2010年10月25日

続・Selle Italia Max Flite Gel Flow です。

selleitaria02_05.JPG

Selle Italia Max Flite Gel Flowのパラ号への装着が完了しました。

ボテッとした印象のサドルでしたが、ごついMTBとのバランスで言うと悪くはありません。

selleitaria02_13.JPG

でも、やっぱりボテッとしています。

selleitaria02_08.JPG

まあ、この角度から見ても、車体とのバランスは良いと思います。

ただ・・・・

このサドルはシートポストを選びます。

Vanox Tubeと呼ばれるぶっといレール。

を、潰したような形状なのです。

selleitaria02_11.JPG

真円ではないので、先日買ったばかりのシマノプロ・コリャーク・シートポストには取り付けが出来ませんでした。

このサドルを取り付けるには、レールを上下から水平に挟み込むタイプの台座が必要なのです。

予期せぬ出費にとまどいます。

結局、新しいシートポストが届くのを待つしかありませんでした。

一応、2ウェイボルトのシマノプロPLTで、色はアイスグレーをチョイス。

フッ・・・

これで、さらに取り付けられなかったら、即売却を考えたものの、なんとか無事に装着完了!

selleitaria02_07.JPG

さて。待ちに待った、乗った印象はというと。

なんか、硬くね?

おそらく、スポーツ車とはほど遠いコンフォートさを求めていたような、我がお尻には「レーシー」なサドルでした。

でも、長く乗っているとこの硬さがちょうど良いのでしょう。

また、かなり大振りな印象のサドルですが、乗った感じでいうと、我がお尻には以外に小振りな感覚でした。

サンマルコのマントラのように、走行をサドルでコントロールする、といったような思想では無いようです。

ただし、このサドル。サスペンション効果はかなりGood Jobです。

selleitaria02_14.JPG

尿道の位置が、日本人と欧米人でどの程度違うのか、ほぼ同じなのかは分かりませんが、この真下を見れる大きな開口部。

マントラと同様に、雨の日には、ウォシュレット状態は間違いありません。

selleitaria02_12.JPG

後ろから見ると、やっぱり変な形です。

鶏のお尻。う〜ぼんじりだ〜。



この記事はあなたの役に立ちましたでしょうか?ポチッと応援をお願いします。

人気ブログランキングへ



 【SELLEITALIA】 セライタリア サドル MAX Flite GEL Flow MAXフライトGELフロー

 【SELLEITALIA】 セライタリア MAX Flite GEL Flow

価格:11,172円(税込、送料別)

タグ:サドル
posted by 太泉八雲 at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | サドル探しの旅路
この記事へのコメント
一番上の写真でペダルに付いている取り外し式のスタンドかっこいいですね。商品名を教えてください。また、このスタンドはバランスを崩して倒れたりしませんか?
Posted by のりパパ at 2012年07月19日 18:59
>のりパパさん

このスタンドは「TOPEAK フラッシュスタンド ファット」といいます。
http://blog.ichiro-ichie.com/article/40554349.html
に詳しく書いていますが、クランクといっしょに回るとバランスを崩して倒れます。はい。
撮影用としての目的以外にあまり実用的ではないかもしれません。長時間の駐輪には向きませんね。
Posted by 太泉八雲 at 2012年07月19日 20:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41485123
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック