2017年04月24日

ぶらり、今更CO2ボンベ初心者ながらもついにTNI(ティーエヌアイ)CO2ボンベセットを買ってみた

tinico2_003.JPG

恥ずかしながら、今頃になってようやく「CO2ボンベ」デビューしました。

しちゃいました。買っちゃいました。

TNI(ティーエヌアイ)CO2ボンベセット。

レギュレーター+スペアボンベ(16g)2個セットで、米式、仏式兼用タイプです。

通称「赤ヘッド」ことよばれる定番中の定番です。

tinico2_001.JPG


「CO2ボンベ」の存在はずっと前から知っていましたが、長年その導入に踏み切れませんでした。敬遠していました。

それには理由がいくつかあります。

(理由1) まあ、インフレーターでなんとかなるだろう。的な楽観的思考。(力余る若さかな)

(理由2) まあ、パンクなんてまずしないだろうし。的な根拠無き楽観的思考。

(理由3) 圧縮ボンベを携行する事への不安。(安全性を理由にした食わず嫌い)

(理由4) 1回使い捨てへの躊躇。(経済的理由というよりも単なるケチ)


で、そんな消極的な理由を並び立てて敬遠してきたのに、なぜ今になって?


まあ、歳かな?

っていうか、いよいよブルベやらキャノンボールやら、純粋な自転車旅をいよいよ初めて見ようかと思ったこの歳で、正直不安になった訳ですよ。

万が一見散らぬ土地でパンクして、この華奢なインフレーターで空気を入れられるのだろうか?と。

人里離れた山奥の日没間際にパンクしたりしたら…とリアルな状況を想像したら、身震いしました。

その不安がたった500円弱の投資で払拭できたら、500円で安心を買えたら安いもんじゃないかと。思ったわけですよ。

まあ、この歳になってインフレーター・ギブアップです。

tinico2_002.JPG

で、早速調べてみたわけですよ。

まあ、最初にヒットするのは定番中の定番、TNI(ティーエヌアイ)のCO2ボンベセットです。

でも、見た目がちょっと実用的すぎるというか、ダサい。

デザインで言うとLEZYNE レザインやTOPEAKなどがカッコイイですよね。

で、更に調べて観ると、タイヤチューブのバルブにCO2を注入する口部分の規格、仕様にいくつかの種類があることが分かりました。

大きくわけて3種類。
(1)バルブ式
(2)スクリュー式
(3)プッシュ式

デザインで言うとLEZYNE レザインやTOPEAKなどがカッコイイですが、いろいろ調べて脳内シュミレーションをして、結局安全性と実用性で信頼のあるTNIを選びました。

LEZYNE(レザイン)CO2ボンベセット(Type1)


LEZYNE(レザイン)CO2ボンベセット(Type2)


TOPEAK(トピーク)CO2ボンベセット


安全性というのは、CO2ボンベは急速充填する際に気化熱によってボンベが凍ります。

素手でボンベを握ると冷凍庫内のように皮膚がくっついて凍傷になってしまいます。

なので、作業には必然的にグローブの装着が必要になるわけですが、TNIのボンベには標準でスポンジカバーが付いていました。



そして、安全性には続きがあって、その操作方法です。

tinico2_004.JPG

軽量・コンパクト・作業の即効性からいうと

(3)プッシュ式→(2)スクリュー式→(1)バルブ式の順になります。

CO2は充填時に漏れて直撃したら当然やけど(凍傷)しますし、チューブに完全充填できないリスクがある。

逆にいうと(3)は本格的レース仕様・プロ仕様で(1)はアマチュア仕様・初心者仕様という事になります。

(2)はその中間。CO2ボンベの取扱に慣れて、よりコンパクト・軽量さを求める上級者向き、かな?


(1)のバルブ式はチューブのバルブとCO2の装填とそれぞれネジ口式でしっかりと固定。

CO2の充填には、CO2の漏れを確認しながら充填用のバルブを少しずつ開放していけば良いのです。

CO2を入れるときにバルブを少しづつひねれば、「プシュ」...「プシュ」っと状況を確認でいるので安心。

こんな安心設計なので、デメリットとしてはバルブ部分が大きいのでコンパクトさに欠ける。

でも、十分小さいですよ。

ちなみにTNI(ティーエヌアイ)から出ている2モデル「バルブ式」と「スクリュー式」ですが、バルブ式は55g、クイックスクリュー式は28gと約50%の軽量化に成功しているところはすごいです。

ただ、「スクリュー式」は取扱いがやや難しいので、装填・充填時間は慣れの問題もありますが、バルブ式の方が早いそうです。

そんな訳で、なんでもっと早く買っとかなかったんだろう……。的なアイテム。

tinico2_005.JPG

ただし、CO2ボンベはその名のとおり二酸化炭素なので、ゴムのチューブから空気が抜けるスピードが早いのだとか。

応急処置としてこのCO2ボンベで空気を入れたあとは、通常のインフレーター(空気入れ)でしっかり空気を入れておく必要があるとの事。

なので、インフレーターの装備も必須だという事です。


安全・安心、スタンダードなバルブタイプ、初心者ならこちら。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TNI 炭酸(CO2) ボンベセット(バルブタイプ) 赤ヘッド
価格:1296円(税込、送料別) (2017/4/24時点)




軽量コンパクトのスクリュータイプ。C02ボンベの取扱と理屈を理解すれば断然こちら。





この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・工具&小物・油脂類

2017年04月23日

ぶらり、LEATHRMAN squirt P4 を久しぶりにまた、買ってみた

leatherman2_002.JPG

スイス軍のアーミーナイフの有名ブランドLEATHRMAN(レザーマン)の中でも、超コンパクトなsquirt(スクォート)シリーズの中のモデルP4。

スイス軍のアーミーナイフは十徳ナイフのようなもので、その工具の組み合わせでいくつかのバージョンがあります。

最初に購入したのが2009年10月ですので、約8年ほど前になります。

で、今回購入したモデルも同じく、squirtシリーズの「P4」。

leatherman2_001.JPG

前回は自転車の携行道具として購入しましたが、今回はその品質の良さに惚れ込んで、通常の旅行やドライブなど鉄道や自動車やバスなどを使った普通〜の旅の携行工具として買い足しました。

まあ、自転車携行用を使い回せばいいじゃん、と思われますが、正直めんどくさいので。

それにいざ、使い回していると、自転車のツーリングの際に戻し忘れて本末転倒なシーンが予測されました。

今さらながら、超コンパクトで超精密なツールです。

まるで、スイス製やドイツ製を思わせますが、実はアメリカ製。

leatherman2_003.JPG

前回同様にびっくり。

でも、アメリカ認可の商品規格「ミルスペック」をクリアーしており、何と25年の品質保証です。

あれから8年。

leatherman2_004.JPG

カラーラインナップも変わりました。現在は、ブルー、レッド、ブラックの3色。

以前あったグレーやメタリックピンクは無くなりました。

デザインも変わっています。

leatherman2_005.JPG

内容も変わっていました。

ハサミが追加されたようです。

<構成内容>

ペンチプライヤー/プライヤー/直刃ナイフ/栓抜き/ハサミ/マイナスドライバー(中)/平型マイナスドライバー/ヤスリ






この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・雑記

2017年04月10日

ぶらり、Anker『SoundCore』ポータブル Bluetooth 4.0 スピーカーを買ってみた

ankersoundcore_004.JPG

昨年の4月にONKYOのBluetooth対応 ポータブルワイヤレススピーカーSAS200を買ってみたのですが、これは自宅用。

高級感はあるのですが、ハッキリ言ってアウトドアには向いていない。

これはBOSE『Sound Link Mini 2』の対抗馬として、ある意味人柱となって買ってみたような経緯もありますが、音的にはこっちの方が好みにありました。

ankersoundcore_001.JPG

で、今回購入した台湾のAnker『SoundCore』ポータブル Bluetooth 4.0 スピーカーは、ONKYOの1/4の価格。

偶然職場でこれを使っている同僚が何人かいた為、その音質は確認済み。

って言うか、あとで調べてその価格に正直驚愕。

ankersoundcore_002.JPG

パッケージもAnker品質。

シンプルでいながらしっかりとしていて、Appleに似たようなブランド戦略が統一されている感じ。

ankersoundcore_003.JPG

本体とUSBケーブルのみ。

電源の取り口は自分で考えてね?
というか、今持っているものを使ってください。的な。

ザッツ、シンプル!! 

アンド、イズ、ベスト!

18ヶ月の長期保証もAnker品質。

ankersoundcore_005.JPG

業界最先端の省電力技術によって約24時間の連続再生が可能です。

もちろんバッテリーの寿命やその時の気温などの環境によりますけどね。

音量は80%での数値だそうです。

色はブラック、レッド、ブルーの3色があります。

サイズは約165mm×45mm×54mm。

重さは約365g。

ankersoundcore_006.JPG

前回買ったAnker『PowerPort 2』の黒で電源を取ってみました。







この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac関連・周辺機器

2017年03月30日

ぶらり、USB急速充電用ACアダプタ Anker『PowerPort 2』の今度は黒を買ってみた

anker24wpp2B_003.JPG

昨年の12月に買って(その時は白)その性能の良さ、コスパの高さを改めて確認したANKERのUSB急速充電用ACアダプタをまた買いました。

前回はMacの純正品っぽいデザインとカラーのホワイトを買いましたが、今回はあえてブラックに。

anker24wpp2B_001.JPG

まあ、せっかく追加購入するのだから、ブログ用に別のカラーで。

と、言うよりも「白」よりも正面処理がシビアな「黒」の質感を見てみたかったから。

anker24wpp2B_002.JPG

単なる電源の取り口。ACコンセントとUSBの変換ではありません。

精密機器ですよ。これ。

異なる電圧の機器に対応して、安全に適正に変圧・調整して充電する為の仕掛けやチップが詰まっている、いわばこれ自体が「機器」なのですよ。

anker24wpp2B_005.JPG

『PowerPort 2』は約6cm角(厚みは3cm)で、出力はクラストップの4.8A。

重さはギリギリ100gを切っています。

接続された機器を自動で検出して、さらに過充電を防ぐ多重保護システムPowerIQとVoltageBoostを搭載。

anker24wpp2B_007.JPG

LEDの蛍灯がカッコイイ。

前回買った「白」は最終的に旅行用。

今回の「黒」は職場用。

です。




と、ブログを書いている内に最新機種が。3.0です。




蛍灯がグリーンに。


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac関連・周辺機器

2017年02月05日

ぶらり、陸自のミリメシ『戦闘食糧1型』を食べてみた

mirimeshi_005.JPG

たまたま、ネットでまとめ買いしたらしい知人から貰いました。

陸自のミリメシ。

【続きを読む】ぶらり、陸自のミリメシ『戦闘食糧1型』を食べてみた
posted by 太泉八雲 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 別冊・男の厨房

2017年01月23日

ぶらり、今更ながらCanon EOS Kiss X7を買ってみたyo!!

eoskissx7_16.JPG

またカメラ買いました。

まあ、タイトルのとおりです。

Canonの入門用一眼レフカメラの中でも世界最小・最軽量をうたう『Canon EOS Kiss X7』です。

【続きを読む】ぶらり、今更ながらCanon EOS Kiss X7を買ってみたyo!!
posted by 太泉八雲 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2017年01月11日

ぶらり、2016〜2017年の年末年始は北海道の鉄道に乗ってきた【第6話】最終回

hokkaidotitle06.jpg

稚内から約5時間。

ここで、約1時間30分時間があるので、少しだけ札幌見学をすることに。

当初の予定では特急「スーパー宗谷」で札幌に着いた後、すぐに接続している12:15発の「北斗12号」で帰る予定でした。

しかし、帰りもまた国鉄車両のキハ183系はどうしても避けたかった。
よって1本後の「スーパー北斗14号」に変更しました。

改札で差額を払って途中下車。
(東京〜稚内を通して買っていると、函館本線は札幌駅でスイッチバックする形になるのですが、白石駅まで重複するので途中下車したい場合はその区間を払わないといけないそうです)

【続きを読む】ぶらり、2016〜2017年の年末年始は北海道の鉄道に乗ってきた【第6話】最終回

2017年01月09日

ぶらり、2016〜2017年の年末年始は北海道の鉄道に乗ってきた【第4話】

2016hokkaido02_106.jpg

旭川市は北海道第2位の大都市でかつ上川総合振興局(旧・上川支庁)の中心都市。人口は約34万3000人。

【続きを読む】ぶらり、2016〜2017年の年末年始は北海道の鉄道に乗ってきた【第4話】

2017年01月08日

ぶらり、2016〜2017年の年末年始は北海道の鉄道に乗ってきた【第3話】

hokkaidotitle3.jpg

北海道2日目は釧網本線(せんもうほんせん)で網走を経由し、石北本線で旭川へ。
旭川から今回の旅の最終目的地である日本最北の町・稚内を目指します。

【続きを読む】ぶらり、2016〜2017年の年末年始は北海道の鉄道に乗ってきた【第3話】