2010年12月31日

ぶらり、2010-2011年末年始の旅その参・奈良から雪の京都へ

narapota3_01.jpg

2010年最後の日の奈良は朝から小雪が舞っていました。

今日は少し遅めの出発。

宿のチェックアウトもあるので、荷物をまとめて、寝床も片付ける。

荷物は宿に預けて、Frettaと共に奈良駅を「大和路快速」で出発します。

初日の大阪町並み巡りで大きな撮りこぼしを発見。八尾市の中心である八尾本町がそれでした。


たかだか1箇所だけなら、今回は割愛して無視すればよかったのですが、どうも気持ちが悪いうえに、おそらくは、もうこのエリアには当分のあいだ訪れる事はないだろう...と。そして町並み指数をしても十分に訪れる価値があるようでもあったからです。

narapota3_05.jpg

小雪が舞っているものの、昨日よりプラス1の装備であるせいでもなく、それほど寒さは感じません。

おそらく、いや確実に東京の方が寒い。無意味に寒い。東北の雪国から帰って来ても東京の方が寒く感じます。

八尾本町への訪問ですが、JR八尾駅ではなく、隣の久宝寺駅まで行きます。

「大和路快速」で奈良から約30分。八尾市の玄関口である(と思われる)八尾駅はなぜか快速が停車しません。中心部から離れているせいでしょうか、それとも近鉄に客を持って行かれているからなのでしょうか?

でも隣りの久宝寺駅から八尾本町までは距離にして約2km弱。まるで問題ありません。

びゅうびゅう風が強くなってきました。輪行袋が持って行かれそうになります。

寒風の中を走って、八尾本町にはあっという間に着いてしまいました。

まずは近鉄八尾駅前の八尾本町。アーケードの商店街の周辺にも古い商家や土蔵が多く散見されました。続いて、八尾発祥の地でもあるかつての中心地、東本町二丁目界隈へ。さすがは河内木綿で栄えた町。かつての問屋だったのでしょうか、重厚な構えの旧家が数多く見られました。

narapota3_02.jpg

その中でも本命であった大和造りの茅葺き商家建築。和菓子の「興兵衛桃林堂」の現役の店舗で建物はもちろん指定文化財です。

が、なんと茅葺きの葺き替え工事中でした。滅多に見られるものではありませんが....撮影が....。残念。

それでも、予想以上の収穫に満足して八尾を後に。帰り道の途中に初日に訪れた寺内町の久宝寺へ再度寄りました。太陽光の関係でろくな写真が撮れなかった為の再撮ですが、初日に見落としていた路地や建物も発見出来て収穫は上々。

やっぱり太陽の低いこの時期は曇天に限ります。特にコントラストの大きな古い町並みは。

narapota3_04.jpg

そして大阪南部の目的は完了したので、奈良へと戻りました。今日この後奈良を発つのですが、あまりに名残惜しすぎました。宿泊に選んだ宿も思いのほかよかった。できる事なら滞在を延長したかったのですが、京都の宿も予約済みでキャンセル料も発生するため、泣く泣く奈良を後にすることに。

小雪はボタ雪へと変わり、本降りになってきました。奈良の空も泣いている〜。

時刻はまだ正午前だったので、最後にならまち界隈を散策します。でも大晦日なのでほとんどのお店がお休みです。
町の東端である高畑町へと足を伸ばしました。しかし目的の酒蔵もお休み。それでも高畑町の再撮はなんとか収穫がありました。

narapota3_19.jpg

そして、すっかり冷えた体には暖かいスイーツ....と、いうことで。

宿の主にぜひ!とオススメいただいた一丁焼き(鯛焼き)の「こうたろう」へと。地図をいただいたが、本当に知る人ぞ知るといった隠れた名店です。が、地図の場所らしき場所にたどりつくも、一向にその店が分からない....

なんどか行き来して、地図の場所らしい古民家の前で惚けていると、その民家の窓から声を掛けられて初めてそのお店である事を認識します。見てみれば、店の入口には”たい焼き”らしい看板が...さらに「こうたろう」と。

奈良町界隈には「たい焼き」店がいくつかあるのですが、宿の主に是非とばかりに勧められたのは、このお店の店主が実は自転車乗りだったからです。

narapota3_11.jpg

私の乗っていた自転車も「あれ、BD-1?」と一発で。(実はBD-1のOEMでFrettaと言うのですが...)
その話しをすると、なんと店主も以前同じく初代BD-1のOEMであるプジョーブランドに乗っていたとの事。

さて、肝心の一丁焼きことたい焼きは注文を受けてから焼き始めるので、待ち時間は約10分。昔ながらの鋳物のたい焼き器を、五徳の上で火花を散らしながら何度も返していく。しかし、すっかり自転車話しに華が咲いてあっという間に焼き上がり。
narapota3_13.jpg

このお店では普段はパンも焼いているそうです。また店主が独断でセレクトした書籍販売もしていて、店の壁に陳列されているのですが、さすが自転車関連本が大半を占めています。

焼きたてのパリパリとした小振りな一丁焼き(たい焼き)を頬張っていると、あっという間に狭い店内は客で溢れかえってきたので、店主に別れを告げて店を後にします。

narapota3_06.jpg

高架になり、近代的な駅舎に生まれ変わった奈良駅の前に保存されている旧二代目奈良駅。実はもとあった場所から18mも曳家されたといいます。今は奈良市総合観光案内施設になっています。

narapota3_09.jpg

そして、猿沢池ともお別れ。

奈良町は古い町家の残る町並みがミニマムに凝縮されていて、本当に楽しい町です。過去に何度も訪れていた為に、今回は大阪探訪の拠点としての滞在でしたが、小雪が舞う中、このミニマムな町は数日滞在してこそ、その良さを再認識できると確信しました。よって、またいずれ訪れたいと思います。もちろんその時は町家宿に連泊です。

さて、奈良を後に京都へ向かいます。

最初は小雪が舞う程度でしたが、城陽市をすぎたあたりから本降りになってきました。さらに宇治川を超えて伏見に入ると、そこはもう「雪景色」。やばいくらいに雪が積もり始めていました。

真っ白な京都駅に着くも、本日からおせわになる宿までは距離があるので、しぶしぶ自転車を展開して漕ぎ出しました。

歩道には雪が積もっているので、雪の無い車道を走るも、突然の吹雪に京都市内の幹線道路は麻痺状態で大渋滞。車列はほとんど動きません。交差点も入り乱れて麻痺しています。こういった状態でしから側道ですら自転車が通る隙間もなく、吹雪はより一層強くなっていく中で、裏道を恐々としながら走りました。

narapota3_26.jpg

先日交換したA-CLASSリムにツルツルのパナレーサーのミニッツライト。ドライな路面では軽快ですが、こと雪道ではママチャリよりもグリップしませんね。マジで怖かった。20kg近い巨大な荷物を背負って、ボリショイサーカスの熊のような姿で走りましたが、ついに手押しに....。

そして、なんとか五条清水にある宿に辿り着いたのです。


この記事はあなたの「旅」の役に立ちましたでしょうか?ポチッと応援をお願いします。

人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
雪の中を京都までお疲れ様でした。
さぞ大変でしたでしょうがあまり見る事が出来ない
古都京都の雪景色を見る事が出来たのもラッキーでしたね。
今度は、ゆっくりと奈良へお越しくださいね。
では、明日以降もお気をつけられて良いお年をお迎えくださいませ。
Posted by タカやん at 2010年12月31日 20:04
タカやんさん

昨年はお世話になりました。奈良へはまたいずれ訪れたいと思います。明日香や山の辺の道などを自転車で走ってみたい。

奈良で泊まった宿には奈良のサイクリングマップが沢山ありました。

もう少し暖かくなってからですかね。
その時はまたぜひよろしくお願いします。
Posted by 太泉八雲 at 2011年01月01日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42328587
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック