2010年09月10日

RIXEN & KAUL(リクセン&カウル) CO866 コントアーマックス スポーツ特集【その弐】

contourmax01_08.JPG
RIXEN & KAUL Contour Max Sports CO866

バッグをサドル1本で支持するアダプターです。

長さと角度の異なる2本のフレームが重量物を一点で支えます。

バンドは他のリクセンカウルのシートアダプターと共用で、別売りの大口径リングを使用すれば、BD-1/Frettaでも使用できます。

また、このアダプター自体が「アダプターアタッチメントパーツ CO861」として単体でも売っているので、一つのバッグを複数の自転車で共有する事もできますね。

自転車を乗り換える度に、いちいちアダプターを外して、移植する手間が省けます。



contourmax01_10.JPG

さて、いよいよ内部をご開帳〜です。

さすがドイツ製品らしい、質実剛健・・・というか極めてシンプルですね。フタは分厚いパッド入りですが、ポケットもなにもありません。

ちなみに「ツーリング」にはちゃんと裏にメッシュポケットが備わっています。

contourmax01_12.JPG

定番?の2Lペットボトルを入れてみました。

「おお、結構大きいのね」と思うか、「ええ。この程度?」と思うかは人それぞれです。ちなみに耐荷重は3kgをお忘れ無く。

やはり、一泊程度のツーリング・ポタリング向けですね。

contourmax022_02.JPG

一眼レフの望遠レンズも入れてみました。保護性は十分にあります。

contourmax01_13.JPG

さて、デジカメでも入れようかと思っていたリアバッグには、レインカバーが収納されています。

まあ、これは別の場所に移しても問題ないですね。というか移します。

contourmax01_14.JPG

このように、旅先で雨に遭遇しても、バッグだけはスッポリと養生します。

contourmax01_15.JPG

ひっくり返すとこんな感じ。

このシートポストバッグは、リアフェンダーの役割も兼ねているらしく、裏面はそれなりにしっかりした防水加工の造りになっています。

さて、次回は装着レポートです。

つづく。







この記事はあなたの役に立ちましたでしょうか?ポチッと応援をお願いします。

人気ブログランキングへ







RIXEN & KAUL コントアーマックス ツーリング/スポーツの最安値をさがす >






<関連記事>

リクセン&カウル CO865 コントアーマックス ツーリング特集その四

リクセン&カウル CO865 コントアーマックス ツーリング特集その参

リクセン&カウル CO865 コントアーマックス ツーリング特集その弐

リクセン&カウル CO865 コントアーマックス ツーリング特集その壱

リクセン&カウル CO866 コントアーマックス スポーツ特集番外編

リクセン&カウル CO866 コントアーマックス スポーツ特集その参

リクセン&カウル CO866 コントアーマックス スポーツ特集その弐

リクセン&カウル CO866 コントアーマックス スポーツ特集その壱



posted by 太泉八雲 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 収納バッグ類& RIXEN & KAUL
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40635052
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック