2009年09月08日

サイクルコンピューターとGPSナビについて考えてみた

過去の自転車には(現役のBDも含めて)みな「スピードメーター」を付けていた。
ただ、初めは非常に興味深くかつ興奮したものの、体感スピードを分かってくるとさほど重要ではなく、それよりもメーターに縛られて走るのがいやになり、みな外す傾向にあった。

今回本格的なロード購入にあたり、あらためてサイクルコンピューターの導入を考えてしまった。
走行速度よりもペダル回転数つまりケンデンスとできれが心拍計もほしい。そしてなにより積算走行距離である。
高級パーツはレギュラー以上にメンテナンスを要求し、耐久性も高くない。車と同じく年次点検や走行距離に応じた交換なども視野にいれなくてはならない。そこでサイクルコンピューターの復活である。

そこで目を付けたのがキャットアイのCC-TR100である。
cat00.jpg

要求は満たしている。しかし3万オーバーは高すぎる。
ネットで一番安いところでも3万1000円ほどであった。
キャットアイ CC-TR100 サイクルコンピュータ




そこで、1ランク下のTR300TWも検討した。でも実売17,000円である。
ちなみに最安値はここ↓送料込みで13,000円弱でした。
【送料無料】CAT EYE【キャット アイ】ワイヤレス サイクルコンピューター(CC-TR300TW V3)


tr300tw.jpg

しかし、いろいろと先立つものがあって今ひとつ踏み出せない。
もう一つの理由は走行距離と走行速度に関していえば、ナビゲーションの地図も兼ねた「ガーミンeTrex Legend」を持っているからなのだ。1/20万日本全国地図が搭載されていて、かなり大雑把ではあるが、カーナビに慣れた体には現在位置と進行方向が分かるだけでも十分ありがたい。
IMG_0494.jpg
ケイデンズと心拍系は無いが、当分はこれでい行こうと思う。
しかし懸念が。このガーミンの耐衝撃性能は6Gで、自転車では主にサスペンションのあるMTBを推奨している。
逆に高圧タイヤでサスペンション無しのロードレーサーのの使用に対してメーカーは否定的なのである。一応精密機器だから。

でも、実際にロードレーサーにガーミンを搭載しているオーナーは多い。自己責任であるが。
一応、私のレオナルドはフルカーボン車である(チェーンステーを除く)衝撃吸収性もあるだろう。
という、非常に都合の良い解釈で、ガーミンの取付を決意した。
IMG_0496.jpg
でも、年内にもサイクルコンピューターは買いたいな。

ちなみに現在このモノクロのガーミンはモデルチェンジしてカラー液晶になった為に売っていません。サポートが受けられず、英語表記の並行輸入ものはまだオークションとかで手に入ります。安いですが。私はちょうど世代交代時期に格安で購入したものです。

現行モデルは


【GARMIN□ガーミン】 ハンディGPS eTrex LEGEND HCx 【日本語版】
posted by 太泉八雲 at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | GPSの旅 GARMIN/ATLAS/ゴリラ
この記事へのコメント
自転車用のナビゲーションシステムがあるのですか!びっくりです。
自転車も速度ではなくペダル回転数と心拍数ですね。ともに一定に走るのがいいとか。
いろいろつけたいけど重さとカッコ良さがスポイルされるジレンマ。
こないだお勧めされてたスタンドも欲しいです。あとベルと前と後ろの
ランプやな。安全と快適性は犠牲にしたくないですからね。
Posted by 西山遊野 at 2009年09月08日 23:53
西山さま
ガーミンのGPSは自転車用というよりは、元もとは登山用、アウトドア用です。

マウント・アダプターを付けることによって自転車にも取りつけができます。私のは旧モデルですのでモノクロですが、現行機種はカラーです。

走行ルートや移動高度差も記憶されているので、専用ケーブルでPCへ読み込み、「カシミール3D」などの地図ソフト(フリー)と組み合わせると、走行ルートが視角化されます。

GPSはもう少し画面が大きなものも他社でいろいろ出ていますが、ガーミンが一番精度が高いといいます。

Posted by 太泉八雲 at 2009年09月09日 12:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31996548
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック