2015年06月14日

ぶらり、GROBAL-PRO GP-11ぺティーナイフを買ってみた

globalpro_01.JPG

『GLOBAL』

わたくしが愛用している包丁ブランド。

Made in JAPAN

れっきとした日本のメーカーです。

globalpro_03.JPG

造っているのは『YOSHIKIN』吉田金属工業株式会社

新潟のメーカーです。

平成の合併で現在は燕市の一部となった旧西蒲原郡吉田町にあり、社名もその地名から。

新潟県のほぼ中央、新潟市と長岡市のちょうど中間地点に位置する燕三条地域。

関越自動車道のICや上越新幹線の駅にもあるこの地域は、室町時代から金属加工の集積地として発展した場所で、現在も洋食器や作業工具、刃物など「金属の街」として知られています。

細かくは燕市が 「金属洋食器のまち」 としてステンレス加工産業が中心であり、三条市が利器工匠具・作業工具・ プレス ・金型をはじめとする 「金物のまち」 として分かれているそうだ。

globalpro_04.JPG

話は少しそれますが、『iPod』の裏側の滑らかな鏡面仕上げを行ったのも、この燕市にある小さな町工場です。
その会社は小林研業といって、5人ほどの研磨職人が約4年間で、100万個以上の『iPod』の鏡面加工を手掛けたとか。 

話は戻って、吉田金属工業の創業は昭和29年(1954)。

世界に先駆けて刀身から柄まで全てステンレス製の一体構造包丁『GLOBAL』を製造・発売したのが1983年とか。

『GROBAL-PRO』はプロ向けの業務用包丁シリーズなので、別に『PRO』でなくても良かったのですが、ぺティーナイフのラインナップが普通の『GROBAL』には無かったので。

globalpro_05.JPG

でも、値段はそれほど高くはないので。
(と、いってもホームセンターで打っている格安の万能包丁にくらべると何倍もしますけど…土俵が違いますし)

globalpro_02.JPG

果物の皮むきや、酒の肴の珍味のカットにちょうど良いサイズです。

ずっと欲しかったので、やっと買いました。





この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/146186735
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック