2019年07月13日

ぶらり、PGYTECH アクションカム用メタルクリップマウントを買ってみた

pgytech_metalgriptop_12.JPG

Osmo PocketやGoproなどアクションカムに対応したクリップマウントで、主にリュックサックのショルダーストラップなどにカメラを取り付ける機材です。

現在アクションカムは持っていないので、主にSONY RX0などコンデジを装着する予定。

pgytech_metalgrip_01.JPG

前回紹介した「PGYTECH アクションカメラ用ハンド&リストストラップ」と一緒に購入しましたが、こちらが本命です。

メーカーは同じく国の江蘇省蘇州市にあるアクションカムやドローンなどプロ用撮影機材の拡張アクセサリーを専門とするPGYTECH。

https://www.pgy-tech.com/(本国サイト)

http://pgytech-japan.com/(日本代理店サイト)

pgytech_metalgrip_03.JPG

箱から取り出すと、精密機械のように硬質ウレタンに収まっています。

pgytech_metalgrip_05.JPG

アルミ製で表面処理の質感もメチャ高いです。


ちなみに実は、ショルダーストラップにカメラを装着する機材としては、すでに類似の米国「peak design社」の「P.O.V. Kit」を持ています。

過去記事「ぶらり、peak designの「P.O.V. Kit」を買ってみた

これは、拡張性やカメラ脱着の機動性などで優れた機材なのですが、アクションカム等を装着するに当たっては、一つ欲しい機構がありました。

pgytech_metalgrip_06.JPG

それが、このPGYTECH アクションカム用メタルクリップマウントの特徴の一つでもある、光軸に回転するベースマウント部なのです。

pgytech_metalgrip_10.JPG

身体に装着するものなので、どの程度水平が維持されるかはわかりませんが、基本装着時の段階である程度はカメラを光軸に対して水平に持っていくことができるのです。

pgytech_metalgrip_09.JPG

pgytech_metalgrip_07.JPG

2段階のヒンジと3段階の爪で装着可能なストラップの厚みが広がります。

アルミ鋳造製で重さは約80g。


maunt.JPG

こんな感じに装着してみましたが、アームでカメラを伸ばしたらそれこそブレまくり必死なので、スタビライザーが無いカメラを身体に身につける場合は極力短く、クリップに直接取り付けるくらいの方が正解です。








この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材