

ぶらり、Kawasaki ZX-14Rでまたまた群馬県西小泉の『レストランブラジル』に行ってきた

restaurantebrasil3_top.JPG

ついに「シュラスコ」を食べてきました!!

って、トップの写真の料理は違うけど。

やっと念願のシュラスコを食べてきたのです。

と、言うわけで群馬県邑楽郡大泉町西小泉の『レストランブラジル』にまたまた言ってきました。

完全にはまったな、ブラジルに。

restaurantebrasil3_01.JPG

今回はちょっと大変なアクセスで、やっとお店に着いて乾いた喉を潤す&料理を愉しむアイテムは...

やっぱり「ガラナ」でしょう。

そう、今日はノンアルコールです。

何故なら...まあ、タイトルにあるとおり...

restaurantebrasil3_28.JPG

今日は電車では無く、Kawasaki ZX-14Rでやって来たからなのです。

前回までは、自宅からバスや電車を何度も乗り換え、片道約3時間近い道のりでアクセス(来店)していましたが、今回は高速道路(関越自動車道)を使って半分の約1時間30分での到着でした。

まあ、それだけ着かれた...と言う訳でもなく。
スマホナビはあれど、道はシンプル。

事前に頭に入れたルート通りに到着しました。よ。

何より、Kawasaki ZX-14R。

排気量1441ccを誇る並列4気筒エンジン。

自然吸気のモンスターマシン!

kawasakizx14r_12.JPG

ファーストインプレッションはその巨体にビビって後ずさりしましたが、乗ってみて分かりました。

その身軽さ、取り回しの良さ。

そして、高速クルーズの楽さ。

おまけに楽しい。

さすが、キング・オブ・ツアラー。

あっと言う間に到着しましたよ、片道約90km。

聖地『レストランブラジル』

restaurantebrasil3_03.JPG

で、今日の最初のオーダーは、最初の来店からずっと気になっていた、おつまみ小料理。

「リングイッサ・カラプレーザ」

ああ、バイクで来ていなかったら確実にビールをオーダーしていた。

独特のスパイスが利いた、超美味しい玉ねぎとソーセージの炒め物。

restaurantebrasil3_05.JPG

ちなみに「リングイッサ・カラプレーザ」の「リングイッサ」とは、玉ねぎのリングかと勝手に思っていましたが、実は「リングイッサ」というは豚肉の生ソーセージの事。

で、「カラプレーザ」と言うのは、その豚肉のソーセージの種類。

ピリ辛味のチョリソの様なものか。

restaurantebrasil3_08.JPG

そんな事はどうでもいいです。

とにかく、旨い。

問答無くうまい!!

このソーセージ、いい。

ある意味、台湾の八角を中心とした独特の風味と香りの強い「台湾ソーセージ」にも似ていつつも、まったく別物、別次元のエスニックな旨さ。

このソーセージ「リングイッサ・カラプレーザ」要チェックです。

restaurantebrasil3_09.JPG

続いてのオーダーは「カルネ・アサーダ・デ・パネーラ」の(200g)

牛すね肉をじっくり時間を掛けて焼き上げた料理です。

前回食べた「カルネ・デ・パネラ」はビーフシチューその物でしたが、今回のは独特の風貌です。

restaurantebrasil3_11.JPG

焼き上げと言うことで、ステーキか焼き鳥のような乾いていながらもジューシーな料理をイメージしていましたが(メニューの写真からも)、独特のソースか肉汁か何かが掛かっていて、見た目はモツ煮の様にウェットでした。

汁少なめのシチュー的な。

restaurantebrasil3_17.JPG

でも、とにかく柔らかい。

しっとり、ホロホロにナイフで切り分けられます。

味はシンプル。ちょっと味が濃いですが、肉の味、旨味が分かります。

付け合わせのポテトフライは、ブラジル風マリネ。

うまい、これはまたビールが進む!!的な。

実は最近ボディリメイクを目指し、密かにダイエットと筋トレを始め。”少し”炭水化物を控えめ、低糖質の食生活を行っているので、今日はタンパク質こと「肉料理」で攻めます。

あ、フライドポテトが唯一の炭水化物です。

だいぶおなかも満たされてきましたが、今回の「食旅」の主役、メインディッシ!!

「シュラスコ」行っちゃいます!!

restaurantebrasil3_19.JPG

「エスペトン・デ・ピカーニャ」の(300g)

一番小さなサイズです。(のはずですが...)

ちなみに、これ。

牛肉の部類で言うと「イチボ」のシュラスコになります。

「イチボ」と言うのは牛のお尻の部分。

その中でも最もやわらかい部分を切り出したお肉です。

牛一頭からわずか2kg程しか取れません。

restaurantebrasil3_20.JPG

メニューの写真では肉あ3枚でしたが、実際来たそれは5枚もありました。

ああ、良い風景だ...。

restaurantebrasil3_24.JPG

トングとナイフで肉を添え切りしながら、食べて行きます。

岩塩だけで焼き上げたイチボ。

うまい。旨すぎる!!

この表面積なので、ペースを落とすと、どんどん冷えて肉は固くなってきます。

ジューシーさも失われて行きます。

結構もう、お腹いっぱい。

まあ、一人で食べる料理では無いのかもしれません。

でも、旨かった。

感動。

restaurantebrasil3_25.JPG

ちなみに「シュラスコ」とは、英語圏で「バーベキュー」の事らしいです。

さらに言えば、「バーベキュー」とは中南米の先住民であるタイノ族の肉の丸焼き料理法である「ルバコア」に由来するらしいです。

まあ、そんな訳で、いろいろ勉強になりました。

ご馳走様でした


レストランブラジル(食べログ)
(公式HP)http://restaurantebrasil.jp/
電話:0276-62-0994
住所:群馬県邑楽郡大泉町西小泉5-5-3
営業時間:[月〜金] 11:00〜15:00 17:30〜22:00(L.O)
[土・日] 12:00〜22:00(L.O)
定休日:水曜日


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

2020年02月11日

ぶらり、石神井公園の元祖名古屋台湾ラーメン『味世』に行って台湾ラーメンを食べてきた

misei_16.JPG

久々に「台湾ラーメン」が食べたくなった。

で、行ってきた。

「台湾ラーメン」を食べに。

ちなみに、「台湾ラーメン」とは、中華民国こと『台湾』のラーメンではありません。

実は、「台湾ラーメン」とは名古屋発祥のラーメン。

台湾では「名古屋ラーメン」と呼ばれています。

【続きを読む】ぶらり、石神井公園の元祖名古屋台湾ラーメン『味世』に行って台湾ラーメンを食べてきた

2020年02月10日

ぶらり、また群馬県西小泉の『レストランブラジル』に行ってきた

restaurantebrasil2_top.JPG

ぶらり、また群馬県邑楽郡大泉町に来てしまった。

前回は体調が優れなかったゆえのリベンジという訳でもなく、訳でもあるのだが。

なによりも、他のメニューが気になってしょうがなかった。

舌がブラジル料理を欲して止まない。

【続きを読む】ぶらり、また群馬県西小泉の『レストランブラジル』に行ってきた

2020年02月08日

ぶらり、群馬県西小泉の『レストランブラジル』に行ってきた

restaurantebrasil_01top.JPG

いや〜、はるばるやって来ちゃいました。

群馬県邑楽郡(おうらぐん)大泉町。

東京から電車を乗り継ぎ、館林市まで結構掛かった。

そこから単線にして盲腸線でもある東武鉄道小泉線に揺られて約20分。

電車はワンマン2両編成の東武8000系。

【続きを読む】ぶらり、群馬県西小泉の『レストランブラジル』に行ってきた

2020年01月18日

ぶらり、久しぶりに池袋北口の『知音食堂』に行って水煮肉片(豚肉)を食べてみた

chiinshokudo3_top.JPG

四川の辛さには中毒性がある。

久しぶりにやっと池袋にある『知音食堂』(ちいんちょくどう)に行くことができた。

前回訪れたのが2016年の年始めだったから、実に4年ぶりの訪問。

そっか〜、あれからもう4年も来ていなかったのか〜。

時間が経つのが年々早く感じる。

【続きを読む】ぶらり、久しぶりに池袋北口の『知音食堂』に行って水煮肉片(豚肉)を食べてみた
posted by 太泉八雲 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり、食散歩[中華]