2011年01月25日

ORi Bike M10(オリバイク・エムテン)を買って(しまった)みた

oribikeM10_05.JPG

我が家にあたらしい相棒がやってきました。

赤いORiBike M10(オリバイク・エムテン)SUPERLIGHTです。

昨年末に悩みに悩んだ末に契約してしまいました。日本橋のLOROに残る最後の1台。

ある意味一目惚れってやつでしょうか? 

まだまだ改善の余地がある自転車ですが、2度の試乗で”単なる色ものではない”と確信が持てたのと、何度も触れているうちに”完璧”でないところも魅力にすら感じてきました。

oribikeM10_02.JPG

何よりカッコイイ....それに、あまりにアルマイトのレッドが美しかったものですから。

それに、マイナーなORiBikeの中でもさらに数の少ないM10です。ある意味で人柱根性がでてしまった点も否めませんが。

だって、あまりにネット上にORiBikeの情報が少なすぎでしたから、他人のインプレを見ようにも皆無の状態で、だったら買ってみるしかないかな?とか。

しかも、メーカー在庫は無し(輸入代理店の金澤輪業)、2011年モデルの入荷は4月とか5月とか。日本国内にあるM10はおそらくこの店に展示してある最後の1台だけ...とあってすっかり飢餓感を煽られました。

まあ、しかし主力モデルのM9しか無かったらこのような事態にはなりませんでした。

それにしても本当にキレイな自転車です。

そして本当に良くできた自転車でした。

oribikeM10_07.JPG

折り畳み自転車を2台もいるのか?とも思いましたが、Bd-1オーナーの中には初代、2代目モノコックと複数台所有している方も沢山いらっしゃいますし、Bd-1とBromptonという”性格の少し違う”2台を所有するのは、もはや小径車オーナーではメジャー(?)な行為となっている(ような気がする)のは定説です。

まあ、小さな子供が良く言う「みんなもっているし〜」のあれに近いかも。それに、買ってみたものの、結果今ひとつであれば、売ってしまえば良いだけの話しで。場合によっては逆にFretta(Bd-1)よりも遥かに勝っているのであれば、Frettaを里子に出すことすら正直考えました。

実は部品待ちの状態であったので、納車はすぐという訳にはいかず、1週間ほど待ったのですが、やっと店から納車準備完了の電話が入ったので、その翌日、仕事を終えたあとに輪行袋を持参で日本橋に足を運びました。(もう週末まで待てなかった)

Oribike124_07.JPG
オプションでサイドスタンドを付けましたが、通常の駐輪時はBromptonと同じようにリアを畳みます。ただし、リアキャリアと幅広いキャスターが付いているM9に比べると安定度は低いですね。

お店で受け取りの手続きを終え、一通りの取り扱いのレクチャーを受けたあと、輪行袋に詰め込んで店をあとに。やっぱりBd-1よりも一周り小さいですね。重さもBd-1とくらべるとだいぶ軽いですが、地下鉄の階段やエスカレーターを上り下り、長い地下通路やホームを担いで歩くと、やっぱり少し重いです。でも塊感があって運びやすいです。

帰宅ラッシュの中でのヒンシュクを出来るだけ避けるために、帰りは極力乗客の少ない路線と電車の車端部を選んで、それでも”ちょっとだけ”肩身のせまい思いをしながらも、なんとか自宅の最寄り駅まで辿り着きました。
ここからタクシーを拾って帰る事も検討しましたが、ORiBikeを展開する事を決意。恐る恐るレクチャーを思い出しながら折り畳みを解きます。

Bd-1とちがって、カチッ、カチッと各部がしっかり固定されるのが気持ちが良いですし安心感が違います。走り出すと軽い出だしにビックリ。またその加速性能と速さに2度びっくり。過去に2回試乗したORiBike M9とはまるで別物のようでした。当初はあくまでポタリング専用車かな?と思っていましたが、これは十分”旅”にも使えますよ。ハンドル形状が独特なので、最初は少しふらつきましたが、慣れると見事なものです。走れば走るほど、目からうろこ。

Oribike124_06.JPG

と、いうわけで。

しばらくは、このORiBike M10の詳細をZOOM UPしてレポートしていこうと思います。

この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓ ↓
人気ブログランキングへ

ORiBike日本代理店・金澤輪業web shopきらきらサイクル・楽天市場店



posted by 太泉八雲 at 07:41| Comment(4) | TrackBack(0) | ORi Bike・オリバイクM10
この記事へのコメント
 ORIバイクいいですね。
アルマイト加工に10段変速。
ブロとBD-1のよいとこどりをした
感じがします。
折り紙の発想からと聞いたことが
あります。変速機はシマノのよい
ものがついてるのでしょうか。
フロント2枚があればもっといいの
ですが。
長野県の村山自転車?も国産で独自
の折りたたみ自転車を開発しています。コンセプトの一つに、折りたたむ
と荷台がイスになるというもの。
座布団をひいて、電車でマイイスと
いう使い方もできたりします。
BD-1の加茂屋さんの輪行セットなど
ご存知ですか?セキサイダーと違って
スポーティさを失わなかったり、
折りたたんだときに前輪をしっかり
固定できたりするツールがあるそう
です。
Posted by さすプー at 2011年01月26日 23:46
さすプーさん

ORiBikeいいですよ。M10のコンポーネンツは105・XTクラスのものがついています。
これで、この金額は安いですよ!
詳細は追ってレポしていきますが、とにかくスゴイ自転車です。

フロント2枚モデルもありますよ。色がちょっと・・・ですが、このアルマイト色なら買いでしたね。

大阪の賀茂屋さんはいろいろ作っていますね。輪行セットも存じています。

長野県の村山自転車MC-1ですか。なるほどいろいろ日本も頑張っていますね。
Posted by 太泉八雲 at 2011年01月27日 06:40
オリバイク(#^.^#)カッコいいです。僕もM10購入検討中です。いろいろな情報とても参考になります(^ー^)ノ
Posted by しゅう at 2012年05月24日 12:02
>しゅうさん

ORi Bikeは数が少なくM10はさらに稀少ですが、良い自転車なのでぜひオススメです。お好みの色が手に入るとよいですね。
Posted by 太泉八雲 at 2012年05月25日 06:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42872029
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック