2015年05月01日

ぶらり、JR東日本『休日おえかけパス』で房総半島を1.5横断してきた【後編】

bousooudan2015_53.JPG

さて、週末を利用した

半分仕事、半分気晴らしの旅。
「鉄道に乗って読書シリーズ」

の後半です。

bousooudan2015_51.JPG

千葉県では大手のバス会社として有名な小湊グループ(バス部門は小湊バス)。

一応会社のルーツである鉄道部門も細々と続いています。

会社名は「小湊鉄道」ですが、実際には「小湊鐵道」の表記のほうが多く使われています。

バス部門が大きいのは、太平洋戦争中の企業統合令で南房総のバス会社・鉄道会社が強制的に買収・合併された為。

bousooudan2015_58.JPG

で、今回乗る小湊鐵道は、五井〜上総中野間39.1キロを結ぶ路線。

社名の小湊とは現在のJR外房線・安房小湊を指しています。つまりは元々は鴨川市にある日蓮宗小湊山誕生寺への参拝客輸送を目的に、房総半島を横断する鉄道として計画されますが、昭和3年(1928)に国鉄・木原線が大原から上総上野まで開通して繋がった為に、小湊鐵道単独で延伸する必要がなくなり工事は終了。

社名となった安房小湊ではなく大原と結ばれた訳ですが、まあ良しとしましょう。といったところでしょうか?
小湊鐵道と木原線(現在のいすみ鉄道)は相互乗り入れはしていません。

bousooudan2015_60.JPG

ちなみに、いすみ鉄道の前身である木原線もまた路線名は木更津〜大原の意味で、これも同様ですね。

bousooudan2015_61.JPG

bousooudan2015_62.JPG

現在は京成電鉄の傘下に入っていますが、事実上独立して「小湊グループ」を形成しています。

bousooudan2015_48.JPG

bousooudan2015_49.JPG

bousooudan2015_50.JPG

さて、房総半島を横断するこの線路はそれぞれの会社で運行系統が分断されていますが、キップだけは両者共同発売の『房総横断記念乗車券』1,700円があって、こちらはかなりお得です。

折り返し乗車は出来ませんが、五井 - 上総中野 - 大原間が途中下車可能です。

bousooudan2015_64.JPG

小湊鐵道・五井11:11発上総上野行き(13A)は、かなり年季の入った列車です。

冷房が無いので窓を開けます。
しかしこれが良い。
(実は現在9割近くが冷房化工事済みです)

晴天ですが、少しひんやりする風を受けて田園地帯を駆け抜けると、心が洗われとても気持ちがいい。

小湊鐵道キハ200は同社のオリジナル車両で1961年(昭和36年)から1977年(昭和52年)まで製造されたものです。ベースは旧国鉄のキハ20系とか。

bousooudan2015_66.JPG

小湊鐵道の沿線は東京からほんとわずかな場所であるにもかかわらず、はるか遠くの地方のローカル線に乗っている錯覚を覚えます。

bousooudan2015_67.JPG

bousooudan2015_69.JPG

なんかとても充実した休日を過ごしている感じ。

これはクセになりそう。ほんと。

bousooudan2015_70.JPG

古い木造の駅舎も多く残り、テレビCMやドラマのロケでもしばしば使われています。

景色は半島の内陸、山間部へと入って行くとますます田舎の雰囲気に。
これが房総半島の魅力です。

bousooudan2015_71.JPG

ああ、今度は車でドライブしたい。
自転車で走りたい。

bousooudan2015_72.JPG

bousooudan2015_74.JPG

山間部にある養老渓谷。
房総半島の奥地にある小さな温泉町。
今度自転車で泊まりに来よう。

bousooudan2015_83.JPG

そして終点の上総上野に定刻どおりの12:24に到着。
ちなみにここまで、普通にキップで買うと1,410円です。

bousooudan2015_76.JPG

bousooudan2015_77.JPG

この先、いすみ鉄道で大原までは720円なので、『房総横断記念乗車券』は本当にお得です。

いすみ鉄道の大原行きは13:03発と約30分近く時間が空きます。

bousooudan2015_81.JPG

bousooudan2015_84.JPG

なので、駅前で昼食でもと食事ができるお店を探しました。

bousooudan2015_85.JPG

一軒だけ食堂がありましたが、なんか今ひとつ気が乗らなかったので、大原まで我慢する事に。

bousooudan2015_86.JPG

bousooudan2015_87.JPG

ホームで読書を勧めます。

bousooudan2015_91.JPG

そして待っていると大原行き(64D)がやって来ました。
いすみ鉄道最新型の350系です。

bousooudan2015_94.JPG

bousooudan2015_93.JPG

しかし見た目がどこか古く、最新型に見えないのは、外見をあえてキハ52形に準じたものとしたこと。
車輌製造メーカー(新潟トランシス)との大変なやりとりがあったそうです。

bousooudan2015_96.JPG

なので、冷房が効いています。
がゆえに、逆に窓をあける事がはばかれます。

bousooudan2015_100.JPG

bousooudan2015_97.JPG

今朝から読み始めた本も佳境に入り、読書に集中していると気がつけばもう城下町・大多喜に。
車両が新しく乗り心地が良いこともあって読書に集中できました。

と、いうか。大多喜!!?

bousooudan2015_99.JPG

大多喜は房総半島で最も城下町の面影が残る町で、古い伝統的な旅館もあってお気に入りの場所です。

大多喜から先は平野部を走ります。

bousooudan2015_101.JPG

bousooudan2015_102.JPG

外房側ののどかな田園風景が続きます。

き、気持ちよすぎる...。

bousooudan2015_104.JPG

そして列車は終点の大原に到着。
持参した本も読了する事ができました。

bousooudan2015_106.JPG

bousooudan2015_107.JPG

これで房総半島横断の旅はおしまい。
ここから先は特急わかしお14号(64M)で帰路に着きます。

特急が来るまでまだ時間があるので、大原の商店街にあるレストランで遅い昼食。
結構混んでいて、定食は時間が掛かるそうなので、速くできるラーメンに。

bousooudan2015_110.JPG

ちなみに大原は『休日おえかけパス』の乗車圏外なので、茂原までの乗車券と東京までの特急券(1,490円)を購入。

bousooudan2015_110.JPG

そして今さらながら、初めて乗る特急「わかしお」でした。

非常に濃い一日。
東京近郊だけで、こんな休日を過ごす事が出来ると再発見。

bousooudan2015_112.JPG

今度は自転車を持って来よう。


おしまい。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/125277866
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック