2017年01月11日

ぶらり、2016〜2017年の年末年始は北海道の鉄道に乗ってきた【第6話】最終回

hokkaidotitle06.jpg

稚内から約5時間。

ここで、約1時間30分時間があるので、少しだけ札幌見学をすることに。

当初の予定では特急「スーパー宗谷」で札幌に着いた後、すぐに接続している12:15発の「北斗12号」で帰る予定でした。

しかし、帰りもまた国鉄車両のキハ183系は嫌だったので、1本後の「スーパー北斗14号」に変更しました。

改札で差額を払って途中下車。
(東京〜稚内を通して買っていると、函館本線は札幌駅でスイッチバックする形になるのですが、白石駅まで重複するので途中下車したい場合はその区間を払わないといけないそうです)

2016hokkaido03_93.jpg

15年前に来たときはまだ立て替え中だった札幌駅。

駅前周辺も再開発が完了して、まさに道都の玄関口に相応しい風格。

2016hokkaido03_94.jpg

とりあえず時計台まで歩いてみた。

時計台は正式名称を「旧札幌農学校演武場」というらしい。

2016hokkaido03_98.jpg

北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)も見てきました。

2016hokkaido03_97.jpg

昼食はやっぱり「さっぽろ味噌ラーメン」でしょ。

元旦にも営業していた有名店「桑名」。

2016hokkaido03_100.jpg

2016hokkaido03_101.jpg

2016hokkaido03_104.jpg

札幌13:32発〜新函館北斗16:55特急「スーパー北斗14号」(14D)はキハ281系でした。

最後にやっと乗ることができたキハ281系はシリーズの一番最初の車両です。
函館本線の高速化にあわせて開発された特急形振子式気動車。
日本国内の在来線気動車において、最高速度130km/hでの営業運転を初めて行った車両。

JR四国の2000系気動車がベースらしいと後で知りました。
2000系気動車は良く乗りました。

2016hokkaido03_111.jpg

札幌から先は約3時間半。

当然指定席で、もちろん海の見えるD席です。

2016hokkaido03_114.jpg

2016hokkaido03_115.jpg

2016hokkaido03_117.jpg

2016hokkaido03_118.jpg

2016hokkaido03_119.jpg

2016hokkaido03_120.jpg

2016hokkaido03_123.jpg

2016hokkaido03_124.jpg

太平洋を見ながら日没を迎えました。

2016hokkaido03_125.jpg

2016hokkaido03_126.jpg

2016hokkaido03_127.jpg

2016hokkaido03_129.jpg

列車は4分遅れで新函館北斗駅に到着。  

2016hokkaido03_131.jpg

新函館北斗駅では平面乗り換え。でもトイレに行きたかったので結局二階エントランスへ移動。

2016hokkaido03_134.jpg

トイレ前で見つけた、H5系型清掃マシーン。

2016hokkaido03_135.jpg

新函館北斗17:21発〜東京21:23着 北海道新幹線「はやぶさ34号」(34B)入線。

2016hokkaido03_138.jpg

北海道新幹線とは言っても、まあ東北新幹線です。
車両はJR東日本のE5系です。

2016hokkaido03_143.jpg

東京行き上りだと、一番後ろの車両です。

2016hokkaido03_139.jpg

グランクラス1人掛け席。

新幹線のファーストクラス、差額10,280円。自分へのお年玉。

2016hokkaido03_142.jpg

こちらは2人掛け席。

2016hokkaido03_140.jpg

2016hokkaido03_141.jpg

2016hokkaido03_147.jpg

座席はドイツのレカロ社との共同開発。
最大45度まで倒せる電動リクライニング機構・電動レッグレスト、可動式の枕。

2016hokkaido03_146.jpg

あと、毛布・スリッパ・アイマスクといったアメニティグッズ。
新聞や雑誌も用意されていました。

2016hokkaido03_144.jpg

アテンダントサービスは手元に呼び出しスイッチがあります。

アルコールも飲み放題。(ビール・ワイン・日本酒)

車内販売のワゴンサービスはグランクラスには来ませんが、販売しているものはアテンダントに頼んで取り寄せてもらえます。

2016hokkaido03_145.jpg

アームレストに格納式の広いテーブル。

2016hokkaido03_148.jpg

とりあえず画像の整理。

東北新幹線も東海道新幹線のように車内Wi-Fiが飛んでると良いのですがね。

って、言うか。
在来線の特急「成田エクスプレス」や常磐線特急「ひたち」でも飛んでるじゃないの。

せめてグランクラスくらい飛ばしてよ。

まあ、グランクラス使うような客はWi-Fiなんか使わないか。

2016hokkaido03_150.jpg

軽食(つまみ)は当然和食です。

2016hokkaido03_151.jpg

合わせるのは日本酒ですが、とりあえず最初はビール。

ビールはサッポロエビスでした。

おつまみのスナック。

2016hokkaido03_153.jpg

和軽食はお正月仕様。

2016hokkaido03_152.jpg

2016hokkaido03_157.jpg

日本酒は新十津川町は金滴酒造の『金滴』純米吟醸の1合サイズ。
精米歩合55%、日本酒度+2.0、酸度1.4 、価格は300円くらいか。

2016hokkaido03_156.jpg

東京に着くまでに3本飲んでしまった。

お腹が空いたので、アテンダントに頼んでお弁当を取り寄せてもらう。

盛岡で積み込んだ3種類のお弁当を持って来てくれた。

IMG_1089.jpg

一番酒のアテになりそうなむつ湾産「帆立釜飯」をチョイス。

支払いは1,000円Suicaで。

IMG_1090.jpg

快適すぎて東京までの4時間があっという間でした。

2016hokkaido03_154.jpg

「グランクラス」今回限りのつもりでしたが、こいつは結構クセになる。

お金があれば、ね。

でも、また乗りたい。

東京駅から電車を乗り継いで自宅に到着したのは0時でした。

結構強行軍でしたが、また北海道に行く理由ができました。

おわり。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お疲れさまでした。




この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178519968
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック