2014年12月18日

2014年冬支度・パールイズミ8300ウィンターライトグローブを買ってみた

parl8300_01.JPG

早いもので2014年も、もう残すところあとわずか。

本当に久々、12月に入って最初のブログ記事ですが、おそらく年内(自宅発)のエントリーはこれが最初で最後かも知れません。

『師走』とは言うものの、こんなに急がし12月は初めてかも。
だって、年末年始休日まで休みが一日も無いのですから。
その年末年始休日だって暦通りの休みとは行かず、29日まで出勤です。

そんな年内唯一の記事が、これまた”買い物ネタ”だったり。

でもまあ…ぶっちゃけ。今月買った物はでは無いのですけどね。

物は…と言うと、年の瀬を飾るに相応しい、毎年恒例の『冬支度』シリーズ。

パールイズミの8300ウィンターライトグローブです。

parl8300_03.JPG

毎年毎年、グローブをいっぱい買っているな〜。
と思っているそこのあなた!!

ずばり、正解です。

でも、今年のはちょっと用途が違うのです。

『冬支度』とは言うものの、近年首都圏を襲っている”超寒い”対策の『厳冬用』のグローブではありません。

ちょい薄手の冬用グローブです。

parl8300_02.JPG

使用気温環境『15度』帯に分類される、比較的緩やかな寒さの季節。いわゆる秋冬用のグローブです。

今年の冬は例年よりも1ヶ月早いと、テレビのニュースでも言っています。

12月と言うのに名古屋も大雪な年なのです。

しかし…。なぜ、わざわざ、そんな年に薄手の冬用グローブなのでしょうか?

それは。

今年の冬も行っちゃうからです。(予定)

沖縄に。(予定)

parl8300_04.JPG

実は、昨年の年末年始も沖縄に行きました。
人生初の沖縄です。

46都道府県はほとんど2度以上足を踏み入れていますが、沖縄だけは未踏の地でした。

だって遠いんだもん。
しかも車で、電車で行けないし...。

そして、その沖縄に持って行って使用したのが、made in JAPANは新潟県のONYONE(オンヨネ)インサレーショングローブという冬用グローブです。

parl8300_07.JPG

でも、沖縄の冬ではちょっと厚かった。暑かった。

朝晩で10度前後、昼間で20度以上の季縄の冬に本土仕様のウィンターグローブはちょっとオーバースペックでした。

なので、少し薄手のウィンターグローブを買ってみたのです。

機能性とフィッティング性能でやはり国産のパールイズミです。
デザインは目をつぶります。

手のひらの自然な感覚を極限まで追求したトライディ・システムという超立体構造。

操作性を追求した素材配置。

薄手ですが、冷えやすい指先は二重構造で保温性を保っています。

色は久々の有色系。

トパーズブルー。

沖縄の海に合わせて...。って訳ではありませんが、今までず〜っと白系か黒系のモノトーン系ばかりだったのと、このトパーズブルーっていう色が気に入ったから。

parl8300_05.JPG

手のひらの滑り止めのシリコン加工。

ギリギリまで縫い目を排除したシームレス裁縫。

タッチパネル対応の親指と人差し指。

parl8300_08.JPG

反応も良いですね。

着け心地もさすがmade in JAPANです。

そんな訳で。
今年一年ありがとうございました。

って、まだ早いか?





この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェア・メット・シューズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/107119410
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック