2011年02月02日

ORi Bike M10にRIXEN & KAULを着けてみる

M10withrixenkaul_01.jpg

ORiBike M10のクローズアップは少しお休み。どんどん「実用化」の為の手が加えられていって、その姿が変わりつつあるので先にカスタマイズの方を紹介していきたいと思います。

「旅」「ポタリング」「ツーリング」仕様には欠かせない積載機能の追加は、我がFretta(Bd-1)でもお馴染みのリクセンカウル化です。このあたりはFretta仕様のものと互換性があるので共有できて安心。

まずはフロントステム部にCR851 CADDYというショートアダプターを着けました。
ORiBikeのハンドルポストは手前に傾斜していますが、それが意外にもフロントバッグには使いやすいかも(?)
ハンドルが丁度バッグ分だけオフセットしているので、バッグが”その上”に乗って安定しています。実際にハンドリングに影響するかどうかは、まだ遠出を行っていないので追ってレポしたいと思います。

フロントには「リクセン化」したTOPEAKのフロントバッグを取付けます。

<過去記事>TOPEAK を RIXEN化

M10withrixenkaul2_01.jpg

シートポストにはこれまた定番のコントアーマックスを取り付けてみました。

まずは、CO865 コントアーマックス・ツーリング。

M10withrixenkaul2_02.jpg

続いて、低重心のCO866 コントアーマックス・スポーツ。

M10withrixenkaul_02.jpg

コントアーマックスを取り付ける為のアダプターは、その名も C0861 コントアーマックスアダプター。

輪行用に”リクセン・クイック化”をしています。

ちなみに、アダプターリングですが、OriBikeのシートポストは31.6なので、Bd-1のように大型リングを買う必要はありません。標準品でいけます。

<過去記事>リクセン&カウル CO866 コントアーマックス スポーツ特集・番外編

M10withrixenkaul_04.jpg

同じく”リクセン・クイック化”をしている、CK810 シートポスト・エクステンダーも着けてみました。

<過去記事>CK810シートポスト・エクステンダー RIXEN Quick

M10withrixenkaul2_03.jpg

そして、KM830フリーパック・メタ2です。ん〜、一気に実用車っぽくなって来ました。

<過去記事>フリーパックメタ2(リクセンカウル)


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

posted by 太泉八雲 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ORi Bike・オリバイクM10
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43140381
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック