2011年11月11日

秋支度・SKINS(スキンズ) PROコンプレッション レッグ&アームスリーブこれはスゴイ!

skins_01.JPG

サイクルウェアにおいて、冬支度と夏支度は意外に簡単ですが、春支度や秋支度は意外にも悩ましいものです。

気温が中途半端な上に、早朝と深夜及び日中の気温の格差。

日によっても気温の差は夏と冬を行ったり来たりで、こればかりはレイヤー対策(薄手を重ね着)で対応するしかありません。

そんな中でも比較的に暖かい日。早朝から太陽の出る日中にかけて走る日などは、ベースウェアを夏物にした上で、上半身はベストやウィンドブレーカーを用いたレイヤーコーディネート。

でも、わたくしは夏物と言えば、半袖にビブショーツしか持っていません。あえて、ロングタイツを買うべきか否かを考えた上で、気温の変化に柔軟に対応するには、ショート丈の上下に腕と脚のスリーブ(もしくはウォーマー)の組み合わせがベストかな?と。

skins_02.JPG

で、最初は無難かつコストパフォーマンスの高い、パールイズミのアーム&レッグのカバー(薄手)ないしウォ−マー(厚手)を検討しましたが、たまたま余所のブログでSKINS(スキンズ)のアーム&レッグスリーブが良いという記事を目にしまして、調べてみる事にしました。

SKINSといえば、言わずと知れたコンプレッションウェアの大御所です。

コンプレッションウェアとは一口に言うと「圧迫」や「圧搾」の事で、適度な締め付けで体を包み込んで筋肉をサポートする機能を持ったウェアの事をいいます。この締め付けで必要のない筋肉の振動を抑制して筋肉の疲労を軽減し、筋感覚を調整して集中力を高め、さらにスタミナを向上させパワーアップの効果を発揮する運動支援を行うスポーツ科学の結晶とも言えます。さらにさらに血流をスムーズにして、むくみを抑制し疲労から素早く回復させ、またまた乳酸や老廃物の除去を促進する効果をうたっているメーカーもあります。

主なメーカーでは「アンダーアーマー、CW-X、インナーマッスル、バイオギア、C3fit、SKINS、4DM、2XU」などが知られています。

skins_03.JPG

そんな中でも自転車ウェアを展開している2XUとSKINSで、今回はSKINSをチョイス。

パールイズミ(の格安店)と比べて倍近い調達価格となりますが、単なるウォーマーとコンプレッション・スリーブの差を検討に検討を重ねた結果、機能性重視でSKINSの決定に至ったのです。

結構長い道のりでした...。

気がついたら、「立冬」が訪れ、暦の上ではもう冬です。

さっそくポチをして、物が届きました。かなり立派な箱に入っています。取っ手にまでこだわりが見え、丈夫な箱は小物入れなどに再利用出来そうなくらいです。ウェアのパッケージは簡単に剥がす事ができます。

う〜ん。

skins_07.JPG

まずは「SKINS(スキンズ) PROメンズコンプレッション アームスリーブ

メーカー曰く、「ダイナミックコンプレッションが筋ポンプ作用を高めパフォーマンスを向上」とか。

skins_08.JPG

袖口のずり落ち防止のラバーも「点」配置でこだわりが見えます。

skins_10.JPG

SKINSは欧米人の体型で作られているので、標準的な日本人の体型ではかなり大きなサイズ展開となります。

身長170cmクラスの日本人の体型であれば、何とサイズは「S」となります。

しかし、華奢な体つきのわたくしにも、アームスリーブに関して言えば「S」はちょっと小さいかな?と。
コンプレッションウェアの締め付けを考慮に入れたとしても、やっぱり小さいかな...。

そこそこ運動をしていて腕が標準的に太い人は「M」が良いかもしれません。

ただし、丈は余ります。

skins_12.JPG

続いて「SKINS(スキンズ) PROメンズコンプレッション レッグスリーブ」です。

こちらも「ライディング姿勢に合わせた立体裁断とダイナミックコンプレッションが筋ポンプ作用を高め、さらにUPF 50+が紫外線への予防効果を発揮」するという、うんちくずくめで何かスゴイ感じ?

skins_13.JPG

レッグスリーブの方は「S」サイズでピッタシです。

最近頻繁に走っているので、脚が細くなっているせいもありますが、標準的な日本人の体型では、やはり「S」サイズなのでしょう。

しかしこれ。やはりSKINSのコンプレッションウェアです。ロングライドでも疲れ知らずです。

普段の仕事帰りの夜錬で、軽い食事の後にちょっと負荷を掛けて、30〜40kmのライドを行っている途中で、スタミナが切れ始めているのをダイレクトに感じますが、不思議と脚や腕の疲労は無く、そればかりか、前へ前へとライディング及びペダリングをサポートしてくれるのです。

本当に疲れ知らずで、さらに前へ進もうとパワードスーツの様に身体を支えてくれるウェア。やっぱり普通のアーム&レッグウォ−マーにしなくて正解でした。

skins_15.JPG

正直、これはスゴイです。


ロングライドで腕も脚も疲れ知らず。

ただし...、やはり裾は余ってしまいます。

ある意味「アジア・モデル」の販売を期待すると共に、拙に願います。


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ


ちょっと、お高いSKINSですが、今なら20%OFFに、ポイント10倍でお買い特です。







posted by 太泉八雲 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェア・メット・シューズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50260902
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック