2019年11月02日

ぶらり、西東京市保谷の中華料理『口福』で麻婆豆腐と担々麺を食べてきた【麻婆豆腐21】

koufuku_top.JPG

久々の「麻婆豆腐」食べ歩きです。

今日は池袋から西武鉄道池袋線で、23区のエッジ練馬区の隣の西東京市に行ってきました。

2016年にオープンした裏路地にある隠れた名店と言われる『口福』というお店です。

koufuku_02.JPG

大泉学園駅の隣の保谷駅。

南口を降りて、ロータリーからまっすぐ南に延びる道をテクテクと歩く事約5分。

koufuku_03.JPG

ホットモットが目印の路地に入ります。

koufuku_04.JPG

スナックの居抜きですが、大きく手を加えてはいません。

看板だけが頼りです。

店内も狭く、カウンター7席+テーブル一卓4席とスナックのまんま。

koufuku_05.JPG

このお店は四川料理専門では無く、基本的に街の中華料理店。

しかし、麻婆豆腐と担々麺が看板メニューなんです。

券売機で食券を購入しますが、後払いで現金払いも出来ます。

koufuku_06.JPG

店主はどちらかと言うとガテン系。

ロードサイドのラーメン店の店主っぽい風体ですが、実は都内の有名店で24年間修行した実力者。

koufuku_11.JPG

注文してまず麻婆豆腐から作り始めました。

麻婆豆腐は定食もありますが、担々麺も食べたいのでとりあえず単品で。

店主のこだわりは3種類の豆板醤を使っているとの事。

挽肉を甜麺醤で炒めた「炸醤」(ジャージャン)を作り置きしているのは、まさに四川料理店。

ニンニク、豆板醤、豆鼓などを炒め始めスープでのばして豆腐を投入。

仕上げに「炸醤」を加えて一気に強火で鍋を焦がしながら仕上げます。

koufuku_12.JPG

食欲を刺激する香りが漂います。

芽ニンニクでは無く青ネギが散らしてあるのが、街の中華っぽいですが、花椒が程よくかかっています。

四川麻婆店で見る赤い辣油の層はありません。

結構ヘルシー?

また、激辛を狙ったものでもありません。

ご飯が無くても、そのまま食べられる、バランスの取れた美味しい麻婆豆腐でした。

koufuku_18.JPG

やがて、担々麺も出来上がりました。

なんか、もう見るからに正統派系の担々麺ですね。

蛇足ですが、ねり胡麻スープの担々麺は日本式で本場四川にはありません。

koufuku_19.JPG

ねり胡麻だけでなく、ナッツも加わったコクのあるクリーミーなスープ。

う、うまい!!

クリーミーだけど、さっぱりしています。

koufuku_21.JPG

麺も僕の大好きな加水率の低い中細麺。

三河屋製麺かな?

スープと絡んで、とまりません。

あっと、いう間に担々麺と麻婆豆腐を完食。

程よい汗。

旨かった〜。

ごちそうさまでした。

口福(食べログ)
電話:090-9819-1449
住所:東京都西東京市東町4-14-3
営業時間:[ランチ]11:30〜14:30
夜18:00〜23:00
定休日:火曜日


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186893430
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック