2016年01月12日

ぶらり、激辛!!激旨!!蒙古タンメン中本(御徒町店)にいってみた

moukotanmen_08.JPG

東京に住んでいてまだ一度も行った事がなかった『蒙古タンメン中本』に初めていってみました。


辛さの奥に旨みあり!のキャッチフレーズの有名店です。

ちなみにカップラーメンでは食べた事があるかも。


脚を運ばなかった理由は良く分かりません。
ラーメン巡りそのものを最近はあまりやっていなかった事、あとチェーン店っぽそうだったからかな?

本店は板橋にありま〜す。


moukotanmen_02.JPG

本当は別の目的で日本橋方面に行ったのですが、なんとそのお店がお休みだった為に、急遽次の手を考え、最寄りの「蒙古タンメン中本」を検索。

地下鉄1本で行ける御徒町にお店を発見して駆けつけました。

moukotanmen_04.JPG

出だしが遅れて時刻は12時を廻っていました。
ガード下に見つけた店舗の前には長蛇の列。

おお。

とりあえず、列に並びガラスに掲示されているメニューを眺めます。

まあ、いろいろシステムがあるようで、初心者なのでちょっと戸惑い。
時間はたっぷりあるので勉強はできますが、う〜ん。悩む。

蒙古タンメンはラーメンに麻婆豆腐がかけてある物だという事はわかりました。

いろいろカスタマイズできるようです。

moukotanmen_19.JPG

やっと店内に入ると目の前に「期間限定」の丼物が。

「特製樺太丼」

「非常に辛いので注意してください」との警告も。

よし!!

米の丼物はこれ決定!!

あとはラーメンだが、良く分からないのでとりあえず、このお店の辛さの基準・度合いが分からないので最高峰とされるやつに決めました。

「北極ラーメン」

って、普通は逆ですよね。

moukotanmen_07.JPG

でもまあ、旨辛をうたっているし、これだけの人気店だから日本人レベルの辛さでしょう。

(って、自分も日本人ですが...)

北極ラーメン、来ました。

あ、赤い。真っ赤だ。
血の池地獄のようだ。

スープをすすります。

うん。たしかに辛いが、テレビでタレントがオーバーリアクションするほどの辛さではない。

まあ、本格四川や花椒(ホワジャオ)の辛さに慣れてしまっているので、この「唐辛子の甘み」が心地よく感じます。それにスープのダシ旨みがベストバランス。

moukotanmen_10.JPG

麺とのバランスもいい。

汗は噴き出ますが、スープもグイグイ入っていきます。

さすが、これだけ流行るわけです。

麺の量は無料で3段階から選べますが、今日は「ふつう」を選択。
このお店の麺の量の基準が分からなかったから。

このあとには「どんぶり」が待っているのですが、「ふつう」で正解でした。

moukotanmen_15.JPG

「特製樺太丼」

キター!!


でかいぞ、って通常サイズを2つも頼む客なんて、おそらくそんなにいないだろう。

井之頭五郎ばりに、ちょっと調子に乗ってしまった。

moukotanmen_17.JPG

豚のバラ肉、挽肉、豆腐、タケノコが入ったボリュームたっぷりの丼。

辛い!旨い!辛い!

辛さのハーモニー。

そして、北極ラーメンのスープをすすります。

下着はぐしょぐしょ。

胃もパンパンですが、残す訳にはいきません。

moukotanmen_18.JPG

完食!!

いや〜旨かった。
クセになる辛さだ。旨辛。

うん、いいぞ「蒙古タンメン中本」マイリストに追加です。

ごちそうさまでした。


『蒙古タンメン中本 御徒町店』

03-5688-1233
東京都台東区上野5-10-14 第二御徒町橋高架下
[月〜土]10:30〜24:00
[日]10:30〜23:00
年中無休


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172558080
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック