2016年01月14日

ぶらり、三連休乗車券でE5系&E6系新幹線に乗って「いくぜ、東北。」【第二話】

20160109tohoku_139.JPG

さて、角館駅から秋田内陸縦貫鉄道に乗って豪雪地帯のローカル線の旅です。

20160109tohoku_48.JPG

JR角館駅のすぐ横にあるカワイイ駅舎。

20160109tohoku_49.JPG

20160109tohoku_51.JPG

乗る列車は、角館12:02発〜鷹巣14:00着の急行「もりよし2号」です。

秋田内陸縦貫鉄道は『三連休乗車券』の適用外の路線です。

毎年廃線がささやかれている経営の厳しい路線なので全然出しますよ。

終点の鷹巣まで1670円プラス急行料金320円の合計1990円。

20160109tohoku_105.JPG

出発までまだ30分ほど時間があるので、駅周辺をぶらぶら。

すぐ横の車庫にはこれから乗る急行「もりよし1号」がいました。

20160109tohoku_107.JPG

今日は特別にお座敷列車を連結した3両編成です。

先頭車両は団体客の貸し切りだそうです。

20160109tohoku_119.JPG

角館駅の売店で酒とつまみを購入。

20160109tohoku_109.JPG

急行「もりよし1号」入線、改札。

20160109tohoku_113.JPG

特別編成のお座敷列車。

横になれる仕様かと思ったらこんな感じでした。

背もたれが無いのは、2時間つらいな。

20160109tohoku_114.JPG

普通車。

いいじゃないの。

豪華なシート。
ホームセンターの材料で造った手作りのテーブル。

経営努力がにじみ出ています。

20160109tohoku_116.JPG

昼食のセッティングOK。

20160109tohoku_118.JPG

JRの駅には秋田新幹線「こまち」が。

テクノロジーの差とも言えるような対比が不思議な光景。

20160109tohoku_121.JPG

急行「もりよし2号」は定刻に角館を出発。

しばらく田沢湖線と併走しますが、やがて北に進路を取って豪雪の山間部へと向かいます。

20160109tohoku_124.JPG

20160109tohoku_126.JPG

20160109tohoku_127.JPG

20160109tohoku_129.JPG

20160109tohoku_131.JPG

20160109tohoku_134.JPG

秋田内陸縦貫鉄道の車庫がある阿仁合駅。

かつて日本三大銅山の一つであった阿仁鉱山から産出される鉱石輸送のために建設された国鉄阿仁合線の終着駅。

20160109tohoku_133.JPG

車両ごとに違うカラーリングのAN8800形が見られます。

20160109tohoku_135.JPG

20160109tohoku_138.JPG

鷹巣駅に到着。

20160109tohoku_140.JPG

ちなみにJR奥羽本線の駅名は鷹ノ巣駅。

青森方面へはこの時間特急「つがる」しか無いので、特急券を購入。
930円

20160109tohoku_141.JPG

以前に乗った時は古い国鉄485系でしたが、今は新しいE751系です。

以前は東北新幹線の八戸〜青森間で走っていた連絡特急列車でした。
新幹線が新青森まで開通したのでこちらに回ってきたのです。

20160109tohoku_144.JPG

青森駅到着。

20160109tohoku_146.JPG

函館行きの789系「スーパー白鳥」乗らないけどね。

20160109tohoku_149.JPG

どうしようか。

と、いうか少し早いですが今日の鉄道旅はここでおしまい。
青森で宿を探す事にします。

20160109tohoku_148.JPG

本州最北端。

20160109tohoku_150.JPG

青森駅。

宿の目星は付いています。 
何年か前にお世話になった、超格安のホテルが青森にはあります。

記憶を頼りに歩いて見ます。

20160109tohoku_152.JPG

ありました。

飛び込みでフロントに空室を確認。

2500円の角部屋なら空いているとの事。
それでも十分安いでしょう。

アメニティは一切無いので、貸しタオルプラス50円。

20160109tohoku_151.JPG

十分立派な部屋です。

20160109tohoku_153.JPG

荷物を置いて夜の街へ。

夕食を食べるだけだけどね。

寿司屋とか魚料理のお店とかいろいろあって悩みます。

「今のオレは何が食べたい?」

20160109tohoku_154.JPG

以前にも来たことがある大衆食堂「おさない」か〜。

気になるメニューがあったので、今回もこのお店に入りました。

20160109tohoku_155.JPG

20160109tohoku_156.JPG

20160109tohoku_158.JPG

注文。

ホタテカレー。
かすべ(えい)煮付け。
真だらじゃっぱり汁。

20160109tohoku_160.JPG

かすべ(えい)煮付け。

軟骨のような食感の、えいひれの煮付け。
酒のつまみに良さそう。

なるほど、といった感じ。

20160109tohoku_162.JPG

真だらじゃっぱり汁。

真だらのアラ汁ですね。
とにかく骨が多かったけど、体が温まるやさしい味です。

20160109tohoku_159.JPG

ホタテカレー。

ふつうの食堂のカレーにホタテが入っているだけ。

まあ、ふつうです。ふつう。

ごちそうさまでした。


【第三話】へ、つづく。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172601029
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック