2019年12月08日

ぶらり、また長野県佐久市中込の『頓珍館』でみそ野菜とんちんめん(ダブル大盛り)を食べてきた

toncinkan02miso_top.JPG

また、行ってきました。

はるばる、長野県佐久市中込のJR小海線中込駅前にある『頓珍館』と言う、ラーメンで有名なとんかつ屋へ。

まあ、とんかつもやっているラーメン屋さんかな?今は。

地元の人に愛され続ける、昭和22年創業の老舗。

tonchinkan02.JPG

前回は鉄道を乗り継いでのJR小海線でのアクセスでしたが、今回は輸入車をレンタルしてのアクセスです。

BMW X2

2018年の夏に日本に上陸した都会派クロスオーバーです。

bmw_x2_02.JPG

BMW X2に関するインプレション詳細はまた別記事で。

とりあえず今回は前日夜にピックアップして、青梅街道を走り塩山に出て道の駅で車中泊。

bmw_x2tabi_31.JPG


bmw_x2_19.JPG

山梨県側から長野県へのアクセスルートは、かつて佐久甲州街道と呼ばれた国道141号線ルート。

お気に入りの野辺山高原にある平沢峠パーキングで休憩。

bmw_x2_44.JPG

峠を下り野辺山高原を北上して長野県に入ります。

小海からは千曲川右岸を走る旧街道へ。

bmw_x2tabi_38.JPG

bmw_x2tabi_37.JPG

JR小海線もこの千曲川右岸を併走して走りますが、旧道沿いにはかつての佐久甲州街道の宿場町や街道集落の面影が今も残ります。

bmw_x2tabi_41.JPG

最も濃いのが、黒澤酒造の酒蔵と家並み。

この先、臼田町に入り佐久の花酒造を越えると目的地の佐久市中込市街に入ります。

bmw_x2tabi_43.JPG

頓珍館の開店時間10:30より早い9:50くらいに到着。

中込駅前の中込商店街には無料駐車場がありますが、この時間になると埋まってしまいます。

もっとも、長居する車もそれほど無いので出入りがそこそこあります。

周辺には有料駐車場がいくつも有りますが、出来ればこの店にも近い中込商店街駐車場に駐めたいと、周囲をひたすらグルグル回っていました。

同じ事を考えるのは僕だけでなく、同じ顔ぶれの車が周囲をグルグル。

椅子取りゲーム状態。

bmw_x2tabi_50.JPG

勘とタイミングで駐車場をゲット!!

店の開店時刻を5分ほど過ぎてしまいましたが、行列も無く、しかし今回はカウンター席に案内されました。

目の前で調理が行われます。

店内の様子やメニューに関しては前回の記事を参照してください。

過去記事「ぶらり、長野県佐久市中込の『頓珍館』でとんちんめんダブル大盛りを食べてきた

今回は、”とんちんめん”に続く人気メニュー”みそ野菜とんちんめん”をオーダー。

もちろん、麺とチャーシューの大盛り「ダブル大盛り」で。


しかし、こんな行列の出来る人気店ですが、現在は高齢の女性2人で厨房をになっています。

カウンターからオペレートを見ていると、非常にのんびりとしています。

野菜系ラーメンは中華鍋で野菜を炒めてスープでしんなりさせたものを、茹で上がった麺に掛けるのですが、そのタイミングもある意味「勘」。

大量のチャーシューを載せる”とんちんめん”系だと、その作業でさらに時間が...

息子さんがハッパを掛けてフォローに入りますが...

なので、麺は「硬め」でオーダーして丁度良いあんばいになります。

toncinkan02miso_01.JPG

やっと着丼。

チャーシューが壮観です。

toncinkan02miso_06.JPG

野菜炒めはしんなりとしすぎて、その姿が見えません。

スープは数種類の信州味噌をオリジナルブレンド。

しかし、濃いわけでも無く、さっぱりとしています。

野菜の出汁が出て、より甘くマイルドに。

最初にスープをすすると、止まりません。

toncinkan02miso_09.JPG

それにしても、相変わらずこの頓珍館のチャーシューは旨い。

toncinkan02miso_07.JPG

ラーメンのトータルの完成度は脇に置いておいても食べる価値があるローカル系ラーメンです。

まあ、みそ野菜とんちんめん(ダブル大盛り)で1500円オーバーの価格ですが、これはもう名称巡りの一つなのです。

アトラクションなのです。

次は塩系かな?

肝心のとんかつ系も食べて見たい。

完食。

ごちそうさまでした。


頓珍館(食べログ)
電話:0267-62-0391
住所:長野県佐久市中込1-22-9
営業時間:[ランチ]11:30〜15:00 [夜]17:30〜21:00


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ


定休日:月・火

2019年12月07日

ぶらり、浦安市の『魚や 羅甸(らてん)』で真っ黒な銀ダラ煮付け定食を食べてきた

raten_14.JPG

またまた、ついに行ってきました。

前回の真っ黒な天丼「天ぷら中山」に続いて、今度は真っ黒な銀ダラの煮付けです。

ゴローさんもうなった、あの黒い銀ダラ。

なんか、すっかり「孤独のグルメ」の聖地巡礼と化しています、最近。

ratenmise1.JPG

東京湾に面したJR京葉線の「新浦安」エリアは何度も訪れた事がありましたが、旧浦安地域は初めてかも。

地下鉄東西線でアクセス。

ratenmise2.JPG

猫実川沿いの遊歩道に沿って歩きます。

ちなみに猫実川は「ねこみがわ」ではなく「ねこざねがわ」と読みます。

藤島康介の漫画「ああっ女神さまっ」の舞台である猫実工業大学は「ねこみ」と呼ぶので、このブログを書くまではずっと「ねこみがわ」と思っていました。...orz

ratenmise7.JPG

川沿いに立つお店兼自宅。

ratenmise3.JPG

ratenmise4.JPG

実は、この『魚や 羅甸』に訪れたのは2度目です。

前回はあえなく玉砕。

今回はリベンジでした。

このお店は10:30開店ですが、前回は少し遅れてしまい11:30ごろ到着。

お店の前には30人ほどの長い列。

そして、その最後尾の人が手に持っていたプレートには「本日はここで終了」の文字が...。

なので、今回は10時を目標に訪れました。

が、すでに20人ほどの列。

並んでいる内に、どんどん列が長くなっていきます。

そして、しばらくして店主が登場。

人数を数えて、最後列の人にあの「終了プレート」をお願いしていました。

代わりにお刺身をサービスするとの事。

座席数は14席ほどなので、2回転目か。

ratenmise5.JPG

やっと相席で着座する事ができました。

「鯖味噌」も捨てがたかったし、「焼き鯖とミニ銀ダラ煮付」の定食も迷いましたが、今回は銀ダラ煮付をメインに食べたかったので、「銀ダラ煮付定食・お刺身付けて」をオーダー。

また、ここからが長いのです。

ratenmise6.JPG

ドラマを見ていて、お魚のお持ち帰りも出来るらしいですが、開店とほぼ同時に売り切れるなら予約が必要かも知れません。

と、言うか「銀ダラ」は無理かも。

「鯖味噌」なら可能かな?

「孤独のグルメ」でも鯖味噌をテイクアウトしていたし。

raten_10.JPG

10時から並び始めて、店内に入れたのが11:20頃。

そして、定食が出てきたのが11:45頃。

実に2時間近い長い戦いでした。

raten_16.JPG

感無量。

黒い、黒いよ。

千葉県産のたまり醤油を継ぎ足し継ぎ足し...歴史の詰まった黒い煮汁。

raten_17.JPG

こちらも見た目ほど、甘すぎず、辛すぎず、キレのある旨い煮汁でした。

当然ご飯は進みます。

刺身は...普通かな。

味噌知るは旨い!!

raten_20.JPG

ご飯は2杯目までおかわり無料。

3杯目からは有料。

当然、おかわりしました。

真っ黒い黒むつは、見た目ほど濃い味付けではありませんでしたので、多少セーブしながらご飯を進めましたが、2杯で丁度完食しました。

ああ、長かった。

ごちそうさまでした。



羅甸(らてん)(食べログ)
電話:047-351-1855
住所:千葉県浦安市北栄4-16-5
営業時間:ランチ 10:30〜お魚な無くなり次第閉店(11:30くらい)
定休日:水曜日・日曜日(他不定休あり)


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

2019年12月01日

ぶらり、日本橋人形町の『天ぷら 中山』で黒天丼を食べてきた

nakayama_top.JPG

ついに、中央区日本橋人形町にある「天ぷら 中山」に行ってきました。

あの、”黒天丼”で有名なお店です。

nakayama_02.JPG

地下鉄「人形町」駅を降りて徒歩5分。

ビルに挟まれてひっそりと佇む小さなお店です。

nakayama_07.JPG

「孤独のグルメ」でゴローさんが食べて以来、すっかり行列の出来る店になってしまいましたが、それよりも至難なのが、天ぷら中山は平日しか営業していないのです。

なので、有給を使って行ってきました。

nakayama_06.JPG

開店時刻は11:15と微妙な時間ですが、10:45には現地に到着。

しかし、すでに10人ほど行列が出来てしました。

開店時刻が迫ると、僕の後ろにも行列が出来はじめます。

nakayama_08.JPG

開店して、なんとか1巡目で店内に通されました。

ふう。

カウンターではなく、奥の座敷でギッチリ相席です。

nakayama_09.JPG

家族経営の小さなお店ですが、メニュー表は写真付きでラミネートされたしっかりとしたもの。

nakayama_10.JPG

裏面は英語表記。

なるほど、海外からの観光客も訪れるお店なのですね。

nakayama_11.JPG

ほぼ全員が天丼を注文している上、行列にも対応している為、店員も分業で調理の導線も無駄がありません。

それでも、着丼するまでに30分ほど掛かりました。

お茶と女将さん自家製のお新香が最初に出てきましたが、お新香は着丼するまでお預け。

nakayama_15.JPG

そしてついにやってきました「黒天丼」。

ちなみにお店では「黒天丼」とは言っていません。
あくまで周りのお客がそう名付けているだけです。

あせらず、撮影。

nakayama_16.JPG

フタが閉まって出てくる事からも、このお店の天丼はカリカリでは無く、しっとりとしならせたものです。

具は海老2本、キスと穴子、野菜2つでした。

nakayama_18.JPG

真っ黒なので、鰻や焼き鳥のタレをイメージしますが、甘過ぎもせず、辛すぎもせず、キリリとしたタレでした。

奥深い味です。

nakayama_22.JPG

しっかりタレを吸った、しなった衣なので持ち上げると向けてきますが、ご飯といっしょにかき込みます。

nakayama_19.JPG

タレと油をまとったご飯がまた最高にうまい!

夜限定でかき揚げ丼もあるそうなので、いつかまた平日の夜に来てみたいものです。

ごちそうさまでした。



天ぷら 中山(食べログ)
電話:03-3661-4538
住所:東京都中央区日本橋人形町1-10-8
営業時間:[月〜金]
11:15〜13:00
17:30〜21:00
定休日:土曜日・日曜日・祝日



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

2019年11月24日

ぶらり、文京区茗荷谷の創作四川『豊栄』で麻婆豆腐と口水鶏を食べてきた【麻婆豆腐23】

houei_top.JPG

四川料理巡りが続きます。

今日は文京区の茗荷谷にある創作四川の名店『豊栄』に行ってきました。

お店は地下鉄丸ノ内線「茗荷谷」駅から徒歩10分ほど、小石川植物園近くの千川通り沿いにあります。

houei_01.JPG

ちなみに現在は茗荷谷という地名はありません。

茗荷谷町は江戸時代から昭和までありましたが、現在は地名変更で小日向の一部になっています。

houei_03.JPG

渋谷区神泉にある四川『月世界』で料理長兼店長を務めていた進藤浩二氏が独立したお店です。

『孤独のグルメ』で登場した事から、予約の必要な人気店となってしまいました。

予約なしで、開店同時攻めを行いましたが開店時刻を少し過ぎてしまった為に一度失敗。

懲りずに2度目の挑戦でなんとか着座する事ができました。

houei_06.JPG

『豊栄』は創作四川×上海のお店でした。

そして、ワンドリンク制。

ウーロン茶をと思いましたが、金額差と周りが昼から皆「生ビール」を頼んでいるので、つられて「生」を...。

あ〜、「うめ〜」

なんか、この微妙な罪悪感が幸福感を生む。

houei_08.JPG

最初に注文したのは、最近はまっている「よだれ鶏」(口水鶏)です。

やってきた口水鶏のビジュアルにまず驚き。

houei_09.JPG

白ネギのみじん切りがたっぷりと乗り、鶏の下に広がる2つのコントラストの赤い湖。

自家製醤と自家製辣油。

ああ、キレイだ。

houei_11.JPG

はっきり言おう!

今まで食べた口水鶏で最高の口水鶏です!!

中毒性間違い無し!

houei_19.JPG

甘酸っぱく、濃厚でナッツの香ばしいこのタレを残すのも勿体ない。

オンザライスで、この後の麻婆豆腐用に注文した白飯が無くなってしまった。

houei_12.JPG

白飯おかわり。

「正宗麻婆豆腐」は土鍋仕様。

正宗とは中国語で「正統」の意味です。

houei_13.JPG

芽ニンニクが久々の本格四川麻婆豆腐を感じます。

豆鼓と豆板醤からなる、甘み控えめながらやさしいコクのある麻婆豆腐。

houei_20.JPG

花椒が効いて、激辛という訳ではありませんが、汗が噴き出る旨さ。

houei_26.JPG

オン・ザ・ライス正解。

旨い。

麻婆豆腐も旨かったですが、口水鶏(よだれ鶏)最高!!

感動しました。

ごちそうさまでした。


豊栄(食べログ)/13194172/
電話:03-3868-3714
住所:東京都文京区小石川5-38-14 KDビル 1F
営業時間:[ランチ・火曜] 11:30〜13:30(L.O.13:00)
[ランチ・土日祝] 11:30〜14:30(L.O.14:00)
[夜]17:30 〜22:00(L.O.21:00)
定休日:水曜日・木曜日(祝日の場合定休日が異なる)

豊栄公式HP:https://houei.gorp.jp/



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

2019年11月17日

ぶらり、文京区茗荷谷の四川料理『木蘭(ムーラン)』で麻婆丼と担々麺を食べてきた【麻婆豆腐22】

muran_top.JPG

今日も麻婆豆腐と担々麺です。

茗荷谷にある『木蘭(ムーラン)』というおしゃれな創作四川料理のお店です。

本当は別の用事があって茗荷谷に出向いたのですが、準備が甘く目的を果たせず。

ただ帰路に着くのもあれなので、駅前に四川料理店を見つけたので行ってみました。

muran_20.JPG

地下鉄丸ノ内線の茗荷谷駅のすぐ前。

muran_19.JPG

1階がインド料理のお店のビルの2階にあります。

muran_18.JPG

muran_17.JPG

muran_01.JPG

11時過ぎだったので、僕が一人目の客。

窓際の席へ。

この店をスマホで見つけた時から注文するメニューはすでに決まっていましたが、メニューを見ると...。

無い。

「担々麺とミニ麻婆丼のセット」

が無い。

お店の方に聞いてみると、平日ランチのメニューとの事。

だけど、厨房のシェフが作ってくれると言うことで、お願いしました。


muran_03.JPG

来ました。

おしゃれ〜。

あと、なんかイメージとだいぶ違いました。

muran_08.JPG

担々麺。

芝麻醤(チーマージャン)の量が少ないのか、赤く透き通っています。

千葉の勝浦担々麺に近いのかな?

muran_09.JPG

スープを飲むと、勝浦担々麺とも違う。

甘酸っぱい、酸味の利いたあっさりとしたスープ。

あ、あれだ。

盛岡冷麺だ。

muran_12.JPG

四川料理と言うよりは韓国料理っぽいビジュアル。

トッピングされた茹で白菜も独特。

モチモチっとした細麺。

あっさりしているけど、程よい辛さとコクがあります。

あ〜、この担々麺は初体験。

夏にも良いかも。

溶き卵の無い酸辣湯っぽい。

クセになる。

久々にスープを飲み干してしまいました。

muran_06.JPG

続いてミニ麻婆丼。

麻婆豆腐のカテゴリーにしましたが、今回は脇役っぽいです。

花椒は程よく効いて、やさしい味。

muran_13.JPG

豆鼓と豆板醤とオイスターソースかな、シンプルながらレベル高し。

これは、今度は単品で頼んで見たいです。

味付けも応じてくれるそうなので、花椒と辣油を多めにしてもらおうかな?

muran_16.JPG

帰ろうかと思ったらデザートが出てきました。

柑橘系のジュレのかかった杏仁豆腐。

ああ、うまい!!

なんか、優しい満足感。

結構、女子向けの創作四川のお店って感じかな。

ごちそうさまでした。


木欄(食べログ)
電話:03-5976-3751
住所:東京都文京区大塚1-1-14 田部井ビル 2F
営業時間:[ランチ]11:30〜14:00
[夜]18:00〜22:00
定休日:月曜日




この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

2019年11月09日

ぶらり、練馬区中村橋の『唐苑 中村橋店』で麻婆豆腐と担々麺を食べてきた【麻婆豆腐21】

toen_nakamurabashi_top.JPG

今日は西武池袋線中村橋駅前にある中華料理店『唐苑 中村橋店』で麻婆豆腐と担々麺を食べてきました。

『唐苑』の本店は練馬駅近くにあり、この中村橋店の他に同じ西武池袋線沿線の江古田にも支店があります。

唐苑練馬本店は以前にも行った事がありますが、オーナーシェフは大連出身で海鮮料理メインの中華料理店ですが、四川料理も本格的に作っています。

toen_nakamurabashi_28.JPG

今日は阿佐ヶ谷に用事があったのですが、夕食に寄ろうとした店に予約なしで行ったところ、満席だった為にバスでこの中村橋に寄った次第です。

最近、「よだれ鶏」にはまっていて、自宅でも作ったりするのですが、今日も無性によだれ鶏が食べたくなったのです。

toen_nakamurabashi_27.JPG

中村橋駅前の1階に書店のあるビルの4階にあります。

エレベーターを降りると、すぐ活気のある店内。

toen_nakamurabashi_02.JPG

とりあえずビール。

3種のつきだしが出てきました。

まず、よだれ鶏を注文。

toen_nakamurabashi_05.JPG

5分くらいで出てきました。早い!!

さすが人気メニュー?

が、思ったよりも小ぶりに驚く。

オシャレな皿は大きいですが、量は小鉢程度です。

toen_nakamurabashi_08.JPG

味はさすが、辛味、酸味、甘みのバランスが良い。

あっという間にビールが無くなってしまう、うまさ。

でも、もうちょっと量が欲しいな。

これ、完全に一人分ですね。

toen_nakamurabashi_09.JPG

ビールの次ぎに、麻婆豆腐と「ドラゴンハイボール」なるものを注文。

紹興酒のハイボールです。

これが、なかなかうまい!!

中華料理に合いますね。

ただ、悪酔いしてしまいそうな気も...。

toen_nakamurabashi_10.JPG

「本格熱々土鍋麻婆豆腐」

見るからに綺麗で安定した麻婆豆腐の印象。

toen_nakamurabashi_19.JPG

当然、今日はオンザライス。

赤唐辛子をまるまる炒めた演出がありますが、花椒は控えめ。

辛さも控えめ。

ちょっと本格的四川風の上品な麻婆豆腐です。

唐苑の麻婆豆腐は以前練馬本店でも食べましたが、挽肉が挽いたものではなく、荒切りして叩いたもの。

ゴロゴロしていて肉の食感が楽しめます。

toen_nakamurabashi_21.JPG

次ぎに麻婆豆腐と並び、このお店の看板メニューの一つ。

その名も「大人気の濃厚担々麺」。

上に乗っている「炸醤」も麻婆豆腐と同じ、叩いた肉。

toen_nakamurabashi_23.JPG

クリーミーで濃厚なスープ。

ラーメンのスープに「芝麻醤(チーマージャン)」を加えただけで分離している担々麺も良く見かけますが、これは担々麺専用のスープでしょうか。

豚骨スープなみに濃厚で甘く、そして上品。

toen_nakamurabashi_24.JPG

麺も好みの中細麺でスープと絡みます。

うまい!!

唐苑はリーズナブルな高級中華店で、万人を連れて行ける安心感があります。

特に、個性的な特徴はありませんが、王道の味もたまには良い者です。

いや〜飲んだ、喰った。

ごちそうさまでした。


唐苑 中村橋店(食べログ)
電話:050-5596-7112
住所:東京都練馬区中村北3-23-5 シュウカワグチビル 4F
営業時間:[ランチ]11:00〜15:00
[月〜木]17:00〜23:00(L.O22:30)
[金・土・日]17:00〜24:00(L.O23:30)
定休日:年末年始のみ

唐苑公式HP:https://touen-nakamurabashi.owst.jp/


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ


2019年11月02日

ぶらり、西東京市保谷の中華料理『口福』で麻婆豆腐と担々麺を食べてきた【麻婆豆腐20】

koufuku_top.JPG

久々の「麻婆豆腐」食べ歩きです。

今日は池袋から西武鉄道池袋線で、23区のエッジ練馬区の隣の西東京市に行ってきました。

2016年にオープンした裏路地にある隠れた名店と言われる『口福』というお店です。

koufuku_02.JPG

大泉学園駅の隣の保谷駅。

南口を降りて、ロータリーからまっすぐ南に延びる道をテクテクと歩く事約5分。

koufuku_03.JPG

ホットモットが目印の路地に入ります。

koufuku_04.JPG

スナックの居抜きですが、大きく手を加えてはいません。

看板だけが頼りです。

店内も狭く、カウンター7席+テーブル一卓4席とスナックのまんま。

koufuku_05.JPG

このお店は四川料理専門では無く、基本的に街の中華料理店。

しかし、麻婆豆腐と担々麺が看板メニューなんです。

券売機で食券を購入しますが、後払いで現金払いも出来ます。

koufuku_06.JPG

店主はどちらかと言うとガテン系。

ロードサイドのラーメン店の店主っぽい風体ですが、実は都内の有名店で24年間修行した実力者。

koufuku_11.JPG

注文してまず麻婆豆腐から作り始めました。

麻婆豆腐は定食もありますが、担々麺も食べたいのでとりあえず単品で。

店主のこだわりは3種類の豆板醤を使っているとの事。

挽肉を甜麺醤で炒めた「炸醤」(ジャージャン)を作り置きしているのは、まさに四川料理店。

ニンニク、豆板醤、豆鼓などを炒め始めスープでのばして豆腐を投入。

仕上げに「炸醤」を加えて一気に強火で鍋を焦がしながら仕上げます。

koufuku_12.JPG

食欲を刺激する香りが漂います。

芽ニンニクでは無く青ネギが散らしてあるのが、街の中華っぽいですが、花椒が程よくかかっています。

四川麻婆店で見る赤い辣油の層はありません。

結構ヘルシー?

また、激辛を狙ったものでもありません。

ご飯が無くても、そのまま食べられる、バランスの取れた美味しい麻婆豆腐でした。

koufuku_18.JPG

やがて、担々麺も出来上がりました。

なんか、もう見るからに正統派系の担々麺ですね。

蛇足ですが、ねり胡麻スープの担々麺は日本式で本場四川にはありません。

koufuku_19.JPG

ねり胡麻だけでなく、ナッツも加わったコクのあるクリーミーなスープ。

う、うまい!!

クリーミーだけど、さっぱりしています。

koufuku_21.JPG

麺も僕の大好きな加水率の低い中細麺。

三河屋製麺かな?

スープと絡んで、とまりません。

あっと、いう間に担々麺と麻婆豆腐を完食。

程よい汗。

旨かった〜。

ごちそうさまでした。

口福(食べログ)
電話:090-9819-1449
住所:東京都西東京市東町4-14-3
営業時間:[ランチ]11:30〜14:30
夜18:00〜23:00
定休日:火曜日


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

2019年10月13日

ぶらり、YAMAHA MT-10に乗って埼玉県飯能市上名栗の西山荘『笑美亭』に泊まってきた

warabitei_top.JPG

ついに、泊まってきました。

前々からバイクのツーリングで気になっていた山伏峠の入り口、上名栗にある民宿『笑美亭』(わらびてい)。

宿は名栗川の清流を見下ろす少し高台にあり、川沿いには古民家や土蔵が建ち並ぶロケーション。

最高じゃないですか。

【続きを読む】ぶらり、YAMAHA MT-10に乗って埼玉県飯能市上名栗の西山荘『笑美亭』に泊まってきた
posted by 太泉八雲 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集・古民家の宿・旅籠

2019年09月21日

ぶらり、YAMAHA MT-10に乗って名栗を走ってきた

yamaha_mt10_top.JPG

ちょっと訳あって、バイクねたが続きます。

来月にレンタルバイクの年間契約の更新を迎えるのですが、年間契約のレンタル数に満たず、繰越が出来ない為に無駄になってしまう状況にあるからです。

まあ、ある意味「消化」ツーリングといった感じでしょうか。

なので、例え雨でも、昼から仕事があっても早朝に借りて乗ってきたりしているのです。

来期は、もう少し計画的に乗って、ロングツーリングにも繰り出したいと思います。

今回レンタルしたのは、YAMAHA MT-10というバイクです。

【続きを読む】ぶらり、YAMAHA MT-10に乗って名栗を走ってきた

2019年09月16日

ぶらり、BMW Motorrad R1200Rに乗って名栗を走ってきた

bmwr1200r_top.JPG

ついに海外メーカーのバイクに乗る機会を得ました。

BMWです。

良い意味でも、悪い意味でも前々から気になっていたバイクです。

なんなって、ほら。

あの独特の左右に張り出したエンジン。

僕の中では、BMWのバイクはツアラーのイメージですが、今回借りたのはBMWの中でもスポーツネイキッドモデルのBMW Motorrad R1200R(以下R1200R)です。

【続きを読む】ぶらり、BMW Motorrad R1200Rに乗って名栗を走ってきた