2020年11月14日

ぶらり、SmallrigのSONY α6600用ケージ[CCS2493]を着けてみた&ズームレンズ [SEL1670Z]を買ってみた

Smaiirig_α6600_top.JPG

先日、ジンバル運用における軽量化の為に、 SONY α6600を買ってみた話をしたところですが。

SmallRigの専用ケージも買ってしまいました。

「軽量化を目指したのに意味がないじゃん」

と思われるかも知れませんが、実際自分もそう思って悩みましたが、α7M3でのケージ運用の便利さ、気軽さ、そしてボディ保護など+要素が多い為に導入に踏み切りました。

Smaiirig_α6600用_01.JPG

α6600用ケージ[CCS2493]の重さは約139gです。

α6600本体に取り付けた総重量は642gとすっぴん状態のα7M3とほぼ同じになります。

しかし、フルサイズ機とAPS-C機では交換レンズの重さが圧倒的に違うため、実際の運用時の重さでは半分くらいになります。

Smaiirig_α6600用_02.JPG

Smaiirig_α6600用_03.JPG

撮影の為にマンフロットの卓上ミニ三脚・Manfrotto POCKET L(MP3-BK)に乗せています。

で、前回紹介した、重さ約69gの超軽量・単焦点パンケーキレンズ『SEL20F28』を「神レンズ」とべた褒めしたところでしたが、運用してみると実にいろいろ問題が出てきて、結局お蔵入りになってしまいました。

一番の問題はパンケーキレンズ故に、フォーカスの駆動部がマイクに近すぎて、フォーカスノイズを拾ってしまうのです。

写真撮影だと問題ないのですが、動画撮影だと致命的です。

終始「チッチッチッチッチッ・・・・」と駆動音が入って仕舞いました。

それに、やっぱり解像度が余り良くなかった。

ついでに、ジンバルZHIYUN WEEBILL-Sとの相性も良くなかったのです。

これはレンズのせいではないのですが、ZHIYUN WEEBILL-Sは乗せる機材が軽すぎると挙動がおかしくなるのです。

モーター強度をいじっても、あまり改善はしませんでした。

ある程度の重さは必要になるようです。

思えば、α7M3にTAMRON 28-75mm F2.8を取り付けた最初の2.2kg越えの時が、ジンバルが一番自然な動きをしていたように思えます。

Smaiirig_α6600用_05.JPG

いろいろ検討してたどり着いたレンズが、

SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS [SEL1670Z]

でした。

F値はF4と明るくは無いですが、ズーム全域でF値が固定されているのが良いです。

ジンバルでの運用の主目的は今のところ風景撮影ですから、基本日中であればF8〜F11くらいまで被写界深度を深くして撮影します。

Smaiirig_α6600用_06.JPG

そして何より、レンズがカーツァイス「Vario-Tessar T*」ですよ。

レンズの重量は約308gですから、ケージ込みのα6600に着けると1kgを切ります。

結局α7M3との重量差は300gくらいまで縮まってしまいましたが、せっかく導入したので当面はこの運用でいこうと思います。

Smaiirig_α6600用_08.JPG

まあ、フルサイズ一眼とレンズの組み合わせだと見た目が大げさになってしまいます。

α6600くらいのサイズ感の方が撮影していて丁度良いかも知れません。

このあと、いろいろ撮影周辺機器でカメラが肥大化していくのですが、それはまた後日。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ


posted by 太泉八雲 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年11月13日

ぶらり、今度はSONYのミラーレス一眼カメラ α6600[ILCE-6600]も買ってみた

sony_a6600_top.JPG

久しぶりのブログの更新です。

なので、今さら感があるのですが表題の通りミラーレス一眼カメラSONY α6600[ILCE-6600]を買いました。

なぜフルサイズミラーレス一眼機SONY α7M3を導入したあとに、あえてAPS-Cミラーレス一眼機のSONY α6600を追加導入したか。

それは、ズバリ!!

重いから。

もう少し丁寧に説明すると、ジンバルの軽量化です。

はい。

sony_a6600_01.JPG

sony_a6600_05.JPG

SONY α7M3(以下α7M3)を一眼カメラクラス用ジンバルであるZHIYUN WEEBILL-Sで運用した結果。

「う、重い...。重いよー」

特に「大規模宿場町」のような「妻籠宿」「奈良井宿」「海野宿」などの約1km近い距離をジンバルを構えて、かつ振動に気を使い、ジンバル歩きをも意識しながら撮影をするのは本当にしんどいのですよ。

α7M3本体の重量は約650g。

それに広角系ズームレンズであるTAMRON 28-75mm F2.8 DiIII RXD (Model A036SF)は約420g。

これにジンバル・ZHIYUN WEEBILL-Sの重量約980g(SmallRigの拡張パーツ含まず)を合算すると...。

実に2kgを越えます。

さらにα7M3の専用ケージ(約270g)を入れると2.3kgにもなります。

sony_a6600_06.JPG

sony_a6600_07.JPG

で、ジンバル撮影専用カメラの導入を検討する事となります。

まあ、検討・即購入的な流れなのですが。

まず最初に候補に上がったのが2016年登場の SONY α6500でした。

センサーは現行機と同じく2420万画素で本体の重さは約453gと、α7M3よりも約200g軽くなります。

しかし、これはたったの200gの差ではありません。

sony_a6600_10.JPG

重さとは別に、ジンバル運用での町並み散策動画撮影に最適な画角を検証した結果「35mm」という結論に至りました。

広角撮影全盛の今に、あえて冷静に考えた結果、人間の目線に近く、それでもちょっとワイドな画角が35mmでした。

で、APS-Cで35mmに近くかつ軽量なレンズを検証した結果。

sony_a6600_16.JPG

SONYの純正単焦点レンズ『SEL20F28』が合ったのです。

いや〜懐かしいレンズです。

昔、SONYの最小最軽量ミラーレス一眼 α NEX-3Nを持っていた時代に購入した単焦点レンズがまさにこれでした。

APS-Cカメラで20mmは、フルサイズ換算で約1.5倍して30mmになります。

35mmよりも気持ち広角。

いいですね〜。

更にこのレンズ『SEL20F28』の重さは、なんとわずか69gです!!

ある意味で「神レンズ」です。

仮にSONY α6500に装着した場合の重さは約530gですよ。

ZHIYUN WEEBILL-Sに搭載して、約1.5kg。

実に500g以上の軽量化です。

さらに中古相場では8万円台です。

もう、これに決定でしょう!!

sony_a6600_18.JPG

しかし、ここで冷静になって思いとどまりました。

SONY α6500は確かに軽量で申し分ないのですが、問題はバッテリーでした。

SONY α6500は軽量バッテリーNP-FW50を使用している為、撮影時間が短いというのです。

一方で後継の現行モデルである2019年登場のα6600はα7M3と同じ『NP-FZ100』というバッテリーを採用しました。

それにより本体のグリップ部も大きくなった訳ですが、結果グリップも良くなりました。

ただし、トレードオフで重さは50g増えて503gとなってしまいました。

sony_a6600_11.JPG

さらに、α6600の中古価格相場は5万円増しの13万円です。

しかし、最終的に。

50gの軽量化よりも、バッテリーの持続時間よりも、α7M3と同じバッテリー規格のインフラを優先したのでした。

と、言う訳で今年の5月に更新したばかりのミラーレス一眼の『Canon EOS kiss M』を原資に機種入れ替えを行いました。

『Canon EOS kiss M』が予想外に高値が付いたので驚きました。

こうしてわが家のCanon比率がまた一つ下がっていったのです。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月25日

ぶらり、SmallRigのケージ[CVG2505]を装着したGoPro HERO8 BlackをZHIYUN CRANE M2に乗せてみた

GoPro_cranm2_top.JPG

先日のブログで、GoPro HERO8 BlackにSmallRigの専用ケージ[CVG2505]を装着した件を紹介しました。

ケージを装着した事でGoProが一回り大きくなり、ズッシリと手応えもあってコンデジに近い印象になりました。

そして、ケージの底面には1/4三脚ネジ穴がある。

つまりは、アクションカムにおなじみの可動式のマウントアダプターを介さなくても直接三脚やジンバルに取り付けられると言うことで、ZHIYUN CRANE M2に取り付けてみました。

GoPro_cranm2_02.JPG

まず、ケージの質感とジンバルの質感がベストマッチしていて驚きました。

見た目の相性は抜群です。

GoPro_cranm2_05.JPG

そして、バランスを取ってジンバルを起動。

従来だと、マウントアダプターを介して取り付けを行っていた為、どうしてもカメラの重心が30mmほど上に上がってしまい、見た目にも「載せている感」がありありでしたが、見て下さいこの一体感。

GoPro_cranm2_06.JPG

GoPro_cranm2_08.JPG

GoPro HERO8にはHyperSmooth2.0の手ぶれ補正が着いていますが、それでも完璧とは言えません。

ジンバルとの併用でさらに安定した画像が得られるはずです。(たぶん)

GoPro_cranm2_11.JPG

ZHIYUN CRANE M2とGoPro HERO8装着した総重量は786gでした。

まさに、ここまで相性が良いとは想定外でした。







この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月23日

ぶらり、ジンバル ZHIYUN Weebill-SにSmallRigのハンドグリップ[BSS2636]を着けてみた

smallrig_BSS2636_top.JPG

先日購入したZhiyun-Tech社のミドルクラスジンバル「Weebill-S」(ウィービル・エス)は、それまでの他社のジンバルに対して、いかに重量級のミラーレス一眼カメラなどを”楽に撮影するか”と言う設計思想をさらに、コンパクトなA4サイズに収める独特のフォルムが生まれました。

banner3.JPG

中でもジーウン独自のアイデアの機構。

付属の三脚を外して、ボディから横に伸びた部分に、45度の角度で付け替える事によって、ローアングル撮影だけでなく、通常撮影においてもジンバル本体を垂直ではなく、斜めに傾ける事による縦揺れの低減にも効果があります。

smallrig_BSS2636_04.JPG

それに加えての、1本で2度美味しい的な三脚の付け替えですが...。

実際の所、いちいち付け替えるのは面倒くさい。

斜めアームの運用効果は認める物の、いちいち付け替えるのは、最初の宣伝効果だけのインパクト。

smallrig_BSS2636_06.JPG

ならばと「ワンプッシュで簡単に脱着できるパーツを着ければいんじゃね?」的なアイデアで、「トランスマウント・クイックセットアップマウント」という、たいそうな名前のパーツが登場しました。

smallrig_BSS2636_05.JPG

smallrig_BSS2636_07.JPG

しかし。これ、結構堅いのですよ。合成は高くて申し分ないのですけど。

片手親指と人差し指でリリースするのも一苦労。

って、正直。三脚のネジを回した方が脱着が早い!!かも、って結論に。

おそらく、世間のユーザーの方々も同じ感想かと。

しかも、このパーツ1つで約2,500円近くします。
2セット無いと意味が無いので、約5,000円もしますが、その効果はほとんど??でした。

その後、ジーウンからは専用の斜め持ちグリップがリリースされますが、おそらく今回紹介しているSmallRigのハンドグリップ[BSS2636]の登場によって淘汰されてしまったものと思われます。

ジーウンの公式ページからも消えてしまいました...orz。

smallrig_BSS2636_03.JPG

で、”痒いところにも手が届く”と言われるサードパーティーのアフターパーツメーカーの雄であるSmallRigから出されたWEEBILL-Sジンバル用ハンドグリップ[BSS2636]が、実質的なデファクトスタンダート的なアイテムとなっているのです。

smallrig_BSS2636_08.JPG

本体はアルミ合金製とグリップ部はシリコン製。
人間工学に基づいたデザインや、1/4インチネジと2つのピンにより、確実のジンバル本体に固定して、力が加わってもズレる事がない。

完璧です。

さらに、グリップ本体には様々なパーツを取りつける事ができる、ネジ穴が設けられています。

全体写真にもある、グリップ部先端に取り付けてあるNATOレールもまた別売りのパーツです。

smallrig_BSS2636_09.JPG

ジンバルの運用で、当初から必要に思っていた、ストラップの取り付け方法として、このSmallRigのハンドルグリップの根元の1/4ネジに市販のリングボルトを取り付け、そこにpeak designのアンカーリンクスを取り付けました。

smallrig_BSS2636_10.JPG

これにより、同社のストラップや、アンカーリンクスによって改造された市販のストラップを使用する事ができます。

ジンバルにストラップ。

個人的にも、これによって運用はかなり便利になったと思います。





この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

posted by 太泉八雲 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月22日

ぶらり、GoPro HERO8 BlackにSmallRigの専用ケージ[CVG2505]を付けてみた

Smaiirig_GoPro8_top.JPG

GoPro HERO8 Blackを買ってしまった話は先日しましたが。(しかも2台も)

もちろん中古を購入したと言えども、結構な散財でした。

GoPro HERO7 BlackとSONY RX-0M2を里子に出したので、大きなダメージはありませんでしたが、

その矢先に、アクションカムのゲームチェンジャーと称する方もいる、GoProの最新機種。GoPro HERO9 Blackが登場。

まあ、登場早々に飛びつく事はしませんが、いずれは更新も視野にいれつつ...。

で、いずれ来るであろう更新時期も視野に入れつつ、GoPro本体を保護する為に専用ケージを導入して運用する事にしました。


ウソです...。

スミマセン。ウソつきました。


実はたまたま、SmallRigのサイトで見つけて、「これ、いいんじゃね?」的に衝動買い。

Amazonでは、さまざまな中華メーカーから同様のリグが出ていますが、今最も信用できる、クオリティの高いメーカーSmallRig製で間違いは無いでしょう。

Smaiirig_GoPro8_24.JPG

まず、重さを計測。

SmallRig公式の商品重量は118gですが、実測したら108gでした。

ちなみに、GoPro HERO8 Black本体の公式重量は126gですから、本体とほぼ同じ重さ。

つまりは、重量が倍になることを意味しますし、それを承知の上での購入となります。

Smaiirig_GoPro8_01.JPG

Smaiirig_GoPro8_02.JPG

このSmallRigの専用ケージ[CVG2505]には52mm径のフィルターマウントが着いていますが、これは必要でなければ、取り外す事ができます。

Smaiirig_GoPro8_20.JPG

ただし、このフィルターリング自体の重さはネジ込みで約6gでしたので、ほんの僅かな減量でしかありません。

ちなみに。

Smaiirig_GoPro8_16.JPG

GoPro HERO7からGoPro HERO8にモデルチェンジした際のマイナスポイントとして、GoPro本体のレンズカバーの脱着機構が省かれてしまった事です。

これにより、外付けのフィルターマウントアダプターを取り付けないと、本体レンズを保護する事が不可能になってしまったのです。

結果、GoPro HERO8のレンズを保護したいのであれば、このケージのフィルターマウントにプロテクト系フィルターでも装着する必要があるわけです。

Smaiirig_GoPro8_03.JPG

GoPro HERO8本体をケージに収める為のパネル開閉は赤いボタンをスライドします。

パーツ一つ一つがクオリティ高いです。

Smaiirig_GoPro8_04.JPG

こんな感じに開いて、後ろから本体を差し込んで入れます。

Smaiirig_GoPro8_08.JPG

が、その前にGoPro HERO8本体の再度カバーを外さないといけません。

ケージ本体のサイドカバーが閉まらなくなってしまいます。

先日買った、Ulanziのサイドカバーが不要になってしまいました...orz。

Smaiirig_GoPro8_11.JPG

と、言う訳で。

GoPro HERO8本体のサイドカバーを外して、ケージにマウント。

Smaiirig_GoPro8_12.JPG

「カチンッ」と閉まりました。

まあ、おそらく防水性能はほとんど無くなったと思います。

Smaiirig_GoPro8_22.JPG

このケージ本体のサイドカバーは最初は、パタンパタンとぶら下がった状態ですが、六角レンチで軸を締める事によって、好みの開閉固さに調整する事ができます。

Smaiirig_GoPro8_13.JPG

Smaiirig_GoPro8_14.JPG

GoPro HERO8を装着するとこんな感じ。

Smaiirig_GoPro8_19.JPG

GoPro HERO8本体にも「折り畳み式フィンガーマウント」がありますが、このSmallRigのケージにも「折り畳み式フィンガーマウント」があります。

まあ、GoPro HERO8本体のフィンガーマウントを酷使しないで済むと考えれば良いのでしょうか。

ただ、フィンガーマウントのセンターに1/4インチの三脚ネジ穴が用意されているのは特筆です。

これ、GoPro独自のマウント脚の取り付けが環境によっては不要という訳です。

これは、本当にスバラシイ!!

Smaiirig_GoPro8_top2.JPG

正直な話、想像以上に”買い”なアイテムでした。

SmallRig恐るべし。










この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月18日

ぶらり、GoPro HERO8 BlackのバッテリーサイドカバーをUlanziのGB-7とGB-10に変えてみた

GoProHERO8Black_08.JPG

GoPro HERO7 BlackとGoPro HERO8 Blackの大きな違い。

それは、HERO8が本体底部に「折り畳み式フィンガーマウント」を装備した事です。

そして、それによって、HERO7では別々だった、バッテリー、microSDカード、USB-Cソケットが本体右側に集約されました。

【続きを読む】ぶらり、GoPro HERO8 BlackのバッテリーサイドカバーをUlanziのGB-7とGB-10に変えてみた
posted by 太泉八雲 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月17日

ぶらり、アクションカムのGoPro HERO7 BlackからHERO8 Blackに更新してみた

GoProHERO8Black_top.JPG

今年の4月に初めてアクションカムのGoProを買いました。

モデルはGoPro Hero7 Black。

当時は上位のモデルでした。

最新のGoPro HERO8 Blackにしなかった理由はこれから説明します。

【続きを読む】ぶらり、アクションカムのGoPro HERO7 BlackからHERO8 Blackに更新してみた
posted by 太泉八雲 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月09日

ぶらり、SmallRigのSONY α7V[ILCE-7M3]用ケージ[2087b]を買ってみた

Smaiirig_α7M3用_13.JPG

動画撮影の為のミラーレス一眼機、SONYα7Vを導入。

それに伴い、これも買ってしまいました。

SmallRigのSONY α7V用ケージ・モデル[2087b]。

【続きを読む】ぶらり、SmallRigのSONY α7V[ILCE-7M3]用ケージ[2087b]を買ってみた
posted by 太泉八雲 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月04日

ぶらり、ミラーレス一眼 SONY α7V[ILCE-7M3]を買ってみた

sony_a73_top.JPG

ついに買ってしまいました。ミラーレス一眼カメラまで。

SONY α7V

主な目的は4Kでの動画撮影です。

長年Canon党でしたが、最近はどんどんコンデジを中心にSONY比率が高くなって来ましたが、ついに最高峰のミラレス一眼機までSONYに取って変わられようとしています。

【続きを読む】ぶらり、ミラーレス一眼 SONY α7V[ILCE-7M3]を買ってみた
posted by 太泉八雲 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材