2010年09月02日

折り畳み自転車・ORi Bike M9(オリバイク)試乗

IMG_1356.JPG

先日、久々にサイクルハウスしぶやさんに伺った際に、前々から気になっていたOriBIKE(オリバイク)を試乗してきました。

OriBIKE(オリバイク)には、フレーム違いも含めて様々なモデルやグレードがありますが、私の目的はBD-1モノコックに似た上級モデルです。

現在品切れ中という事で、今回試乗したのは9段変速・アーバンライドの「M9」というモデルです。

この上に上級スポーツモデルの「M10」がありますが、店舗には試乗車も含めてありませんでした。

IMG_1366.JPG

この「OriBIKE」のフレームは「塗装」では無く「アルマイト加工」です。今回試乗したマットブラックもそうです。
質感は思った以上に高いです。

IMG_1357.JPG

航空機の安全ベルトからアイデアを得たセーフロッキング・システムの「インスタント・リバウンド・キャッチ」という変形機構。見た目は複雑な形状のハンドルポスト。

剛性は大丈夫か?と心配でしたが、なんとあらゆる可動部分も含めて、BD-1より剛性が高いです。

BD-1モノコックのパチモンかと思いましたが、BD-1とブロンプトンを足して割ったような機構で、それぞれの長所が生かされています。

折り畳む際のレバーの剛性もBD-1より格段に上です。ガッチリしていて、カチッと分解します。おおおおおおおおおお・・・です。

IMG_1359.JPG

「M9」と「M8」に標準装備のキャスター付きリアキャリア。この辺はブロンプトンを受け継いでいますね。試乗車はしぶやさんが改造してオリジナルのキャスターを取り付けています。

実際はもう少し小さく、目立ちません。

IMG_1365.JPG

反対側から。

IMG_1360.JPG

ハンドルもブロンプトンのようなコンフォートなものです。上級スポーツの「M10」はフラットバーです。

シマノ・カプレオのシフターは初めて触りましたが、慣れないと今ひとつな感じです。でも初めて使う人には好印象なのではないでしょうか?

IMG_1363.JPG

折り畳み・・・・。途中までです。あと、フロントホイールのクイックリリースレバーを外すと、前輪が別機構によってフロントフォークから外れて、BD-1のように内側に折り畳まれます。

実際に見るとスゴイ機構です。

おそらく変形が中途半端だったので、シートポストが下まで降りませんでした。

折り畳み時間は、BD-1よりも確実に早いです。(慣れれば)

あと、試乗した際の問題点としては、この複雑な変形システムの為に、ブレーキワイヤーの取り回しが複雑で、制動力に問題があります。ずばり、ブレーキが利きません。

この点はメーカーも認めていて、日々改良が行われているとの事です。時速20km以上出すと危険かも。おしいですね。

しかし、我がFrettaの弟にぜひ欲しい一台でした。あと一年くらいすれば、もう少し熟成されてくるでしょうか?



あと、泥よけ付きというのがいいですね。シンプルで目立たないこのタイプのフェンダーがBD-1/Frettaにも欲しかったです。

アルミである必要はありません。樹脂で十分です。





この記事はあなたの役に立ちましたでしょうか?ポチッと応援をお願いします。

人気ブログランキングへ









posted by 太泉八雲 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ORi Bike・オリバイクM10
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40502151
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック