2021年10月01日

ぶらり、サーモス真空断熱ジョッキ600ml(S1)『JDK-600 S1』とタンブラー 600ml『JDE-600』を買ってみた。追加で

サーモス真空断熱ジョッキ2_01.JPG

前回のブログで紹介したサーモス真空断熱ジョッキ720ml(S2)『JDK-720 S2』が、思いのほか良かった。

何と言っても、氷の持ちが断然良い!!

と、言うことは....

(1)酒が(それ以外の飲み物も)薄まりにくい!
(2)氷の消費量もセーブできる!

とても経済的!!

さらに、例えば。
ちょっとペースが速くて、酔いがまわって寝てしまったケースで...

まだ、氷が残っていたという前提で、飲みかけのジョッキを寝室に持っていって寝てしまう。

で、早朝に喉が渇いて半分目覚めた時に...ジョッキの中にはまだ氷が残っているのですよ!!奥さん!!

「すげ〜!!」


起きて、冷蔵庫まで行かなくて良い!!

まあ、トイレは行くけどね。

サーモス真空断熱ジョッキ2_02.JPG

てな訳で。追加で購入してしまいました。

今度はサイズを下げて600mlのジョッキとタンブラーです。

さすがに、家飲みだと、720mlは大きすぎ。

って、言うかアル中街道まっしぐら。

って、言うか。もう少し控えめで「大人」的な「風情」が欲しい...。

まあ、720mlはネタ的な意味合いもあったのですが。

サーモス真空断熱ジョッキ2_03.JPG

ジョッキの方は、600mlにしたついでに、表面加工のタイプをフラットな「S1」(ステンレス1)にしました。

うん、こっちの方が好みとしては好き!

でも、720mlの方は、のちのちソロキャン動画などでの映り映えを考えて、エンボス加工の「S2」(ステンレス2)にしてみたのです。実は。

サーモス真空断熱ジョッキ2_04.JPG

600mlジョッキに氷投入!!

ちょっと、入れすぎたかな?

サーモス真空断熱ジョッキ2_06.JPG

合わせるのは、今回も「アル中カラカラ」の定番である「ストゼロ」ですね。

味は期間限定の「柚子ダブル」です。

そして、氷とのバランスを検証する為に、コスパの悪い350ml缶をあえて用意しました。

サーモス真空断熱ジョッキ2_07.JPG

注ぎマス。

サーモス真空断熱ジョッキ2_08.JPG

おおお、良い感じ。

サーモス真空断熱ジョッキ2_09.JPG

氷が多すぎたか...?

ああ、なんとか「ピッタシ」でした。

サーモス真空断熱ジョッキ2_05.JPG

次ぎに、タンブラー。

同じ600mlです。

氷の塩梅がわからん....。が、とりあえずビジュアル的に良いくらい投入。

サーモス真空断熱ジョッキ2_11.JPG

おお...。

こちらもなんとか「ピッタシ」でした。

サーモス真空断熱ジョッキ2_12.JPG

同じ600mlですが、家飲みするなら「タンブラー」の方でしょうか。

いや、しかし気分転換も必要。

お酒の種類によっても。

ビールなら...タンブラーかな。

ハイボールなら...コスパ・ウイスキーならジョッキ。

シングルモルト系ならタンブラーかな。

と、使い分けしていきたいと思います。

サーモスの真空断熱の他のシリーズも気になってきました。

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。









この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ


2021年09月19日

ぶらり、サーモス真空断熱ジョッキ720ml(S2)『JDK-720 S2』を買ってみた

サーモス真空断熱ジョッキ720_03.JPG

ついに手を出してしまった。

最強の家飲みアイテム。
家飲みだけでなく、車中泊やソロキャンプでも活躍しそう。

最強と言うよりも禁断のアイテムとも言える。

あのサーモスから出ているステンレス製の真空断熱ジョッキである。

サーモス真空断熱ジョッキ720_05.JPG


サイズは600mlと720mlがあるのですが、当然720mlをチョイス。

jdk600_1.JPG

あと、デザインがフラットな「S1」(ステンレス1)とエンボス加工の「S2」(ステンレス2)があります。

今回はエンボス加工の「S2」を買ってみました。

サーモス真空断熱ジョッキ720_06.JPG

この手の真空断熱ジョッキはいろいろなメーカーから出ていますが、やっぱりサーモスは表面処理も含めて美しいですね。

さて、720mlにした理由は...まあ大きい方がお代わり回数が減らせるのもありますが。

サーモス真空断熱ジョッキ720_07.JPG

500mlの缶酎ハイと氷を合わせるとピッタシなのですよ。

やっぱり、ストゼロでしょ。

サーモス真空断熱ジョッキ720_09.JPG

氷投入。

サーモス真空断熱ジョッキ720_12.JPG

注ぎます。

おお、ギリギリ。

サーモス真空断熱ジョッキ720_13.JPG

ずっしり来ます。

いいね〜。

アル中カラカラですよ。

口当たりも悪くはありません。


サーモス真空断熱ジョッキ720_14.JPG

しかし、あらためてサーモスの保温力に驚かされます。

氷が本当に溶けません。

エアコンの効いた室内だと6時間くらい氷は姿を残しています。

と、言うことは、氷が溶けにくい分、味も薄くダレる事が無いのです。

薄まらず、濃いまま飲み続ける事ができるのです。

やばいですね。

ちなみに、今回のジョッキは旅行用に購入したので、自宅用にはもう少しオシャレなタンブラーを買う予定です。







この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

2021年09月18日

ぶらり、板橋区上板橋駅前の『蒙古タンメン中本 上板橋本店 』へ行ってきた

中本_板橋本店top.JPG

さて、前回の板橋区大山にある街中華『中華料理 丸鶴』でチャーシュー炒飯の並を頂いたあと、東武東上線で2駅移動。

蒙古タンメン中本 上板橋本店へ行ってきました。

上板橋本店は以前は駅から約10分ほど歩いた場所にありましたが、上板橋駅前に移転したようです。

電車の車窓からも見える場所にあります。

中本_板橋本店1.JPG

お店はビルの2階の中奥にあります。

中本_板橋本店2.JPG

中本_板橋本店3.JPG

いや〜、中本を食べるのはふり返ると5年ぶりです。

家の近くに無いので、なかなか機会がありません。

まあ、セブンイレブンコラボ企画のカップ麺は時々食べてましたけど。

中本_板橋本店4.JPG

さて、メニューは決まっています。

今回も「北極星」です。

あ、野菜を追加しました。

中本_板橋本店5.JPG

カウンター席はしっかりと仕切られていました。

中本_板橋本店6.JPG

5分ほどで着丼。

いや〜いいビジュアルです。

中本_板橋本店11.JPG

さて、スープ。

うん、うん。うまい!

野菜の甘味がしっかりと出ていて辛さとのバランスが良い。

グイグイ飲めます。

中本_板橋本店12.JPG

麺は固めの太麺で、ワシワシ噛みきりながら食べる感じ。

すする感じではなく、噛みきりながら食べるので辛いスープでもむせる心配は低い。

汗がジワジワ吹き出してきます。

中本_板橋本店16.JPG

しかし、この食べ応えのある麺が、今日は重かった。

2軒目なので、ちょっとキツくなってきた。

途中でペースが墜ちてきたが、辛いスープのおかげで一心不乱に食べ続けられた。

中本_板橋本店18.JPG

なんとか完食。

自分的には丁度良い辛さでしたが、身体(胃)の方がちょっとビックリしている感じ。

水を飲むと、辛さが不必要に拡散するので、店を出た後コンビニでミルクティーを買って整えました。


ごちそうさまでした。

蒙古タンメン中本 上板橋本店 (食べログ)
HP:hhttps://www.moukotanmen-nakamoto.com/
電話:03-5398-1233
住所:東京都板橋区常盤台4-33-3-201 浅香ビル 2F
営業時間:11:00〜23:00
定休日:年中無休



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

2021年09月17日

ぶらり、板橋区大山の『中華料理 丸鶴』でチャーシュー炒飯を食べてきた

大山_丸鶴top.JPG

今年の元旦の初日の出ブログ以来、実に9ヶ月ぶりのブログ更新の第2弾は。

これまた実に1年ぶりの食べ歩きネタです。

今回はYouTubeの食レポ系動画でも度々目にする板橋区大山にある町中華の有名店。

『中華料理 丸鶴』

へ行ってきました。

大山_丸鶴3.JPG

このお店は創業約50数年の歴史を持つ町中華のお店であり。

元カリスマホスト城咲仁さんの実家としれ知られ、お父さんの店主は城咲仁さんそっくりなダンディな方。

そして、これまでに何度もテレビや雑誌に出ているお店。

この丸鶴の名物が、ご飯と叉焼が1:1とも噂されるチャーシュー炒飯です。

大山_丸鶴10.JPG

このご主人はわずか10歳で料理人の世界へ入り、16歳のときには中華料理店の店長も務めたそうです。

その後、肉の卸の仕事をしていた為に肉の目利きや調理方を学び、現在のチャーシュー炒飯に至ります。

ちなみに、その時代に、後に東池袋大勝軒を起こす山岸氏と出会い、いっしょに大勝軒で働いていたとの事。

大山_丸鶴3.JPG

来店したお客さんの大半はチャーシュー炒飯を頼んでいます。

炒飯は大盛りもありますが、今回はこの跡、別のお店をハシゴする予定だったので並盛りを注文。

実はハシゴ予定がなければ、もう一つの名物「担々麺」を頼む計画もありました。

大山_丸鶴2.JPG

注文して5分ほどで着丼。

大山_丸鶴5.JPG

まずは、スープ。

街中華でお馴染みの鶏ガラ醤油+味覇的な定番スープと違い、魚介系ベースのやさしいスープで驚き。

これが、しっとりとしていながら肉肉しい炒飯のパンチを優しく受け止めてくれます。

大山_丸鶴6.JPG

さすがにご飯:叉焼が1:1とは言いませんが、かなりチャーシューゴロゴロの炒飯です。

具材は卵とチャーシューのみ。

ねぎなども一切入っていません。

まあ、YouTubeの関連動画を穴が開くまで見ていたので、構成要素は知っていました。

カウンター上に積み上げられた「オイスターソース」にあるように、また卵を攪拌する為に使っているオイスターソースの空き缶が示すように、炒飯の味付けは動画を見ると、オイスターソース、塩、味の素、胡椒、そして醤油(ラーメン用のかえし)です。

大山_丸鶴8.JPG

食べログの評価の中には塩分辛すぎとの記述を見ていましたが、いざ食べてみると、そんな事はありませんでした。

やさしい味付けです。

私は自宅で炒飯も作りますが、オイスターソースは使った事はありませんでした。
しかし、ほのかに深みのあるコク。これはありですね。

ジューシーなチャーシューと炊きたてのご飯を使ったしっとりとした炒飯。

うまかった〜。

大山_丸鶴11.JPG

そして、〆はワンドリンクセルフサービスの自家製アイスコーヒーです。

いや〜満たされました。

今度は別のメニューを制覇すべくまた来たいと思います。


ごちそうさまでした。


中華料理 丸鶴 (食べログ)
HP:-
電話:03-3955-2209
住所:東京都板橋区大山西町2-2
営業時間:ランチ(月〜土)11:00-15:00
ディナー(水・金・土)17:00〜22:00
定休日:日曜



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり、食散歩[中華]

2021年09月16日

ぶらり、今年もあっという間に秋になってしまいました。とりあえず、今年の撮影機材の変遷などざっと的に

DJIRSC2top.JPG

みなさま、大変ご無沙汰しております。
前回の投稿から、気が付けば、もう秋です。

あっという間にあと数ヶ月で2021年も終わりになろうとしています。

オリンピック・パラリンピックはなんとか終わりましたが
新型コロナウイルスも終息する気配はありません。

今年はYouTubeチャンネルへの動画撮影・編集・投稿やTwitterなど、いろいろ情報発信の手を広げて結果、ブログが後回しになっていきました。

しかし、こちらのブログも大切な情報発信のツールの一つなので、更新頻度は気まぐれになりますが、立て直していこうと思います。

IMG_9645.JPG

しばらく投稿していなかったのですが、今年は撮影機材の更新・入れ替えもいろいろありました。

昨年は手探りで、いろいろ買って運用してみて、今自分に必要な機材スペックがようやく見えてきた感じです。

動画撮影環境においては、昨年の12月末に、まずジンバルをZHIYUN WEEBILL-SからDJI RSC-2に入れ替えました。

詳細はまた追って投稿致します。

DJI_RS2_13.JPG

DJI RSC-2を運用して8ヶ月経った夏に同じくDJI RS2を導入。

入れ替えでは無く、暫くは併用して運用していく予定です。

実はDJI RSC-2は、撮影中に何度か転倒して本体に破損があり、近いうちにメーカー修理に出す予定もあって代用機としてDJI RS2を導入してみた感じです。

sony_a7c_11.JPG

さて、カメラの方も更新致しました。

ジンバル運用の為のコンパクトミラーレス一眼カメラをSONY α6500からSONY α7Cに入れ替えました。

センサーサイズがAPS-Cからフルサイズに変わりました。

これによって、APS-C用レンズを全て手放し、メイン機であるα7Vと同じフルサイズ用レンズに統一する事ができました。

インフラが共有できる事と、画角計算がシンプルになった事。

α6500及びAPS-Cレンズを売却することで、トントンでα7Cを導入する事ができました。

SONY_a7SM3_19.JPG

一方でメイン機であるα7Vも更新する事になりました。

動画撮影専用カメラでもあるので、悩んだ末に決心してα7SVに入れ替えました。

画素数はα7Vよりも下がるものの、夜間撮影に特化した「低ノイズの高感度撮影」が出来る事と、4Kでのスローモーション撮影が出来る事が決定打となりました。
(α7VはHDでしかスローモーション撮影ができません)

また、近々α7Wが出る噂もあったので、中古価格が暴落する前にと買い換えに踏み切った次第です。

BN-RB6-C_08.JPG

あと、オマケとして、前々からの念願であったポータブル電源も買ってしまいました。

こちらは、現地でのバッテリー充電の他、車中泊での運用、さらに自宅での災害・停電対策と幅広く使えるものと考えてのものです。

実際、車に積んで出かけると、結構いろいろ役に立つ機材でした。

今年は他にも、小物機材、ガジェットなどなど、いろいろ「買ってみた」がありましたので、それらも少しづつ投稿していくつもりです。

実際に動画やSNSなどをやってきて、それぞれの長所と短所、ブログでしか表現できない事などが分かってきました。

まあ、使い分けですね。

今年は正月以来しばらく更新が無く、心配された方もいらっしゃったかも知れませんが、こちらのブログも引き続き運用してまいります。

これからも、どうぞ宜しくお願いします。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

posted by 太泉八雲 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2021年01月07日

ぶらり、東京ベイ幕張で迎えた新年。2021年(令和3年)明けましておめでとうございます。

202101元旦東京ベイ幕張_top.JPG

大変遅らせながらになりましたが、このブログにお越しの皆さま

新年明けましておめでとうございます!!


本年も当ブログの他、日本酒ブログ『一路一会のぶらり、地酒日記

youtube_start.JPG

そして昨年の春から試験的に始めてみた『YouTubeの動画チャンネル』も合わせて宜しくお願いします。


【続きを読む】ぶらり、東京ベイ幕張で迎えた新年。2021年(令和3年)明けましておめでとうございます。
posted by 太泉八雲 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・雑記

2020年11月14日

ぶらり、SmallrigのSONY α6600用ケージ[CCS2493]を着けてみた&ズームレンズ [SEL1670Z]を買ってみた

Smaiirig_α6600_top.JPG

先日、ジンバル運用における軽量化の為に、 SONY α6600を買ってみた話をしたところですが。

SmallRigの専用ケージも買ってしまいました。

「軽量化を目指したのに意味がないじゃん」

と思われるかも知れませんが、実際自分もそう思って悩みましたが、α7M3でのケージ運用の便利さ、気軽さ、そしてボディ保護など+要素が多い為に導入に踏み切りました。

【続きを読む】ぶらり、SmallrigのSONY α6600用ケージ[CCS2493]を着けてみた&ズームレンズ [SEL1670Z]を買ってみた
posted by 太泉八雲 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年11月13日

ぶらり、今度はSONYのミラーレス一眼カメラ α6600[ILCE-6600]も買ってみた

sony_a6600_top.JPG

久しぶりのブログの更新です。

なので、今さら感があるのですが表題の通りミラーレス一眼カメラSONY α6600[ILCE-6600]を買いました。

なぜフルサイズミラーレス一眼機SONY α7M3を導入したあとに、あえてAPS-Cミラーレス一眼機のSONY α6600を追加導入したか。

それは、ズバリ!!

重いから。

もう少し丁寧に説明すると、ジンバルの軽量化です。

はい。

【続きを読む】ぶらり、今度はSONYのミラーレス一眼カメラ α6600[ILCE-6600]も買ってみた
posted by 太泉八雲 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月25日

ぶらり、SmallRigのケージ[CVG2505]を装着したGoPro HERO8 BlackをZHIYUN CRANE M2に乗せてみた

GoPro_cranm2_top.JPG

非常に長いタイトルとなりましたが、ズバリ今回はそのままの話になります。

さて、先日のブログで、GoPro HERO8 BlackにSmallRigの専用ケージ[CVG2505]を装着した件を紹介しました。

ケージを装着した事でGoProが一回り大きくなり、ズッシリと手応えもあってコンデジに近い印象になりました。

そして、ケージの底面には1/4三脚ネジ穴がある。

つまりは、アクションカムにおなじみの可動式のマウントアダプターを介さなくても直接三脚やジンバルに取り付けられると言うことで、ZHIYUN CRANE M2に取り付けてみました。

【続きを読む】ぶらり、SmallRigのケージ[CVG2505]を装着したGoPro HERO8 BlackをZHIYUN CRANE M2に乗せてみた
posted by 太泉八雲 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月23日

ぶらり、ジンバル ZHIYUN Weebill-SにSmallRigのハンドグリップ[BSS2636]を着けてみた

smallrig_BSS2636_top.JPG

先日購入したZhiyun-Tech社のミドルクラスジンバル「Weebill-S」(ウィービル・エス)は、それまでの他社のジンバルに対して、いかに重量級のミラーレス一眼カメラなどを”楽に撮影するか”と言う設計思想をさらに、コンパクトなA4サイズに収める独特のフォルムが生まれました。

と、言う訳で今回はそのZHIYUN WEEBILL-Sの運用をより高めるアイテムの紹介です。

【続きを読む】ぶらり、ジンバル ZHIYUN Weebill-SにSmallRigのハンドグリップ[BSS2636]を着けてみた
posted by 太泉八雲 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材