2010年05月09日

トレックストア六本木・GARY FISHER試乗

TRECK_roppongi_10.JPG

今日も晴天。ギラギラに照り返す暑さの中、ぶらりと六本木へ。
目的はトレックストアなるお店を知って、実車をいろいろと見てみたかったから。

六本木以外にも大坂や神戸六甲、福岡にありフラッグシップストア神戸が神戸須磨にあるそうです。

トレックストア六本木」は、六本木ヒルズの一画にあります。


TRECK_roppongi_09.JPG

思ったよりも小振りな店構え。ブティックのような感じは良いですね。

TRECK_roppongi_02.JPG

店内は車体以外にも、ウェアやサングラス、最小限のグッズなどがシンプルに置いていますが、自転車そのもの展示はやはり少なかったです。

TRECK_roppongi_01.JPG

お店の中央奥にMTBコーナー。29erはお目当ての「Cobia」は無く、「Manba」と「X-Caliber」のみ。まあ、Cobiaは地元のショップにも置いてあるので、最近ちょっと気になりだしたX-Caliberが置いてあったのは幸いでした。

マットブラックの車体は写真で見るよりも迫力があるのですが、ちょっと重そうな雰囲気が漂い、色的にはCobiaの方が高級感がありますね。

車体をよく見ると、タイヤに泥が付いているではないですか。

もしや、と重い店員に尋ねると「試乗車」との事。「乗ってみます?」の問いかけに2つ返事で申込用紙を書き込みます。

サイズは私の体型に丁度よい「27.5」。六本木ヒルズの「けやき坂通り」を2周してきました。

TRECK_roppongi_08.JPG

(クリックすると画像が大きくなります)


最初に驚いたのはその軽さ。この価格帯で約12kgです。タイヤはこうして見るとブッ太いですね。ブロックパターンは小さいので町乗り仕様でしょう。

TRECK_roppongi_04.JPG

あまりのフロントの軽さに、出だしはみっともなくふらつきましたが、走りは軽快そのもの。加速も良いし、走っていて楽しい。
制動力も十分すぎで、Vブレーキの感覚で操作するとタイヤがロックして、キュキュッと。

このX-Cariberは油圧ディスクですが、Cobiaは機械式ディスクです。車体重量も若干Cobiaが重くなるとか。いろいろパーツを装着したら、14kgくらいになるでしょうか。

TRECK_roppongi_05.JPG

操作に今ひとつ慣れなかったのが、SRAMのシフターです。やぱりシマノの方が使いやすいです。この車体にはSRAMのX7が装着されています。CobiaはX5です。
メンテナンス調整が良くないのか、変速性能も今ひとつで、変速もぎこちなく、チェーンも安定せずガチャガチャ。

まあ、これはしっかりと調整すれば解決すると思いますが、やはりシマノに交換したいところです。

TRECK_roppongi_06.JPG

短い町乗りでは良くわかりませんでしたが、フロントサスもX-CariberとCobiaではだいぶ違うとの事。こればかりはリアルタイムで乗り比べてみないと分かりませんね。

夏までの購入に一つの目途が付いた感じですが、問題は自宅の保管場所をどうするかです。




この記事はあなたの役に立ちましたでしょうか?ポチッと応援をお願いします。

人気ブログランキングへ


posted by 太泉八雲 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 29erGARYFISHER Paragon
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37740009
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック