2010年04月17日

連載 ATLAS ASG-CM11(ユピテル製)Vol.7・ATLASTOURへの取り込み

ASGCM11_7_04.JPG

ATLAS ASG-CM11の走行ログを確認するには、本体の左ボタンを1回押して、最初のページの「履歴」から入っていきます。

ASGCM11_7_03.JPG

カレンダーが表示されるので、ログを見たい日を選択。
ラップ、走行距離、走行時間、消費カロリー、平均速度、最大速度が表示されます。ラップした時刻を選択すると、下部に「履歴消去」「Lp詳細」「軌跡表示」のボタンが現れます。

ASGCM11_7_05.JPG

「軌跡表示」を選択すると、地図に走行軌跡が表示されます。スクロール、拡大もできます。
さらに詳細なデーターや、地形図、立体地図との連携、さらに写真とのリンクを行うには、専用ソフトのATLASTOURが必要です。


ASGCM11_7_01.JPG

今回はATLAS ASG-CM11を同社の専用ソフト、ATLASTOURに取り込んでみようと思います。定番ソフトのカシミール3Dも含めて、この手のソフトはほぼ完全にwindows版しかなく、Macユーザーとしては長年苦渋を味わってきましたが、ついにそのハードルも無くなりました。
現行のintel Macでは、Mac OSとwindowsが同居できるのです。BootcampでwindowsXPをインストールしているので、起動ディスクを選択して、写真のようにMacでwindowsを起動しました。一応Macとwindows機ではキーボードの配列が少し違うので、やや不都合は残ります。

ATLASTOUR 1.04のダウンロードはこちらから。メールアドレスの登録が必要で、後ほどメールでダウンロードサイトへのアドレスが送られてきます。

ASGCM11_7_02.JPG

USBで接続すると、本体オフの状態でもすぐに接続モードになります。

ATLASTOUR_06.jpg

ダウンロードしたATLASTOURを起動し、GPS本体からのデーター読み込みを行うには、最初に本体のプロダクトキーが必要です。
28コの英数字を入力するのですが、自動的にTab移動しないのがちょっと面倒。プログラムの詰めの甘いところですね。

ATLASTOUR_03.jpg

ウィンドウは2つで、左側が地図。Googleマップを使用しています。そして右側が各種表示部なのですが、今回は速度と高度のグラフを表示しています。緑が速度で、青が高度です。グラフの縮尺も拡大が可能です。この画像では、詳細を見るために拡大しています。ラインに触れるとデーターが表示されます。
地図はラップした地点ごとに色が変わります。今回は適当に2回ラップボタンを押しました。

ATLASTOUR_05.jpg

地図に表示された走行軌跡をクリックすると、そのポイントのデーターが吹き出しで表示されます。

ATLASTOUR_02.jpg

同じ地図画像の「地形図」モード。

ATLASTOUR_01.jpg

同じく「衛星写真」モード。

ATLASTOUR_08.jpg

そして「Google Earth」モードで立体地図に。プラグインのダウンロードが必要です。

私はまだカシミールSDを使った事がありませんが、これもなかなか遊べそうですね。写真とのリンク、及び位置情報の写真への書き込みも行えるので、GPSロガーとしても使えそうです。




この記事はあなたの役に立ちましたでしょうか?ポチッと応援をお願いします。

人気ブログランキングへ


posted by 太泉八雲 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(1) | GPSの旅 GARMIN/ATLAS/ゴリラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37182266
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

HANDY GPS MAP ユピテル ASG−CM11
Excerpt: 2010年5月1日 GWの1泊ツーリングが潰えた代わりではないですが、自転車用のHANDY GPS MAP ユピテル ASG−C...
Weblog: 自転車好き親父のチャリライフ
Tracked: 2010-07-03 12:24