2010年09月09日

リクセン&カウル CO866 コントアーマックス スポーツ特集その壱

contourmax01_1.JPG
RIXEN & KAUL Contour Max Sports CO866

ロードのLEONARDOとMTB 29erのParagonのちょっとした小さな旅用の積載性能を欲すべく、いろいろと検討したうえで辿り着いたのが、リクセン&カウルのコントアーマックス・シリーズでした。

このシリーズに「ツーリング」と「スポーツ」の2タイプがあります。



悩んだあげくに最後に選択したのが「スポーツ」です。

デザイン的には上で紹介した「ツーリング」の方がカッコよくまとまっていますし、どちらかというと上のタイプが「スポーツ」で、私がチョイスしたのが「ツーリング」な気がします。

ちなみに諸元でいうと

コントアーマックス「ツーリング」が容量9Lで耐荷重3kg

コントアーマックス「スポーツ」が容量10Lで耐荷重3kg

と、1Lの違いで、耐荷重は変わりません。

contourmax01_5.JPG

このようにバッグ本体を保持する細いような太いような感じのフレームをベロクロとボタンでサンドイッチしているだけなので、耐荷重は変わらないのです。

カテゴリー的には「リアキャリア・バッグ」では無く、あくまで「サドルバック」の大きなやつといった感じで、新たなカテゴリーを設けるとすると「シートポストバッグ」なのです。

積載能力では、リアキャリアにバッグを装着するタイプの方がずっと上なのですが、今回は輪行時の手軽さを最優先したのです。

実は、リアキャリア&バッグとしてはTOPEAKのそれを所有していましたが、それをヤフオクに出して得た予算でこのコントアーマックスを購入しました。

contourmax01_2.JPG

このバックを購入するにあたって、できるだけ資料を・・・とネットをさまよい続けましたが、これぞという詳細なレポートや写真記事がありませんでした。

ので・・・これから買おうと思っている人のために連続シリーズでクローズアップ記事を書いていこうと思います。

実はこれを買うにあたって参考にさせていただいたブログがあります。
上海自転車野郎さんの、中国自転車生活【リクセン&カウルのシートポストバッグ】 コントアーマックス ツーリング徹底解説・連載シリーズです。

contourmax01_3.JPG

商品比較のために、写真構成も上記ブログに近いものにしています。

コントアーマックス・シリーズは本体とサイドバッグの構成になっています。サイドバッグの容量は小さくA4サイズの道路地図は入りません。

せいぜいA5サイズの観光ガイドといった所でしょうか?幅はありますので、衣料や食糧系を入れるのが良いでしょう。

カメラのレンズなど重量系のものを入れると、「ロの字」のフレームで支持・・・吊っているだけなのでバランスが傾くおそれがあります。

と、いうか耐荷重が3kgなので、その範囲ですが。

contourmax01_06.JPG

尻上がりになっていますが、後輪と干渉するおそれのある本体ならともかく、サイドバッグを尻上がりにする必要はあるのでしょうかね。

これで「スポーツ」なら、笑っちゃいます。というか、総容量の小さな「ツーリング」の方がサイドバッグの容量は大きそうに見えます。おそらくスポーツなのでしょう・・・・。

contourmax01_07.JPG

サイドバッグにはアウターポケットがあり、ちょっとした小物を入れる事ができます。輪行中のグローブなどちょうど良いですね。
これはツーリングにはありません。

と、思ったらあちらはジッパー付きでした。う〜ん。しかもあちらは中身が見えるメッシュ。

まあ、こっちの方が使い勝手がよいかな。う〜ん。

contourmax01_4.JPG

「ツーリング」に無いのが、このリアの3つ目のバッグです。スポーツは全部で4気室になります。

コンデジや財布など、頻繁に出し入れする小物を入れておくのに丁度良いかもしれません。

と、いうか、この3つ目のバッグに惹かれて「スポーツ」を選んだようなものです。

あとは上面の、ウィンドブレーカーやレインウェアなどを収納できるマルチネットですね。これも「ツーリング」にはありません。

やっぱり「ツーリング」と「スポーツ」の名称設定が逆なような気がします。



この記事はあなたの役に立ちましたでしょうか?ポチッと応援をお願いします。

人気ブログランキングへ






RIXEN & KAUL コントアーマックス ツーリング/スポーツの最安値をさがす >







<関連記事>

リクセン&カウル CO865 コントアーマックス ツーリング特集その四

リクセン&カウル CO865 コントアーマックス ツーリング特集その参

リクセン&カウル CO865 コントアーマックス ツーリング特集その弐

リクセン&カウル CO865 コントアーマックス ツーリング特集その壱

リクセン&カウル CO866 コントアーマックス スポーツ特集番外編

リクセン&カウル CO866 コントアーマックス スポーツ特集その参

リクセン&カウル CO866 コントアーマックス スポーツ特集その弐

リクセン&カウル CO866 コントアーマックス スポーツ特集その壱


posted by 太泉八雲 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(4) | 収納バッグ類& RIXEN & KAUL
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40618893
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

【リクセン&カウルのシートポストバッグ】 コントアーマックス ツーリング徹底解説(1)外観について
Excerpt: 水越峠に行く前に購入して何度か使用したリクセン&カウルのコントアーマックスツーリングであるけれど、今までこのブログでは全く紹介記事を書いていな かった。別に私ががんばって書かなくてもいいのかも知れない..
Weblog: 中国自転車生活
Tracked: 2010-10-12 23:13

【リクセン&カウルのシートポストバッグ】 コントアーマックス ツーリング徹底解説(1)外観について
Excerpt: 水越峠に行く前に購入して何度か使用したリクセン&カウルのコントアーマックスツーリングであるけれど、今までこのブログでは全く紹介記事を書いていな かった。別に私ががんばって書かなくてもいいのかも知れない..
Weblog: 中国自転車生活
Tracked: 2010-10-14 19:03

【リクセン&カウルのシートポストバッグ】 コントアーマックス ツーリング徹底解説(1)外観について
Excerpt: 水越峠に行く前に購入して何度か使用したリクセン&カウルのコントアーマックスツーリングであるけれど、今までこのブログでは全く紹介記事を書いていな かった。別に私ががんばって書かなくてもいいのかも知れない..
Weblog: 中国自転車生活
Tracked: 2010-10-19 02:17

【リクセン&カウルのシートポストバッグ】 コントアーマックス ツーリング徹底解説(1)外観について
Excerpt: 水越峠に行く前に購入して何度か使用したリクセン&カウルのコントアーマックスツーリングであるけれど、今までこのブログでは全く紹介記事を書いていな かった。別に私ががんばって書かなくてもいいのかも知れない..
Weblog: 中国自転車生活
Tracked: 2010-10-22 13:05