2017年10月13日

ぶらり、Kawasaki ZX-10R(2016)に乗って奥秩父から甲州を廻ってきた

ZX10R_top_11.JPG

15年ぶりに再開したバイクライフ2回目。

前回のKawasaki Ninja 650(2017年モデル)は、久々のバイク運転という事で、ウォーミングアップ。

2回目の今回は本命のKawasaki Ninja 1000に乗る。

予定でしたが、予約が取れず残念。

やむなく、他の車種を探す。

247-2016-63.jpg

とりあえず、予約を取ることが難しい、本命中の本命。

Kawasaki ZX-10Rの予約状況を見てみる。

と、目を疑った。

なんと、予約状況が△マーク。

予約センターに問い合わせてみる。

「空いてますよ」

ただし自宅から遠い府中店。

一瞬躊躇した。

躊躇したのは、店舗が自宅から遠かったからではなく、まさかのリッタースーパースポーツだったから。

大本命ながら、大型バイク初心者、しかもバイク歴15年以上の空白を有する自分にとっては、このスーパースポーツはまさにモンスター。

本命中の本命ながらも、半ば冷やかし半分で問い合わせたのに、まさかのヒット。

しかし、このチャンスを逃したら次ぎはいつ乗れるか分からない。

そして予約を申し込んだ。

ZX10R1710101_01.JPG

不安と緊張の中、電車とバスをいくつも乗り継いで約2時間。

ついに店舗に到着。

手続きを終え、ついにZX-10Rとご対面…。

「え?」

一瞬、凍った。

「あれ?」

何かの間違いでは?

目の前にあったZX-10Rは現行型だったのだ。

ZX10R1710101_15.JPG

レンタルバイクのHPにあったのは一つ前のモデルの2014年型。

目を疑った。

お店の人に尋ねると、今月入れ替えたばかりとの事。

フルモデルチェンジした初年度の2016年モデル・欧州型。

うれしい悲鳴と同時に膝が震えた。

そんな状況を店の人は知らず、粛々と出発手配が進み、店舗前の道路に用意されていました。

ZX10R1710101_28.JPG

お店の人に不安を悟られないように、取扱の説明を受けながらETCカードを装着。

やっぱりこの場所。

ETCを設置すると車載工具は入らない。

車検証は折りたたんでなんとか入った。

ZX10R1710101_26.JPG

ETCカードを認識してインジゲーターが緑に。

ZX10R1710101_27.JPG

レンタルバイクにはほぼ全ての車種にUSB電源が用意されている。

今の時代は必須なアイテムなのだろうね。

さて、ついに乗るよ!!

前モデルは中古バイク店で、現行モデルはバイク店でまたがった事はあれど、ついに実車に乗る日が来ようとは。

ZX10R1710101_24.JPG

これもまた運命。

またがる。

ミラーを調整。

お店の人が見ている。

緊張する。

いきなりエンストしたらどうしよう。

でも、またがった感想。

あ、軽い。

あ、足つきがいい。

前傾姿勢。

あ、なつかしい。

全然苦じゃ無い。

エンジンを掛ける。

ZX10R1710101_25.JPG

いい音。

ギアを一速に入れる。

カワサキらしいガチャリンコ!!

アクセルを開けてクラッチを繋ぐ。

ああ、ZX-10Rは自然に滑り出した。

これから家に戻るためには、店の先の十字路を曲がるのだが、万が一店の人の目の前で立ちゴケしたら目も当てられないので、しばらく道をまっすぐ走り続けた。

なにせレーサーレプリカはハンドルを曲げて曲がるのではなく、車体を傾けて曲がるのだから、その感覚も身体が覚えているか不安だった。

でも、道はついに行き止まりの丁字路に。

ゆっくり曲がる。

あれ、曲がりやすい。

そして幹線道路にでる。

ああ、すごい乗りやすい。

ずいぶんZX-10R乗りのモトブログを見続けて、みなさん乗りやすいという感想を述べていましたが、本当に乗りやすかった。

トルクが太い分、シフトワークがぎこちなくても、全然車体が付いて来る。

都内近郊の幹線道路で多少渋滞が続いていたが、身体はすぐに感覚を取り戻し始めていた。

頭で意識せず、身体が自然にシフトチェンジを行うようになり、車線をす〜っと変更しながら交通の流れに乗る。

あっという間に自宅に到着した。

ちょっと疲れたけど、楽しい!!

やっぱり借りて良かった。

ZX10R1710101_08.JPG

早めに就寝して、翌朝4時に起床。

4時30分に家を出る。

まだ真っ暗な国道246号線・川越街道を北上。

ZX10R1710101_03.JPG

今回は自転車用GPSに代わって、スマホ地図を試験的に使ってみた。

やっぱり見やすい。

なるほど、これは使える。

ZX10R1710101_13.JPG

小江戸川越に到着したころには日が昇り始め、撮影に適したマジックアワーに。

予定通りだ。

ZX10R1710101_18.JPG

撮影を終えて、県道15号線川越日高線で飯能を目指す。

ZX10R1710101_16.JPG

前回と同じセブンイレブンで小休憩。

そして高麗(こま)の久保交差点から国道299号線に入る。

ある意味ここがツーリングの出発点。

高麗川に沿って走る国道299号線を走り秩父をめざす。

まだ6時台なのにバイカーが多い。

ZX10R1710101_36.JPG

でも自分一人は途中で脇道に逸れます。今回も途中の吾野宿に寄り道。

ZX10R1710101_33.JPG

いつもの屋敷の前で記念撮影。

そして、正丸トンネルを抜けて道の駅「果樹公園あしがくぼ」で小休憩。

ZX10R1710101_41.JPG

今回は国道299号線をそのまま走って秩父市街を抜ける。

『武甲正宗』の武甲酒造前で記念撮影。

時刻はまだ7:30だ。

ZX10R1710101_42.JPG

荒川を渡って小鹿野を目指します。

ZX10R1710101_44.JPG

小鹿野に到着。

小鹿野からは旧秩父郡両神村を抜けて大滝村を目指します。

ZX10R1710101_51.JPG

車で旅していた時は、秩父散策の拠点として何度も車中泊基地にした道の駅「両神温泉薬師の湯」。

今回は小休憩のみ。

ZX10R1710101_54.JPG

同じく恒例の旧近藤酒造。

ZX10R1710101_56.JPG

ZX10R1710101_57.JPG

ZX10R1710101_58.JPG

ZX10R1710101_59.JPG

ZX10R1710101_72.JPG

秩父往還の宿場町・贄川宿も恒例のルート。

最近古い集落では、四国発祥のかかし人形が全国的に増えてきているような気が。

ZX10R1710101_73.JPG

国道140号線に出て、大滝村に入ります。

ZX10R1710101_76.JPG

とりあえず、道の駅「大滝温泉」で小休憩。

今日はこの時間温泉は開いていましたが、入らず先に進みます。

ZX10R1710101_77.JPG

バイカーの聖地。

「大滝食堂」

いつかは食べたいバイク弁当。

落合橋を渡って左折。旧道方面へ。

が、まさかの大渋滞。

って言うかまったく動かない。

これはまさかの三峯神社渋滞か。

バイカーが対向車線をすり抜けて行くので、やむを得ず追想。

延々と動かない車の列は約3kmほど続いていた。

この先には、長い信号待ちで知られる「駒ヶ滝トンネル」がある事は知っていたが、車列はまったく動く気配が無い。

そして二瀬ダムに到着。

あれ?

なんか景色が少し違う。

トンネルは?

かつてトンネルの途中で二股に分かれた相互通行の「駒ヶ滝トンネル」は、新道が建設されて閉鎖されていたのです。

車もバイカーも二瀬ダムのアーチ上道路を渡って三峯神社を目指しますが、私1人だけそのまま道を直進します。

だって今日の目的は久々に訪れる天空の村「栃本」ですからね。

ZX10R1710101_81.JPG

この山間の地域は「甲武信」(こぶしん)と呼ばれます。

甲州・武州・信州の3国にまたがる意味です。

ZX10R1710101_78.JPG

この天空の村・栃本集落を抜ける旧道(これも一応国道140号線です)は「日本の道100選」の一つです。

江戸幕府の関所もあります。

ZX10R1710101_84.JPG

まさに天空の村。

山の急斜面に孤立した集落の単位をこの地域では「島」と呼びます。

さて、栃本集落を下って再び国道140号線のバイパスに合流。

ZX10R1710101_86.JPG

雁坂トンネル(有料道路)を抜けて、山梨県に入りました。

塩山から国道20号線・甲州街道を走り、上野原から中央自動車道で高速道路走行を体験。

国立府中ICで降りて、出発した府中店にZX-10Rを返却して今回のツーリングは終わりました。

走行距離は約300kmでした。




この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集・自動二輪でぶらり旅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181279329
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック