2010年08月24日

ぶらり、明知鉄道

akechitetsudo_02.JPG

ほぼ、全国のJRローカル線は制覇したので(北海道を除く)、あとはボチボチ旧国鉄は第三セクターの路線をぶらりと残すところで。

前々から乗車を夢見ていた岐阜県の明知鉄道に、ついに乗ることができた。

明知鉄道はJR中央本線の恵那駅と明智駅間の25.1kmを結ぶ、ローカルの盲腸線です。

akechitetsudo_03.JPG

恵那駅の改札口で終点明智駅との往復キップを買う。
駅員のおじさんは、帰路に名古屋方面へ抜けるなら、明智駅から瑞浪駅までバスが出ているという。なんという商売っ気の無さであろうか。

さらに、乗車キップを記念にするなら、終点の明智駅で少し上質なキップを買えるとのこと。

まさに、アットホームなカスタマーサティスファクションである。

せっかくの申し出でしたが、キップ収集の趣味は無いので、機械券売意識のまるで「渡船」のキップのようなキップを購入してホームで待った。

やってきたのは、アケチ10型気動車。富士重工業製で、セミクロスシートのはずだったが、なんとオールロングシート車だった。

まだ、新しくキレイな車両である。カーテンの結びに注目。

akechitetsudo_04.JPG

明知駅を出発した列車は、ひたすらエンジンをフルスロットルで回し続けながら走っていく。列車に乗っているとあまり気がつかないが、結構な勾配を登って行っているのだ。

明知線は全線わずか25kmあまりの区間で、2つの峠を越えるという急勾配と急曲線の連続する路線で、この先の飯沼駅と野志駅は、日本で第1位と第2位を誇る急勾配駅らしいのである。

akechitetsudo_05.JPG

33パーミルの勾配を駆け上っていくアケチ10号。現在もレールに砂を撒いているのかな?

akechitetsudo_07.JPG

良い感じに小雨と霧が出てきた。

akechitetsudo_09.JPG

トンネルを抜ける度に深山幽谷に入っていく。

akechitetsudo_11.JPG

途中の駅駅に、廃車となったアケチ1号が留置(放置?)されている。これが”かの有名な”レールバスなのか。

akechitetsudo_13.JPG

動態保存されている腕木式信号機。知らない人は気がつかずに通り過ぎてしまう代物。

かつては、この信号機とタブレット交換によって、単線の行き違い閉塞が行われていました。

タブレットって?という方はウィキってください。

akechitetsudo_15.JPG

花白駅。駅前に日帰り温泉がある。なにか見覚えがあるぞ。

そう、今回この明知鉄道に乗ったのも、実はこのあたりは非常に思い入れの深い地域なのである。
中世の城下町にして、中馬街道の宿場町であもある岩村。

そして、この鉄道の終点であり、中馬街道をはじめ諸街道の集まる要衝として栄え、今も明治・大正期の町並みが残る、明智。

さらにいくつか山を越えると、紅葉の名所「香嵐渓」で知られる三州街道の宿場町・足助。などなど。

かつては何度も車で行き来し、途中の道中で夜を過ごし、そしてこの花白温泉で汗をながした事もあったのだ。

まさか、駅のそばにあったとは。

akechitetsudo_25.JPG

最後の山を越えると、ひたすら山間平野に向けて列車は下っていく。明智の市街を周回しながら、終点の明智駅。

明智駅は明知鉄道の本社と車庫がある。町名である「明智」に合わせた駅名で、会社名の明知鉄道と「智」の字が違う。

この列車はここまま折り返すという事で、運転手さんの許可を取って、荷物を車内に置いて、ひさびさの明智の町を散策する。

akechitetsudo_24.JPGakechitetsudo_18.JPGakechitetsudo_20.JPG

もう3回目ほどだと思ったが、これほどミニマムな町だとは思いませんでした。

akechitetsudo_29.JPGakechitetsudo_28.JPG

駅の改札の横には、全駅のキップと、明知鉄道せんべいが売っていました。千葉の銚子電鉄を参考にしたのでしょうか。「おらが鉄道せんべい」こちらは甘いソフトなせんべいです。4種類くらいあったかな?

面白いものと「ひまわりシナモン」と「かぼちゃの種」入りを買って帰りました。

人気高騰で、品切れ続出とか。赤字解消に一役かってよかったです。

akechitetsudo_27.JPG

国鉄明知線は当初の計画で、この先さらに延伸して、武節で挙母方面から来る路線と合流して、現在の飯田線に接続する予定だったとか。

しかし、山間に開けたこの小さな町で終点というのも、良かったのかも知れません。盲腸線の多くの終点駅は、周囲に集落も無いような寂れた場所にある場合が多いからです。

そして、折り返しの時間が来ました。省エネ&エコでしょうか?発車の直前までアイドリングはしません。もちろん冷房も止まっています。

車内はサウナのようでした。



この記事はあなたの役に立ちましたでしょうか?ポチッと応援をお願いします。

人気ブログランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40353112
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック