2014年12月31日

ぶらり、2015年の初詣はサンライズ出雲に乗って出雲大社にいってみた【前編】

201501sunrise1.JPG

昨日の記事でも書きましたが、今年の年末年始はギリギリまで不確定な仕事が飛び込んで来た為に、当初予定していた旅行はすべてキャンセルしました。

会社の仕事納めは26日でしたが、うちの部署は29日まで。年明けも4日から動き始めます。
せっかくの9連休が、パーです。
しかも、年明けまでに処理しておかない宿題もてんこ盛りで自宅に持ち帰る有り様...orz

今年の年末年始は久しぶりに自宅で過ごすのかな...?

いや!!それは無い!!

この20年近く、年越しを自宅で過ごした事は一度も無いのです。
これくらいの事で、その記録を止める訳にはいきません。はい。

201501sunrise2.JPG

かと言って、のんびり旅に出られる時間も精神状態にもありません。

でも、せめて年越しだけでも「非日常」な世界で...

ならば、北海道新幹線の開通と共に廃止される本州と北海道を結ぶ夜行列車の車内で年を越すというのはいかがかな?
実にスバラシイ!!

が、なんと年末年始は運休していたのです。

201501sunrise3.JPG

で、唯一走っていたのが『サンライズ出雲・瀬戸』でした。

が、一度玉砕しているのですよ。

しかし、ダメもとで行ってみました「みどりの窓口」へと。

す、すると!!
なんという事でしょう!!
なんと、1つだけキャンセルが出ているそうではありませんか!!

しかもですよ。

な、なんと「シングル・デラックス」です。
本命がズバリです。

201501sunrise4.JPG

なんという幸運!!

来年は幸先が良いか!!も?

201501sunrise5.JPG

しかも、天気予報によると。

元旦から三が日にかけて日本海側は大雪に見舞われるとか。

うん、うん。良いですね。
雪国の旅好きの私にとっては。

しかも、まさかサンライズの車窓から白銀の世界を観ることができるとは。
雪によるハプニング。列車遅延。わたくし的にはOKです。

201501sunrise6.JPG

そんな期待を膨らませて、22:00東京発のサンライズ出雲に乗り込みます。

201501sunrise11.JPG

サンライズ出雲はこれで三度目。
今年の夏にはサンライズ瀬戸に乗りました。

そして「シングル・デラックス」は今回で二度目です。

201501sunrise7.JPG

入り口は狭いですが、中は広いな〜。
でも、部屋の配置が宍道湖側を向いていないのはいかがなものでしょう。

進行方向、向かって右側に部屋を配置して欲しかったです。
(しかし、瀬戸大橋を渡るサンライズ瀬戸では、初日の出が観られるのですよ)

201501sunrise8.JPG

「シングル・デラックス」にだけあるアメニティ。

他の客室だと別途購入しないといけない「シャワーカード」も用意されています。
(しかも、シングル・デラックス専用のシャワー室です)

201501sunrise9.JPG

デスクに洗面台。

走るビジネスホテルですね。

201501sunrise10.JPG

ベッド側にも、テーブルにも荷物置き場にもなるスペースがあります。

DSC00537.JPG

洗面台の蛇口はお湯もでます。
(飲料用ではないようですけど)

201501sunrise12.JPG

さて、しっかりと持って来た水、茶、お酒、ウイスキーとつまみの数々。
正月なのでみかんもね。

201501sunrise13.JPG

「サンライズ出雲」今の時代無線LANも設置してほしいですね。

とりあえず、パソコンにタブレット。
UQ-wimaxの無線LANも用意。

201501sunrise14.JPG

検札が終わったら。

201501sunrise15.JPG

シャワーで汗を流してスッキリとします。

201501sunrise16.JPG

シャワーから上がって部屋にもどると、ちょうど熱海を過ぎたところ。

201501sunrise17.JPG

ベッドに寝そべって窓を眺めると、お月様が見えました。
2014年最後のお月様です。


つづく...



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/109569108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック