2018年07月09日

ぶらり、BAGSTERのシートバッグ「スパイダー」を買ってみた

zx10r201806_33.JPG

今日は最近ツーリングで大活躍のシートバッグを紹介します。

前回の「ぶらり、Kawasaki ZX-10R(2016)に乗ってバイク弁当の大滝食堂へ行ってきた」から登場したあれです。

フランスのバイク用品メーカー、バグスター社(BAGSTER)のシートバッグ。

その名も「スパイダー」です。

bagster_12.JPG

まるで昆虫のような流線型のフォルム。

一目見て、これだ!!

と思いましたね。

bagster_13.JPG

フルオープンするので、フルフェイスのヘルメットも入れる事ができます。

bagster_15.JPG

バッグの中の荷物が少ない時用のゴムバンド。

ワインディング走行で中の荷物が暴れないようにする為。

bagster_16.JPG

内ポケット。

容量はありませんが、私はファーストエイドキットを入れています。

bagster_17.JPG

ベロクロテープで開閉する外ポケット。

すぐに取り出せる小銭入れやティッシュなどを入れています。

あと、間口は小さいですが、奥行きがあるので付属のレインカバーも奥の方に入れています。

bagster_18.JPG

付属のレインカバー。

zx10r201806_08.JPG

zx10r201806_06.JPG

マチ付きで容量を変えられます。

通常は15Lです。

見た目もスマートですね。

ninjya1000_201807_08.JPG

ninjya1000_201807_09.JPG

先日、一泊のツーリングに行ってきた際はフルの23L一杯いっぱいに使いました。

夏場は着る物も薄くて少ないのでこんな感じですが、秋冬や2〜3泊の旅ではちょっとキビシイかな。

ninjya1000_201807_54.JPG

このBAGSTERのタンクバッグの最も気に入っているところは2つ。

まず、車体本体への取り付けが「超」楽!!

フック一体型のネット装着します。

というか、常時このままにしています。

ninjya1000_201807_56.JPG

タンデムシートを取り外して、ネットの下に潜り込ませます。

シート形状のフックをシートにはめ込みます。

そしてネットにテンションをかける為に、余った部分をクロスしていきます。

これがまるで「蜘蛛の巣」みたいなので「スパイダー」という商品名なのでしょう。

ninjya1000_201807_57.JPG

ガッチリとまっているのを確認したら、タンデムシートを車体にガチャリンコとはめて終わり。

簡単ですね。

タンデムシートが分割しているスーパースポーツ系のバイクだとこんな感じにいけますが、ネイキッド系の一体型シートの場合は、付属のバンドで取り付けることになります。

今度ネイキッド系のバイクを借りた時は取り付けをまた紹介します。

bagster_10.JPG

あと、もう一つお気に入りなのが、付属のショルダーストラップでリュックサックや肩下げバッグにもなる事です。

これは本当に便利です。





カラーは5色あるので、自分のバイクの色に合わせたコーディネートができます。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183963081
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック