2019年09月01日

ぶらり、長野県佐久市中込の『頓珍館』でとんちんめんダブル大盛りを食べてきた

saku_tonchinkan_top.JPG

ぶらり、長野県の佐久市にあるJR中込駅にやってきた。

中込駅はJR小海線の駅で、実は佐久市の中心駅。

もっとも、現在は北陸新幹線の接続する「佐久平駅」に町の中心は移りつつあり、さらに言えば、佐久市の中心部の最寄り駅は「岩村田駅」ですが、鉄道の利用客は少なく業務委託の半無人駅だったりします。

saku_tonchinkan_31.JPG

そんな中込駅ですが、国鉄時代の中込運輸区で現在の小海線営業所と小海線の車両基地がある小海線にとっての中心駅でもあります。

1日の乗降客は1,000人くらいですが、終日駅員が配置され「みどりの窓口」もあります。

nakagomieki3.JPG

JR小海線は山梨県北杜市の中央本線・小淵沢駅から長野県小諸市の小諸駅までを結ぶローカル線(地方交通線)で最近は「八ヶ岳高原線」の愛称が付けられています。

年に一度は乗っているJR小海線ですが、この季節に乗るのは初めてかも。

nakagomieki2.JPG

この日は偶然にも臨時快速列車の『HIGH RAIL 1375』が係留していました。

このイベント列車には、まだ乗った事はありません。

年内には乗りたいな〜。

nakagomieki4.JPG

車名の「1375」は小海線清里駅〜野辺山駅間に位置する日本における普通鉄道最高地点の標高1375 mに由来します。

ちなみに、野辺山駅は標高1345 mのJR線最高駅です。

nakagomieki5.JPG

nakagomieki1.JPG

さて、中込駅を降りてロータリーを正面に見て左手に今回の目的地『頓珍館』はありました。

saku_tonchinkan_29.JPG

mise1.JPG

mise2.JPG

街の中華料理屋さんでも駅前食堂のお店でもありません。

ラーメン専門店ではなく、なんと「ラーメンととんかつ」のお店。です。

mise8.JPG

創業は何と昭和22年の老舗。

地元の人に愛され続け、昔から行列を作ってたラーメン屋らしいのだ。

店内はオレンジ色を基調にしています。

お店の開店は11:30で、今日は12:30に着いてしまったのですが、すんなりお店に入ることができました。

それでも、店内には10人くらいの先客がいました。

mise5.JPG

頓珍館は「とんかつ」のお店でもあるようですが、食べているのは皆ラーメンです。

しかも、「とんちんめん」がほとんど。

mise6.JPG

「とんちんめん」と言うのは特製チャーシュー麺のこと。

ここの売りは、ずばりチャーシューです。

製法が特許を取得しているとのこと。

mise7.JPG

壁には豚肉の調理法に関する発明の表彰が掛かっていました。

「とんちんめん」のスープは醤油・味噌・塩とあって、野菜入りか否かのバリエーション。

まわりのオーダーを聞いていると人気は醤油の「とんちんめん」と「味噌野菜とんちんめん」が多かった。

tonchinmen1.JPG

厨房は高齢のおばちゃんが二人で回しています。

接客とレジは息子さんでしょうか?

tonchinmen2.JPG

事前のリサーチで並だと物足りないという感想を見たのと、店内を見渡すと半分以上の方が大盛りを頼まれていたので(器が大きい)、とんちんめんの麺とチャーシューのダブル大盛りを頼みました。

待っている間に次々とお客さんが来店され、しまいには店の外にも行列が出来ていました。

待つこと7分ほどで着丼。

いや〜、いい眺めだ。

tonchinmen3.JPG

ラーメンの表面がまるで喜多方ラーメンのようにチャーシューで覆われている。

しかも、キレイに整列しています。

トッピングはメンマ、ナルト、ホウレン草。

tonchinmen4.JPG

まずはスープ。

ああ、うまい。

最近流行のこだわりのスープってほどでは無いですが、この一風変わったところが無い、町の食堂系(中華系ではない)の鶏ガラ系しょうゆスープが心地よい。

カエシで煮たチャーシューの汁も溶け出してコクを広げている。

tonchinmen5.JPG

トロットロでしかも醤油の味がしっかりとついた特製チャーシュー。

うまい。

これでご飯もいけますよ。

tonchinmen6.JPG

麺は中細の縮れ麺。

事前のリサーチでこの店は麺がやわらかい、と聞いていたので「麺かため」で注文。

それ、正解。

量もあるので、後半までダレる事なく堪能できました。

それでも10分も掛からず完食。

行列が出来ていたので、サクッとお店を出ることにしました。佐久だけに...orz


ごちそうさまでした。

nakagomi3.JPG

小淵沢行きの小海線は14:05と時間がまだタップリあるので、中込駅前の商店街を歩いてみました。

一風変わった不思議な商店街です。

これは1970〜1980年代にかけて中込商店街の近代化と区画整理事業を同時に行って生まれた風景で、「グリーンモール」と呼ばれる歩行者専用道路に面した商店街を形成しています。

nakagomi2.JPG

三階建ての建物は1階がテナントで2階以降はマンションかと思いましたが、良く見ると3階まで商業ビルでした。

この駅前商店街は建設大臣(当時は建設省)から「手作り郷土賞」を受賞し、全国の商店街から視察が絶えなかったそうです。

シャッターの降りた店も散見されますが、とにかく飲食店が多くて驚きです。

nakagomi1.JPG

駅前通りには、以前訪れた事がある地酒『初鶯』の木内醸造の中込支店があります。

nakagomieki6.JPG

さて、本日の目的は達成したので、小海線で中込駅を後にしました。



頓珍館(食べログ)
電話:0267-62-0391
住所:長野県佐久市中込1-22-9
営業時間:11:30〜15:00 17:30〜21:00
定休日:月・火


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186501753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック