2009年11月10日

ぶらり、秋の京都へ行こう・6日目&最終日

kyouto5-10.jpg

5日目は、午後2時には予定していた行程を終え、まだまだ時間はあるものの、朝の7時から走り詰めで、かつ5日目にして総走行距離は約250km近くに達し、体力的にも気力的にも限界に来始めていました。(いったい何をしに来たのやら)
気が付くと、二条城に居たので(今日3回目)二条通旧道を走ってJR円町駅まで目指し、いよいよ京都市内の散策は終了として、帰路に着く事にします。

kyouto5-9.jpg

今回の出発地であった円町駅でFrettaをたたみ、改札を潜る。東日本のスイカ(私のは携帯電話のモバイルスイカですが)で西日本の改札を通れるのはあらためて感激ものです。できれば市内のバスや私鉄各線も乗れるとなおGOODだったのですが・・・。
JR西日本ではまだ携帯電話の「モバイル」イコカが無いのか、改札で携帯電話をタッチしているのは私だけのようでした。

山陰本線の快速で京都市内を離れ、嵯峨嵐山を過ぎると、秘境の山中へ。大都市を離れてそれまでの気分をリセットしてくれる丁度良い演出です。そして車窓は田園風景へ。
亀岡駅を降りてFrettaを展開し、5日ぶりの道の駅「ガレリア亀岡」の我が愛車の元へと向かいます。

ここだけの話、5日間も道の駅に放置して、その状況が心配でしたが愛車は無事に何事もなく、出発日と同じ状態で私を待っていました。

道の駅「ガレリア亀岡」は入浴施設もあり、大規模なコミュニティー施設である建物内ではテーブル席などが充実していて、京都近郊訪問時にはいつも拠点にしている場所です。
入浴を済ませ、空調の効いた館内で写真の整理を行い、これで公共無線LANが飛んでいればブログやHPの更新もできるのですが、さすがにそれはなく、疲れも溜まっていたので、早めに床に就くことにしました。(車中泊です)
ちなみに、近くにあるマクドナルドには無線LANがありますが、「YAHOO無線LANスポット」に入っていなかったので、使えません。これを機に同サービスへ入る事にしました。

ohara_01.jpg

翌日は朝5時に起床し、荷物を整理してから亀岡を出発。朝の国道9号線は霧に包まれ、最終日にして幻想的な始まりでした。
まだ眠る京都市内を抜け、大原を目指します。

ohara_02.jpg

大原の寺院が開くのは8:30からで、まだまだ時間がある上に、日も昇っていないので、一乗寺のマクドナルドで朝食とコーヒーでを摂りながら画像整理とブログの文章執筆。7:00になったので店を出て大原へ。稟とした早朝の大原には、やはり数人の人影はあったものの、物静かで神々しい朝日と共に気持ちの良い、かつ秋の京都最終日を飾るにふさわしい、見事な紅葉がそこにありました。

ohara_03.jpg

三千院の拝観時間は8:30に開院。このころには結構な人だかりが出来ていましたが、昼間のラッシュほどではありません。開院と共に寺院へと入り、まだ数人しかいない早朝の庭園を眺めました。朝日の光線が神秘的に庭園に差し込み、神々しさを演出。徐々に観光客が増えて来たので先へ進みます。本殿の先には見事な紅葉の庭園。

ohara_04.jpg

一通り境内を廻り、急いで三千院を後にします。次は、斜向かいにある小さな寺院「実光院」です。拝観時間は9時からでしたが、一人門前に立つ私を時間前に入れて下さいました。
大原の山々を借景にした庭園「旧理覚院庭園」には秋から開花する不思議な桜「不断桜」が枝花を広げています。

ohara_05.jpg

庭園を手入れする寺院の方々以外、私の他に誰もいない畳の上で、抹茶をいただきながら大原の風景を背にした庭園を眺めて時が経つのを忘れていました。これにて秋の京都での悲願(その一部)を達成して終わります。
この記事へのコメント
お疲れさまです。
自転車で京都の町を散策、走られた距離もさることながら、東京ほどじゃないにしろ、坂もありで、大変でしたでしょう。
さすが、太泉さん、写真がいい、おお〜ここはこの角度で見るといいんだ、なんて見せていただきました。自転車が入っているのがいいですね、旅の記録としても記念になりそう。
蛇足ながら「ガレリア亀岡」は、ダンスの競技会があったりします。
Posted by Noribee at 2009年11月12日 22:38
京都市内中心部はほとんどフラットですが、鴨川以東、東山エリアは坂が多くて風景も変化に富んでいて楽しかったです。まあ、うちの自転車のギア数でなんと対応できる範囲でした。

自転車中心のブログなので、風景の中にそこそこの存在感で自転車を配置して撮影するのが、普通の町並み撮影よりも一手間ですが、車のそれよりかは楽ですね。
ガレリア亀岡は道の駅としては上位のレベルにある施設だと思います。もっとも道の駅は一画を間借りしているのが実際ですが。
Posted by 太泉八雲 at 2009年11月14日 09:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33553278
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック