2017年09月02日

ぶらり、久しぶりに板橋区赤塚のY's Dining Bar(旧・究極Y'sラーメン)に行ってきた

ysramen_09.JPG

ガッツリ肉が食べたくなった。

とろけるようなジューシーな肉が。

それも豚肉であり、チャーシューである。

そしてラーメンである。

ガッツリ記憶に残るお気に入りのラーメン店があります。

『究極Y'sラーメン』

時々無性に食べたくなる。

でもこの数年行っていなかった。

ysramen_02.JPG

場所は板橋区の東武東上線下赤塚駅か、地下鉄赤塚駅の近くの川越街道沿いにあります。

赤塚という地名は板橋区ですが、川越街道が練馬区と板橋区の境界になっていて、お店の住所は練馬区北町になります。

かつては『究極Y'sラーメン』という名で、屋台のような雰囲気のお店でしたが、だいぶ前にリニューアルをして、バーを兼ねた『Y's Dining Bar』というお店になりました。

ysramen_04.JPG

ラーメンの文字もなく、ぱっと見何のお店か分かりませんが、立て看板が出ていますのでのすぐに分かります。

店内もバーとラーメン店の中間のどちらともつかないアジアンな印象のお店。

ysramen_05.JPG

メニューはもろにラーメン店。

『究極Y'sラーメン』時代はメニューが少なく、ラーメンとチャーシューメンとかトッピング系のチョイスだけだったのですが、新しいお店になってメニューが幅広く増えました。

注文したのは「ダブルチャーシュー麺」です。

昔なら中盛りにしていましたが、今日はタンパク質メインで炭水化物控えめで...。

ysramen_03.JPG

先付けのミニチャーハン。

では、無くて、ランチタイム先着限定のサービスチャーハン。

これがあったので、麺は普通にしました。

ysramen_07.JPG

やってきたぜ!

ダブルチャーシュー。

スープを含む。

うお〜!!

う、うまい!うますぎる。

結構味のぶれるお店でもあったりするのですが、昔と変わらない濃厚で旨味が凝縮されたスープです。

ああ、このスープだ。

ysramen_11.JPG

チャーシュー行きます。

ワインで長時間コトコト煮込んだチャーシューです。

厳密には「焼豚」ではなく「煮豚」ですね。

分厚くカットされているのに、箸で持ち上げると千切れるような柔らかさ。

バラ肉ではなく、脂身の少ない肩ロースなど数カ所の部類があって、もろに肉を堪能できます。

ysramen_12.JPG

食べても食べても、麺が出てこない。

下から強引に引き出して食べます。

カテゴリー的には家系のラーメンですが、スープも麺もチャーシューもオリジナリティーがあります。

ああ、たまらん。

ハマル旨さでした。

Y's Dining Bar(旧・究極Y'sラーメン)食べログ
03-5398-1059
東京都練馬区北町8-37-20
[平日]12:00〜14:00/18:00〜翌3:00
[土・日・祝] 12:00〜翌3:00
年中無休


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ