2017年07月09日

ぶらり、大泉学園の『中国旬菜 彩宮』で麻婆豆腐を食べてきた【麻婆豆腐18】

saigu_top.JPG

久々に麻婆豆腐を食べてきました。

練馬区の大泉学園町のバス通りにある、ちょっとオシャレな中華料理店です。

『中国旬菜 彩宮』

ランチメニューに麻婆豆腐を掲げているので、これは入らずにはいられません。

saigu_01.JPG

ちなみに今日はGARY FISHER Paragonでポタリングです。

29erで車体はロードバイクに比べると思いのですが、大きなホイールは巡航し出したら楽です、楽。

路面状況にも気を使わなくて良いですしね。

サンダル履きでのちょいポタには最高です。

saigu_04.JPG

オーナーシェフの紹介もありました。

どうやら銀座アスターで20年修行を積んで副料理長を務めた方だそうです。

オープンしたのが昨年なので、まだ新しいお店ですね。

saigu_07.JPG

綺麗なお店でした。

このあたりは閑静な住宅街なので、マダムさん達を狙った店作りです。

saigu_08.JPG

厨房も綺麗で基本オーナーシェフ一人?

調理も静かで中華料理店と言うよりもビストロ的な雰囲気。

店員さんは高校生のアルバイトが数名。

saigu_10.JPG

麻婆豆腐ランチ(1,300円)を注文。

コース料理のように順番に出てくるので、ここはもうビールも注文。

saigu_11.JPG

季節のアミューズ・野菜の蒸籠蒸し・点心・スープ・ライスからなります。

点心は焼き餃子2個もしくは海老と豚肉の焼売1個から選べます。

あとから来たお客さんの注文を聞いていると、この野菜の蒸籠蒸しは「前菜セット」に変更できるようです。

内容的には自家製チャーシューや蒸し鶏、ピータンetc...ビールのアテにはそっちが良いですね。

saigu_15.JPG

アミューズは5種類くらいのフルーツが使われていました。

蒸籠蒸しのつけダレは市販の胡麻ドレッシングだと思います。

saigu_16.JPG

シューマイはプリプリして大きな具がゴロゴロ入っていました。

saigu_17.JPG

そしてついにメインディッシュの麻婆豆腐がやってきました。

土鍋の麻婆豆腐です。

まずは溶き卵のスープでテンションを整えます。

saigu_22.JPG

花椒(ホワジャオ)の香りが立ちます。

いいですね。

saigu_25.JPG

見た目よりもアッサリとしていました。

出汁よりも油の比率が多い系の麻婆豆腐です。(悪い意味ではありません)

辛さも飛び出るような刺激は抑えられていますが、汗はしっかりと噴き出てきますね。

このお店は医食同源を食のテーマにしているようなので、香辛料もいろいろ入っているのでしょう。

saigu_27.JPG

もう、当然オン・ザ・ライスでしょう。

ご飯が本当にちいさな茶碗なので、お代わりしてしまいました。

パンチのある麻婆豆腐ではありませんが、本格四川というより本格中華的な麻婆豆腐でした。

ごちそうさまでした。


中国旬菜 彩宮(食べログ)
電話:03-6904-4149
住所:東京都練馬区大泉学園町4-22-2 荒井ビル 1F
営業時間:【ランチ】11:30〜15:00(L.O.14:00)
【ディナー】17:30〜22:00(L.O.21:00)
定休日:月曜日(月曜が祝祭日の場合翌火曜が定休日)


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180290874
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック