2019年06月30日

ぶらり、YAMAHA NIKEN(ナイケン)に乗って飯能名栗を走ってきた

yamaha_naiken_top.JPG

ヤマハ 『NIKEN(ナイケン)』

フロント2輪の異色のバイク。

ある者はザクレロ(MA-04X)との異名でも呼ぶ

異形のバイク。

ついに体感。

って言うか、乗ってきました。

yamaha_naiken_last.JPG

梅雨の季節。

この時期は週末に限って雨が降る...。

なぜか休み日に限って雨なのである。

NIKENは一ヶ月前に予約を入れたのですが、まあ、この季節は賭けです。


yamaha_naiken190623_24.JPG

一週間前には降水確率は80%。

キャンセルするか、もう少し待つか。

梅雨の季節は予報のハズレが多い。

「雨」と言っていたのに「晴れ」

「晴れ」と言っていたのに「雨」

しかし、木曜あたりから様子が変わってきた。

予報が「雨」から「曇り」になってきたのだ。

降水確率も30%くらいに。

これは、行けるぞ。

yamaha_naiken190623_01.JPG

土曜日は朝から晴れ。

曇りでも無く、青い空。

これは付いているぞ!!

バスに乗って貸し出しの店舗へと向かうその途中。

yamaha_naiken190623_13.JPG

バスの窓にパラパラと水滴が...

嫌な予感が。

そして、店の近くに近づく頃には大粒の雨になっていました。

ど、どうしよう...。

雨装備も持って来ていなかった。

バス停を降り、店舗へと駆け込みます。

手続きを終え、説明を受けます。

yamaha_naiken190623_17.JPG

実物を見て、おののきました。

で、でかい。

とんでもないものを借りてしまった。

後悔

乗りこなせるのか。

って言うか、事故らずに帰って来られるのか。

一瞬、キャンセルすることも頭をよぎりましたが、そのタイミングも失ってしまった。

そうしている間に、雨が一瞬途切れたので、恐る恐る店を出発しました。

yamaha_naiken190623_12.JPG

でかい。

雨が再び降り出す前に、急いで家に帰らなければならないのに、道は大渋滞。

車幅があるので、すり抜けは出来ません。

(実際には大型スクーターと同じくらいの幅らしいですが、正直ビビリまくっているので)

フロントはゴツくて2輪なのに、不思議と自然に軽く曲がってくれる。


yamaha_naiken190623_18.JPG

家まで数キロのところに来て、雨が降り出してきた。

大きなカウルのおかげか、走っていると(下半身は)そんなに濡れない。

が、雨の日渋滞なので、すぐに前身ズブ濡れ。

フロント2輪は雨の日も安定して走ってくれる、そうだ。

雨の日のブレーキも安定した制動を得られる、そうだ。

そにかく、急いで家に帰らなくては。

大通りを避け、知らず知らずのうちに狭い路地を取り回して走っていた。

慣れると、ふつ〜のバイクだ。

ベースは『MT-09』で排気量は845cc並列3気筒。

なんとか家にたどり着き、浴室に飛び込みシャワーで身体を温めました。

yamaha_naiken190623_08.JPG

前輪2輪のスクーター『トリシティ』は町中でも良く見るし、会社でも乗っている人がいる。

しかし、この大型バイクは迫力が違う。

ベースである『MT-09』の重量は193kg、この『NIKEN』は263kgもある。

幅広のシートで長距離クルージングは楽かも知れない(実際疲れにくかった)、しかしそのせいで脚付きが良くない。

フロント2輪ですが、後輪2輪の三輪バイクと違って自立しません。

重心が高いので、気を抜くと立ちゴケします。

yamaha_naiken190623_09.JPG

フロントの4本の倒立フォーク。

良く見ると前後の太さが違う。

出発前にお店の人に言われた言葉が忘れられない。

「立ちゴケしやすいので気をつけてください」

実際、このNIKENは左右とも立ちゴケした傷があった。

「事故を起こしたらフロントの修理は高いですよ」

一応、保険には入っていますが

「恐ッ!!」

これが、ビビりまくっていた理由です。

yamaha_naiken190623_10.JPG

yamaha_naiken190623_11.JPG

なぜか、リアフェンダーが分割していて、間が空いている...。

なので、シートカウル裏にあるシート開閉キーの差し込み口は、防水カバーが付いています。

niken_naguri_01.JPG

翌朝、5時に出発。

とりあえず雨は上がっていましたが、レインウェアは持参しました。

まだ慣れていないので、とりあえず高速道路を走って川越までワープ。

なんかすごく安定している。感じ。

走っていて安心感があります。

そしてNIKENにはクルーズコントロールが付いていますが、これを組み合わせると高速走行も楽です。

幅広のフロントカウルのおかげで風圧も提言されています。

フロントスクリーンがもう少し大きければ尚良いのですが、実は新ツアラーモデル『NIKEN GT』では大型スクリーンになっています。

川越IC降りて国道299号線を目指します。

いつも走り慣れているルート。

って言うか寒い!!

寒すぎる!!

これは風邪を引くぞ!!

あ、レインウェアを持って来ていたのを思い出しました。

着込みます。

ああ、良い感じです。

niken_naguri_04.JPG

気が付けば、いつもの吾野宿に到着。

写真撮影。

そして、出発。

南川集落から国道を逸れて天目指峠を目指します。

天目指峠(てんもく...)ではなく(あまめざすとうげ)と読むそうです。

アマメは「豆柿」、指は焼畑の意味が転化したものとか。

吾野と名栗を結ぶ清流に沿って走る峠です。

yamaha_naiken190623_20.JPG

昨日の雨で、路面はウェット。

おまけに、濡れた落ち葉が路面を覆っている。

これは二輪車には致命的だ。

しかし!今日は普通のバイクとは違います。

なんたって「NIKEN」ですから。

niken_naguri_07.JPG

低速からトルクがあり、キビキビ走ります。

フロント二輪は安定感だけでなく、精神的にも安心感があります。

グリップも制動力も倍くらいありますから。

もちろん調子に乗っているとスリップするかも知れませんが。

yamaha_naiken190623_36.JPG

名栗に到着。

時刻はまだ朝の8時台。

当然、どこのお店も開いていません。

この後、山伏峠を越えて横瀬町の道の駅「果樹公園あしがくぼ」まで走って引き返してきました。

niken_naguri_11.JPG

バイカーが集まる道の駅では、やたらと注目の的でした。

やはりね。

秩父の先に行かずに戻ってきたのは、今日は午後からまた大雨になるから。

その前に車両を返却して帰らないといけません。

niken_naguri_10.JPG

再び山伏峠を越えて名栗に戻ってきたのは、いろいろ名栗村のロケハンもしたかったから。

気になっていた民宿やレストランの場所をチェックです。

yamaha_naiken190623_31.JPG

yamaha_naiken190623_34.JPG


上名栗の西地区には古い家並みも残っていました。

これも発見でした。

yamaha_naiken190623_27.JPG

最初はビビリまくっていたNIKENでしたが、慣れると楽しい!!

そして、楽だ!!

疲れません。

そして、面白く曲がってくれるので、峠が楽しい。

帰りは、青梅方面に山をいくつか越えて、帰路に着きました。

また借りたい。

そんなバイクでした。

おしまい。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

2019年06月02日

ぶらり、神田小川町の『成都正宗担々麺 つじ田』へ行って汁無し・汁あり成都担々麺を食べてみた

tsujita_08.JPG

ひさびさに「楊」の汁なし担々麺を食べて、火が付いた。的な。

他にも都内に汁なし担々麺が無いのか。

調べてみると、いろいろ出てくるのですが、その中で心を掴んだのが「つじ田」の担々麺。

あの、つけ麺で有名な「めん徳二代目つじ田グループ」は、今や神田小川町周辺にいくつものコンセプトの異なる店を展開し、商業施設のテナント、さらに海外にも進出と飛ぶ鳥を落とす勢いのテーメン店。

この「つじ田」が2016年にオープンした担々麺専門店。

並ぶのが嫌なので、早めに家を出て、神田小川町に向かいました。

神田小川町はあまり行った事が無い町だと思っていましたが、神田神保町のとなりでした。

昔は古本やアウトドアショップに良く足を運びました。

訪れたのはもう、15年ぶりくらいでしょうか。

歩いていて懐かしい記憶が甦ってきました。

tsujita_02.JPG

成都正宗担々麺 つじ田


メニューは「汁あり」と「汁なし」の担々麺のみ。

さらに、それぞれ「成都」と「正宗」の2タイプの味が用意されています。

つまりは4タイプの担々麺というシンプルな構成。

まさに担々麺専門店。

「成都」は麻辣を求めた味。

「正宗」は日本式の胡麻ダレ(芝麻醤)の効いたクリーミーでマイルドなスープ。

ちなみに、「成都」とは中国・四川省にある担々麺の発祥と言われる都市の名前。

で、「正宗」は「まさむね」ではなく「ジョンゾン」と読みますが、意味は「本物・正統」。

つまり、本場四川成都の味という意味で「正宗成都」と表現します。

よって、「つじ田」のカテゴリー名称は、紛らわしくて誤解を生みますね。

tsujita_06.JPG

店内は一列のカウンターのみ。

女性客でも入りやすいおしゃれでキレイな店舗設計で知られる「つじ田」らしい店作り。

券売機で購入。

「成都」汁なし担々麺のセット1180円を注文。

セットとは「麻婆飯」という300円の小丼ぶりが付いたもの。

ちなみに、セットですが安くなっている訳ではありません。


辛さはLevel0〜Level6まで選べます。

標準はLevel3です。

Level4が大辛でここまで無料。
Level5が+100円、Level6が+200円となる。

まあ、今回はLevel4を選択。

席に着いてから辛さを尋ねられます。

tsujita_07.JPG

成都汁なし担々麺

おっしゃれ〜。

上に乗っているのがキュウリなのがちょっと気になりましたが...。

tsujita_11.JPG

汁なし担々麺のセオリー通りに、しっかりとかき混ぜます。

中太でツルッとコシのある麺。

ん!!

こ、これは!!

麻辣だが、酸味がある。

甘酸っぱい。

冷やし中華のような...いやこれは「よだれ鶏」のタレだ!!

旨い!!

この程よい辛さとさっぱり感は夏に最高。

辛さよりも酢でちょっとむせます。要注意。

麻が物足りないですが、テーブルに花椒が用意されているので、好みでたっぷり振りかけます。

量はおそらく140gくらいと少なめなので、ペロリと食べ終わり。

次ぎに進みます。

tsujita_14.JPG

サイドメニューとして侮るなかれ。

て、言うか。この店のもう一つの看板商品がこの「麻婆飯」なのだ...そうです。

う、うまい。

うめ〜!!

こりゃ、うまい!!

tsujita_15.JPG

辛さは控えめ(っていうか普通に比べると辛いが...)コクがある深い甘み。

辛旨。

しかし、汗は止まらない。

そして、新食感!!

麻婆豆腐には珍しい、ザク切りネギのサクサク感。

このB級感は新鮮だ、いい。

今度家でもやってみよ。

うまい。

で、ここで終わりではありません。

追加でやってきたの...

tsujita_19.JPG

成都汁あり担々麺 880円

もちろん辛さはLevel4。

やっぱり麺140gだと少ないし、あえて大盛りにしなかったのはこの為。

まあ、セットの麻婆飯があるので、「早まった」かと思ったものの、まだまだいける。

tsujita_20.JPG

汁あり担々麺の麺は加水率の低い中細麺。

やっぱりこの麺が好き。

辛さは汁なしと同じLevel4ですが、汁ありは温かい為か辛さが際立つ。

うん、うまい。

麻が足りないので、追い花椒。

ああ、うまい。

まあ、これもある意味「和式成都風 担々麺」ですが、うまい。

担々麺、まだまだ奥が深い。

ごちそうさまでした。


成都正宗担々麺 つじ田 (食べログ)
電話:03-5577-6366
住所:東京都千代田区神田小川町3-2 サニービル 1F
営業時間:[月〜金]11:00〜23:00
[土・日・祝]11:00〜21:00


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

2019年06月01日

ぶらり、十条の『中国家庭料理 楊 十条店』で汁なし担々麺と麻婆豆腐を食べてきた

jyujyoyhan_08.JPG

汁なし担々麺が食べたい。

「中国家庭料理 楊の汁なし担々麺」が食べたい。

調べると、以前に来た時から気が付けば2年も経っていた。

そうか、2年も来ていなかったのか...。

久々に食べたい。

「中国家庭料理 楊の汁なし担々麺」が食べたい。

池袋西口の「2号店」と「3号店」は行った事があるし、特に深夜ドラマをきっかけに、グルメ番組でも度々紹介される「2号店」は、いつも混んでいるし、行列もできる。

静かに落ち着いて食べたい時は「3号店」に行くが、せっかくなので、前々から行ってみたかった十条にある本店に行ってみることにした。

池袋からJR埼京線で2駅。

十条には少し早く着いたので、有名な「十条商店街」をぶらり散歩。

jyujyoyhan_03.JPG

駅の北側を南北に走る細い通りに『中国家庭料理 楊 十条本店』はありました。

この通りは「演芸場通り」といって、2分ほど歩くと「篠原演芸場」がありました。

11:30の開店ですが、11:27ごろ開店の札になったので入店。

jyujyoyhan_06.JPG

一番乗り。

こじんまりとした店舗。

明るい店内で、良い感じ。

テーブル席は4つ。カウンター席も少し。

jyujyoyhan_05.JPG

ランチビール(中生・350円)が目にとまり、思わず注文。

昼から贅沢な一時。

「汁なし担々麺・ランチセット」

サラダとスープが付いて890円。

jyujyoyhan_07.JPG

辛さは「ふつう」にしています。

結構ふつーに辛いし、この料理に関しては「激辛」を求めてはいないので。

jyujyoyhan_09.JPG

かき混ぜます。

jyujyoyhan_10.JPG

いただきます。

う〜ん。うまい!

やっぱり唸るうまさ。

でも、あれ?あんまり辛くない。

花椒の量が池袋のお店とは違うのかな?

でも、うまい。

ちなみに現在、オーナーの楊さんは池袋に拠点を移して3店舗展開していますが、このお店は親戚に任せているそうです。以前は「本店」でしたが現在は「十条店」となっている様です。

jyujyoyhan_12.JPG

意外に辛くなく、ペロリと担々麺を食べてしまったので、

やっぱり追加で麻婆豆腐を単品で注文。

辛さは辛めにしてもらいました。

jyujyoyhan_15.JPG

表面を辣油がひたひたに覆っています。

すくいだして食べます。

うまい。

正直うまい。

もちろん、辛い。けど、それ以上に熱い。

結構胃に来る辛さ。

歳を取ったのかな?

甜麺醤やオイスターソースなどの甘い旨味は控えめで、味はシンプル。

けど深い。辛い。

ご飯が欲しい。

でも、今日はオンザライスは行わずにひたすら麻婆豆腐をかき込みました。

タオル持参して成功。

いい汗かきました。

うまかった。

勉強になります。

ごちそうさまでした。


中国家庭料理 楊 十条店(食べログ)
電話:070-6968-0212
住所:東京都北区中十条2-22-4 ビレッジ山田 1F
営業時間:11:30〜15:00(L.O14:30)
17:30〜22:00(L.O22:00)
定休日:不定休



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ