2011年01月11日

ATLAS ASG-CM21・スピード&ケイデンスセンサーを設定してみる

atlas_ant1_07.jpg

さてさて...

ASG-CM21のスピードセンサーOP-ANTSP01とケイデンスセンサーOP-ANTCA02のペアリング設定を行います。(実際のところは前回のハートレートモニターOP-ANTHR03のペアリング設定の際に、いっしょにやってしまったのですが...)


atlas_ant1_06.jpg

スピードセンサーもケイデンスセンサーも全く同じ筐体をしています。違いは表記とマグネットの形だけ。取付位置は通常の自転車(ロードやMTB)であれば両方とも後ろのチェーンステー付近に装着するようです。

もちろん、スピードセンサーなどはフロントフォークに付けても問題は無いと思いますが。

atlas_ant1_08.jpg

スピードセンサーOP-ANTSP01

マグネットの形状は一般的なスピードメーターのそれと同じですが、奥行きというか長さがありますね。またスポークへの取付はプラスドライバーが必要です。遠心力や衝撃でマグネットが違う方向を向いてしまうことへの対策でしょうか?それとも特許とかの問題があるのでしょうか。

atlas_ant1_05.jpg

ケイデンスセンサーOP-ANTCA02

ケイデンスセンサーのマグネットは非常にスリムで一見それとわかりずらい形状をしています。このマグネットを結束バンドでクランクに縛り付けます。

台座部分は両センサー共に固定式となっています。

atlas_ant2_02.jpg

設定画面へのアプローチ方法はハートレートセンサーの時と同じです。

まず、本体左側の設定ボタンを「軽く1回」押します。

そして一番下の設定モードから入ります。

atlas_ant2_03.jpg

つづいて、一番下の「自転車設定」を選択。

atlas_ant1_09.jpg

ケイデンスセンサー、スピードセンサーそれぞれのスキャンを開始します。

の、前に。

やっぱりここでも、センサー自体を「起こさなくては」いけません。

付属のマグネットを使って、センサー部分をいじります。

マグネットをセンサーに当てて動かすと、中でカチャカチャ音がします。おそらくセンサーの原理としては、磁石でセンサー内の金属歯車のようなものが動かされる事によって動きを感知するのでしょう。

ペアリング設定は1つ、1つ単独でしか行えません。

「スキャン」を押すと、数秒でピッと鳴って、「○○センサーを検出しました」と表示されました。

atlas_ant1_10.jpg

スピードセンサーを検出すると、今度はその下に「タイヤサイズ」の設定ボタンが現れます。ここでタイヤ周長を設定するのですが、さすが大画面だけあって(普通のサイクルコンピューターと比べて)タイヤ規格と周長率が一覧で表示されます。

これにはちょっと感心。便利ですね。


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

人気ブログランキングへ




<ATLAS ASG-CM各モデル>
ユピテル ATLAS ASG-CM12★最新ファームウェア+2GBカード付き

ユピテル ATLAS ASG-CM21★ANTセンサー対応モデル

ユピテル ATLAS ASG-CM21★ANTセンサー対応モデル★限定ハッピーライドセット★スピード・ケイデンス・心拍センサー全部付き

posted by 太泉八雲 at 06:17| Comment(2) | TrackBack(0) | GPSの旅 GARMIN/ATLAS/ゴリラ
この記事へのコメント
 こんばんは〜無事、京都から帰られたようで何よりです。縦横無尽に古い
町並みや酒蔵を見られたとか。私も急に思いたって3連休に東京に行きました。残念ながら当日の昼に行こうと決心したためほとんど下調べができませんでした。高速バスにtikitを載せて
横浜に行き、初日は三浦半島を江ノ島から横須賀市内まで海に沿ってまわり
2日目は東京湾フェリーで久里浜から
金谷にわたり、南房総の館山周辺を
まわりました。3日目は東京都心部の
スカイツリー周辺と柴又と浅草と上野公園をみて、帰りも高速バスで帰りました。節約して往復のバス賃は7800円、宿も安いビジネスホテルを利用して1泊4800円でした。
奮発したといえば、城ヶ島近くの三崎
港でまぐろの定食を食べたことと、銀座でお鮨屋さんに入ったことです。
自転車ですが、リクセンカウルでザックをシートサドルに装着しましたので
背負うことは少なかったですが、何分
重心がかたより、強風も伴って転倒
すること数回。折りたたみ機構も調子
が悪くなりました。何より寒さのせいで右膝が途中から痛くなり、今も続いています。3日間で150kmぐらいの走行距離でした。
Posted by さすプー at 2011年01月12日 21:51
さすプーさん、お疲れ様です。膝のほうは大丈夫ですか?私以上に強行軍ですね。

以前教えていただいた京都のラーメン店のいくつかはすでに訪問済みでしたが、残りのお店は正月休みに入っていて今回は制覇できませんでした。

Frettaなどの18インチクラスの小径車でも、リアキャリアシステムは走行性能を大きくロスさせますが、tikitではさぞ難儀したでしょうね。

今回、やはり近いうちに奈良を走って見たいと再認識しました。やっぱり西日本はよいですわ。またよろしくお願いします。
Posted by 太泉八雲 at 2011年01月12日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42499835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック