2020年10月25日

ぶらり、SmallRigのケージ[CVG2505]を装着したGoPro HERO8 BlackをZHIYUN CRANE M2に乗せてみた

GoPro_cranm2_top.JPG

先日のブログで、GoPro HERO8 BlackにSmallRigの専用ケージ[CVG2505]を装着した件を紹介しました。

ケージを装着した事でGoProが一回り大きくなり、ズッシリと手応えもあってコンデジに近い印象になりました。

そして、ケージの底面には1/4三脚ネジ穴がある。

つまりは、アクションカムにおなじみの可動式のマウントアダプターを介さなくても直接三脚やジンバルに取り付けられると言うことで、ZHIYUN CRANE M2に取り付けてみました。

GoPro_cranm2_02.JPG

まず、ケージの質感とジンバルの質感がベストマッチしていて驚きました。

見た目の相性は抜群です。

GoPro_cranm2_05.JPG

そして、バランスを取ってジンバルを起動。

従来だと、マウントアダプターを介して取り付けを行っていた為、どうしてもカメラの重心が30mmほど上に上がってしまい、見た目にも「載せている感」がありありでしたが、見て下さいこの一体感。

GoPro_cranm2_06.JPG

GoPro_cranm2_08.JPG

GoPro HERO8にはHyperSmooth2.0の手ぶれ補正が着いていますが、それでも完璧とは言えません。

ジンバルとの併用でさらに安定した画像が得られるはずです。(たぶん)

GoPro_cranm2_11.JPG

ZHIYUN CRANE M2とGoPro HERO8装着した総重量は786gでした。

まさに、ここまで相性が良いとは想定外でした。







この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月23日

ぶらり、ジンバル ZHIYUN Weebill-SにSmallRigのハンドグリップ[BSS2636]を着けてみた

smallrig_BSS2636_top.JPG

先日購入したZhiyun-Tech社のミドルクラスジンバル「Weebill-S」(ウィービル・エス)は、それまでの他社のジンバルに対して、いかに重量級のミラーレス一眼カメラなどを”楽に撮影するか”と言う設計思想をさらに、コンパクトなA4サイズに収める独特のフォルムが生まれました。

banner3.JPG

中でもジーウン独自のアイデアの機構。

付属の三脚を外して、ボディから横に伸びた部分に、45度の角度で付け替える事によって、ローアングル撮影だけでなく、通常撮影においてもジンバル本体を垂直ではなく、斜めに傾ける事による縦揺れの低減にも効果があります。

smallrig_BSS2636_04.JPG

それに加えての、1本で2度美味しい的な三脚の付け替えですが...。

実際の所、いちいち付け替えるのは面倒くさい。

斜めアームの運用効果は認める物の、いちいち付け替えるのは、最初の宣伝効果だけのインパクト。

smallrig_BSS2636_06.JPG

ならばと「ワンプッシュで簡単に脱着できるパーツを着ければいんじゃね?」的なアイデアで、「トランスマウント・クイックセットアップマウント」という、たいそうな名前のパーツが登場しました。

smallrig_BSS2636_05.JPG

smallrig_BSS2636_07.JPG

しかし。これ、結構堅いのですよ。合成は高くて申し分ないのですけど。

片手親指と人差し指でリリースするのも一苦労。

って、正直。三脚のネジを回した方が脱着が早い!!かも、って結論に。

おそらく、世間のユーザーの方々も同じ感想かと。

しかも、このパーツ1つで約2,500円近くします。
2セット無いと意味が無いので、約5,000円もしますが、その効果はほとんど??でした。

その後、ジーウンからは専用の斜め持ちグリップがリリースされますが、おそらく今回紹介しているSmallRigのハンドグリップ[BSS2636]の登場によって淘汰されてしまったものと思われます。

ジーウンの公式ページからも消えてしまいました...orz。

smallrig_BSS2636_03.JPG

で、”痒いところにも手が届く”と言われるサードパーティーのアフターパーツメーカーの雄であるSmallRigから出されたWEEBILL-Sジンバル用ハンドグリップ[BSS2636]が、実質的なデファクトスタンダート的なアイテムとなっているのです。

smallrig_BSS2636_08.JPG

本体はアルミ合金製とグリップ部はシリコン製。
人間工学に基づいたデザインや、1/4インチネジと2つのピンにより、確実のジンバル本体に固定して、力が加わってもズレる事がない。

完璧です。

さらに、グリップ本体には様々なパーツを取りつける事ができる、ネジ穴が設けられています。

全体写真にもある、グリップ部先端に取り付けてあるNATOレールもまた別売りのパーツです。

smallrig_BSS2636_09.JPG

ジンバルの運用で、当初から必要に思っていた、ストラップの取り付け方法として、このSmallRigのハンドルグリップの根元の1/4ネジに市販のリングボルトを取り付け、そこにpeak designのアンカーリンクスを取り付けました。

smallrig_BSS2636_10.JPG

これにより、同社のストラップや、アンカーリンクスによって改造された市販のストラップを使用する事ができます。

ジンバルにストラップ。

個人的にも、これによって運用はかなり便利になったと思います。





この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

posted by 太泉八雲 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月22日

ぶらり、GoPro HERO8 BlackにSmallRigの専用ケージ[CVG2505]を付けてみた

Smaiirig_GoPro8_top.JPG

GoPro HERO8 Blackを買ってしまった話は先日しましたが。(しかも2台も)

もちろん中古を購入したと言えども、結構な散財でした。

GoPro HERO7 BlackとSONY RX-0M2を里子に出したので、大きなダメージはありませんでしたが、

その矢先に、アクションカムのゲームチェンジャーと称する方もいる、GoProの最新機種。GoPro HERO9 Blackが登場。

まあ、登場早々に飛びつく事はしませんが、いずれは更新も視野にいれつつ...。

で、いずれ来るであろう更新時期も視野に入れつつ、GoPro本体を保護する為に専用ケージを導入して運用する事にしました。


ウソです...。

スミマセン。ウソつきました。


実はたまたま、SmallRigのサイトで見つけて、「これ、いいんじゃね?」的に衝動買い。

Amazonでは、さまざまな中華メーカーから同様のリグが出ていますが、今最も信用できる、クオリティの高いメーカーSmallRig製で間違いは無いでしょう。

Smaiirig_GoPro8_24.JPG

まず、重さを計測。

SmallRig公式の商品重量は118gですが、実測したら108gでした。

ちなみに、GoPro HERO8 Black本体の公式重量は126gですから、本体とほぼ同じ重さ。

つまりは、重量が倍になることを意味しますし、それを承知の上での購入となります。

Smaiirig_GoPro8_01.JPG

Smaiirig_GoPro8_02.JPG

このSmallRigの専用ケージ[CVG2505]には52mm径のフィルターマウントが着いていますが、これは必要でなければ、取り外す事ができます。

Smaiirig_GoPro8_20.JPG

ただし、このフィルターリング自体の重さはネジ込みで約6gでしたので、ほんの僅かな減量でしかありません。

ちなみに。

Smaiirig_GoPro8_16.JPG

GoPro HERO7からGoPro HERO8にモデルチェンジした際のマイナスポイントとして、GoPro本体のレンズカバーの脱着機構が省かれてしまった事です。

これにより、外付けのフィルターマウントアダプターを取り付けないと、本体レンズを保護する事が不可能になってしまったのです。

結果、GoPro HERO8のレンズを保護したいのであれば、このケージのフィルターマウントにプロテクト系フィルターでも装着する必要があるわけです。

Smaiirig_GoPro8_03.JPG

GoPro HERO8本体をケージに収める為のパネル開閉は赤いボタンをスライドします。

パーツ一つ一つがクオリティ高いです。

Smaiirig_GoPro8_04.JPG

こんな感じに開いて、後ろから本体を差し込んで入れます。

Smaiirig_GoPro8_08.JPG

が、その前にGoPro HERO8本体の再度カバーを外さないといけません。

ケージ本体のサイドカバーが閉まらなくなってしまいます。

先日買った、Ulanziのサイドカバーが不要になってしまいました...orz。

Smaiirig_GoPro8_11.JPG

と、言う訳で。

GoPro HERO8本体のサイドカバーを外して、ケージにマウント。

Smaiirig_GoPro8_12.JPG

「カチンッ」と閉まりました。

まあ、おそらく防水性能はほとんど無くなったと思います。

Smaiirig_GoPro8_22.JPG

このケージ本体のサイドカバーは最初は、パタンパタンとぶら下がった状態ですが、六角レンチで軸を締める事によって、好みの開閉固さに調整する事ができます。

Smaiirig_GoPro8_13.JPG

Smaiirig_GoPro8_14.JPG

GoPro HERO8を装着するとこんな感じ。

Smaiirig_GoPro8_19.JPG

GoPro HERO8本体にも「折り畳み式フィンガーマウント」がありますが、このSmallRigのケージにも「折り畳み式フィンガーマウント」があります。

まあ、GoPro HERO8本体のフィンガーマウントを酷使しないで済むと考えれば良いのでしょうか。

ただ、フィンガーマウントのセンターに1/4インチの三脚ネジ穴が用意されているのは特筆です。

これ、GoPro独自のマウント脚の取り付けが環境によっては不要という訳です。

これは、本当にスバラシイ!!

Smaiirig_GoPro8_top2.JPG

正直な話、想像以上に”買い”なアイテムでした。

SmallRig恐るべし。










この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月18日

ぶらり、GoPro HERO8 BlackのバッテリーサイドカバーをUlanziのGB-7とGB-10に変えてみた

GoProHERO8Black_08.JPG

GoPro HERO7 BlackとGoPro HERO8 Blackの大きな違い。

それは、HERO8が本体底部に「折り畳み式フィンガーマウント」を装備した事です。

そして、それによって、HERO7では別々だった、バッテリー、microSDカード、USB-Cソケットが本体右側に集約されました。

【続きを読む】ぶらり、GoPro HERO8 BlackのバッテリーサイドカバーをUlanziのGB-7とGB-10に変えてみた
posted by 太泉八雲 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月17日

ぶらり、アクションカムのGoPro HERO7 BlackからHERO8 Blackに更新してみた

GoProHERO8Black_top.JPG

今年の4月に初めてアクションカムのGoProを買いました。

モデルはGoPro Hero7 Black。

当時は上位のモデルでした。

最新のGoPro HERO8 Blackにしなかった理由はこれから説明します。

【続きを読む】ぶらり、アクションカムのGoPro HERO7 BlackからHERO8 Blackに更新してみた
posted by 太泉八雲 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月09日

ぶらり、SmallRigのSONY α7V[ILCE-7M3]用ケージ[2087b]を買ってみた

Smaiirig_α7M3用_13.JPG

動画撮影の為のミラーレス一眼機、SONYα7Vを導入。

それに伴い、これも買ってしまいました。

SmallRigのSONY α7V用ケージ・モデル[2087b]。

【続きを読む】ぶらり、SmallRigのSONY α7V[ILCE-7M3]用ケージ[2087b]を買ってみた
posted by 太泉八雲 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月04日

ぶらり、ミラーレス一眼 SONY α7V[ILCE-7M3]を買ってみた

sony_a73_top.JPG

ついに買ってしまいました。ミラーレス一眼カメラまで。

SONY α7V

主な目的は4Kでの動画撮影です。

長年Canon党でしたが、最近はどんどんコンデジを中心にSONY比率が高くなって来ましたが、ついに最高峰のミラレス一眼機までSONYに取って変わられようとしています。

【続きを読む】ぶらり、ミラーレス一眼 SONY α7V[ILCE-7M3]を買ってみた
posted by 太泉八雲 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材

2020年10月01日

ぶらり、コンデジ対応ジンバル ZHIYUN CRANE M2を買ってみた【開封編】

cranem2_top.JPG

4月にFeiyuTech社のアクションカム用ジンバルを初めて購入しましたが、やはり旅行用先での動画撮影用に更新したSONY RX100M5用にもジンバルを導入しました。

と、言うよりもSONY RX100M5を検討していた時からジンバルもセットで考えていました。

【続きを読む】ぶらり、コンデジ対応ジンバル ZHIYUN CRANE M2を買ってみた【開封編】
posted by 太泉八雲 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・撮影機材