2011年01月22日

ORi Bike(オリバイク)2011年モデルを見てみる・Part1

origuide.jpg

日本橋にある小径車専門店でORiBike(オリバイク)の2011年モデルのカタログをもらってきたので、少し中身を紹介してみようと思います。

基本的に2010年モデルとラインナップもスペックも変わりません。
(小改良は行われているかも知れませんが....)

ブロンプトンとBD-1を足して割ったような感じの、このOriBikeはまさにそれを狙ったもの。ブロンプトンのコンパクトさとBD-1のようなスポーツな走り。よりコンパクトに折り畳むには本体フレームに折り畳み機構を設けるのが手っ取り早いのですが、それをやるとどうしても剛性が落ちて走りに影響する。そこで独特にオフセットした形状のハンドルとフロントホイールを外す斬新な機構が考えだされたようです。

Ori-oritatami2.jpg

元F1レーサーでMTBのデザインを手がけるジョン・ホワイト(John Whyte)氏によって設計されたこの自転車の故郷は、ブロンプトンと同じ英国です。販売会社はATB sales社で、本国では「MEZZO」というブランドで販売されています。
「折り紙」から命名された「ORiBike」というブランドは海外展開用のブランドのようで、日本では金澤輪業が総代理店となっています。

Bd-1同様に本国では日本に無いランナップ、また逆に日本だけのモデルもあります。今回と次回で2回に分けて日本で販売されているORiBikeのモデルを見ていこうと思います。ちなみに2011年モデルの発売は4月ごろだそうです。

ORiBikeは大きく分けて、スポーツモデルの「モノコックフレーム」とアーバンライドな「クラシックフレーム」という2カテゴリのフレーム形状に分かれてそれぞれモデル展開をしています。今回は「モノコックフレーム」です。


Ori bike Mi8 CITY


119,000円(税込)

重量12.1kg(ペダル含まず)
oriM8u.jpg

ORiBikeモノコックフレームのベーシックモデル。内装8段変速のシマノ・ネクサスプレミアムハブを組み込んでいます。

oriM8.jpg
昨年では外装8段変速のORiBike M8がありましたが、2011年モデルからは内装8段になって”CITY”というサブネームが与えられたようです。またカラーリングも「マットブラック」1色だけになりました。


Ori bike M9


119,000円(税込)

重量11.2kg(ペダル含まず)
oriM9.jpg
こちらもORiBikeモノコックフレームのベーシックモデルですが、Mi8よりもスポーツ仕様に、重量も約9g軽くなっていますが価格は据え置きです。SRAMの外装9段変速にシマノ・ティアグラの組み合わせです。色は3色。


Ori bike M18


129,000円(税込)

重量11.5kg(ペダル含まず)
oriM18.jpg
M9をベースにフロントをダブル化(53−39T)して18速仕様となったモデル。この手の折り畳み自転車では快挙とも言えます。それでいて重量はわずか3g程度の増加。さらに価格は1万円だけしか上がっていません。フロントはシマノ105です。
ただし、フレームがアルマイトから塗装になっています。このへんでコストダウンしたのでしょう。(カタログでは”華麗なイメージ”とうたっていますが... )


Ori bike M10 SUPERLIGHT


129,000円(税込)

重量10.4kg(ペダル含まず)
oriM10.jpg
アルミモノコックのフラッグシップモデルです。外装10段変速にシマノ105を贅沢におごったスポーツ仕様。制動力を向上させるために、リアブレーキはミニVブレーキに換えられています。また”SUPERLIGHT”というサブネームを与えられているようにホイール、ハンドル、サドルなどは軽量パーツに変更。リアキャリアとフェンダーは無くなりました。
タイヤはシュワルベ・マラソン37-349。サドルは新機構iBEAMが導入されました。


Ori bike SURPAZ CR87


350,000円(税込)

重量8.7kg(ペダル含まず)
oriCR87.jpg
ORiBike最上級フラッグシップモデルです。ついに”ここまでやるか”という待望?のモデルでなんと折り畳み小径車でフルカーボンモノコックを実現しました。ホイールは20インチとなり、ハンドル周りもまったくの新設計です。しかし折り畳み機構は同じです。だってORiBikeですから。価格も最上級。


次回はクラシックフレームモデルを紹介していきます。

この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

ところで、一番最初の画像の2011年カタログの後ろに、”OWNERS MANUAL”らしき冊子が見えますが・・・


ORiBike日本代理店・金澤輪業web shopきらきらサイクル・楽天市場店

posted by 太泉八雲 at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ORi Bike・オリバイクM10
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42781828
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック