2010年01月17日

土日キップと18キップで

tohoku-tetsu2_33.JPG

冬の18キップの有効期限を調べてビックリ。春・夏は約2ヶ月あるので余裕をかましていたら、なんと1月20日までではないですか。
実は正月明けから仕事が忙しく、先週は1日も休んでいません。で、今週しか無いわけです。2枚買った18キップの1枚未使用を払い戻し、その場で土日キップを買いました。
土日キップはあらゆる特急も新幹線も乗り放題ですが、使用範囲が北は古川・新庄・酒田まで。今回はそれに、年末に山陰で使用してまだ2回分残っている18キップを組み合わせて「土日キップ」エリア外の未走路線の完乗を目指しました。
が、金曜は会社の新年会で3次会まで付き合わされ、店を出たのが朝の4:00。
速攻で自宅にもどり、着替えて飛び出し、1時間30後には東北新幹線に乗っていました。

特急や新幹線が使えないと、結構地方のローカルエリアを廻るのは制約が多く、今回は三陸エリアの気仙沼線と大船渡線であきらめ、田沢湖線経由で最終的には22:30に酒田へ。
かねてから「無料宿泊場所」として使用していた「ムーンライトえちご」定期運行の廃止に伴い、宿での宿泊を余儀なくされましたが、実はもう一つあったのです。
青森-上野間を走る寝台列車「あけぼの」のゴロンとシート。ゴロンとシートといっても普通のB寝台のベッドです。布団や枕が無いだけ。リクライニングのムーンライトに比べると十二分です。

キップ購入日には完全に埋まっていましたが、当日なんとか酒田からのシート(ベッド)のキャンセルを確保。土日キップでは酒田-
上野間が追加料金無しで利用できるのです。

で、秋田発酒田行き最終の羽越本線普通列車に乗っていて、酒田に着く直前に車掌さんに尋ねられました。「本日の旅程は?」あきらかに旅行者の恰好だったからでしょうか?しかも時刻表と格闘していましたから。ちなみに接続する列車はありません。

私「あけぼので、東京(上野)まで」
車掌 驚いた表情で「あけぼのは本日昼に運休となりました」
「えええええ・・・!!」驚いたのはこちらです。どうしようも無いので、酒田駅で一番安い旅館を紹介していただき、余計な支出が出てしまいました。

その翌日は、新型車両が投入された米坂線に乗って、新幹線を駆使し会津若松から久々の只見線で家路に・・・。米坂線では期待した新型車両には乗ることができず、終点の米坂駅で拝めました。

山形新幹線つばさ、と郡山から磐越西線で会津若松へ。ちょっと良い駅弁を奮発してビールやつまみを買い込んでいざ乗車!かなりの混雑でベストなシートは確保できず。そこへ・・・

車内放送「本日・雪の影響で上越線が運休となりました、小出から先の接続はありません、発車前に旅行の見直しを願いします・・・」

私「ええええ?」慌てて列車を飛び降り、駅の待合室で寂しい昼食をとることになったのです。
もう、すっかりテンションはさがりっぱなし。このまま次の快速「あいづライナー」で郡山に戻って新幹線で帰ろうかとも思いましたが、思いとどまり、磐越西線に乗って新潟経由で上越新幹線で家路に着くことにしました。雪の影響で在来線も新幹線も若干のダイヤの乱れがありましたが、なんとか無事に家に戻りました。

今回はかなり疲れたのは歳のせいだけでは無いようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34802645
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック