2016年04月29日

ぶらり、ついに埼玉県のあの『山田うどん』にいってみた

yamadaudon_06.JPG

東京都と埼玉県の県境付近の町に住んで20数年。

ついに食べましたよ!!



『山田うどん』


いや〜、なんか感無量的な。

yamadaudon_03.JPG

かかしの回る看板で有名なロードサイドのうどん屋。

埼玉県民のソウルフードとも称される老舗。

地元では「だどん」ないし「だうどん」として愛され続けている。

そして、ガテン系メニューが多くの労働者やトラックの運ちゃんに親しまれている。

yamadaudon_01.JPG

そんな『山田うどん』に行ってきました。

朝の6時過ぎ。

今朝も5時に起床。
この季節はこの時間帯が一番気持ちいい。

会社のある日が別だが...。

yamadaudon_04.JPG

朝食メニュー。

とりあえず、最初の訪問ではスタンダードに1杯のうどんと思っていたが、これはセットが行きたくなる。

ああ、無性に納豆たべて〜!!

yamadaudon_06.JPG

で、注文したのが

「納豆オクラ丼定食」

うどんプラス70円で普通サイズに。

yamadaudon_08.JPG

セットのうどんはわかめのハーフサイズなのですが、

普通サイズにするとたぬき入りになります。

そもその「うどん」を食べにきたのですから。

『山田うどん』を運営するのは山田食品産業株式会社という製麺会社です。

埼玉県の所沢市にある会社で、元々はスーパーなどにうどんなど麺類を卸していた会社でしたが、売れ行きが低迷したことから飲食業に進出。
工場の横に第一号店をオープン。

今や埼玉を中心に180店舗近く展開しています。

yamadaudon_10.JPG

製麺工場直営の「うどん屋」なので、どんなにすごい「うどん」かと思うかもしれませんが、さもあらず。

スーパーで売っている、ゆで麺です。

讃岐うどんに代表される「こし」のあるうどんはここ数年のブームです。

ある年齢の層には懐かしい記憶のある、小学校の給食にでたあの「ソフト麺」をつくっている会社でもあります。

地方駅の立ち食いそばで出される、あのうどんの食感。

埼玉県民のソウルフード『山田うどん』

完食!!


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175103600
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック