2011年12月03日

デアゴスティーニ週刊「江戸」第96号「朝敵、徳川慶喜 ─鳥羽・伏見の戦い」が届いた

shukanedo01.JPG

今日はちょっと自転車ネタではありません。


今年もついに師走に突入。のこり一ヶ月という事でちょっとブレイク。

控えているネタはまだまだあるのですが、今日は趣向を変えてね。

って、いうか。もともとこのブログは自転車ブログではなかったのですよ奥さん。

今日はたまたまある雑誌が届いたので、それに燗するお話を。


デアゴスティーニ 週刊 江戸 第96号
─朝敵、徳川慶喜 ─鳥羽・伏見の戦い─


で、この雑誌が何か?って事ですが。

実はこの雑誌にわたくしの写真が”ちょっとだけ”掲載されています。

shukanedo02.JPG

思えば、今年の夏頃に雑誌の制作会社から写真提供のご相談に関するメールがあり、有名な雑誌という事もあって快諾しました。極めて小さな「コマ」写真としての使用なので無償です。

まあ、無償なのですが、きっかけが、わたくしのHP、そう本家である「一路一会」にご訪問いただいた事であったので、当初はHPのURLの掲載でもお願いしようと思いましたが、文字数に制約があるという事で、「一路一会.com」と記載をお願いしました。まあ、日本語URL登録はしていませんが、これを打ち込めば真っ先に当方のHPが出てきます。

日本全国を旅していて、人の撮らない町や集落の写真、地元の役所や観光協会すら撮らない町の写真を撮影して膨大なストックがあるところに、ときどきこうした相談のメールが来る訳です。

その多くは、大学や地元ボランティア団体、サークルなどばかりなので、みな無償で提供しています。
(まあ、お金の取れる写真かどうかは別として)

特に今年の震災以降は、町そのものが消滅した三陸の「陸前高田市」や「気仙沼市」に関する震災前の写真を求める問い合わせが多く寄せられました。

ただ...それ以外に多いのがテレビの制作会社からの資料及び写真提供依頼ですが、これらがハッキリいって質が悪い。

最初は低姿勢でまったく面識の無い相手に対して物を頼む態度で始まりつつも、やがて

「時間が無いので早く送ってくれ」「いついつまでに...」

とせかしておいて、その後は一切連絡も無し。感謝の連絡も無し。いつ放送されるかの連絡も無し...。
一応全国ネットのキー局のゴールデンタイムに放送される人気番組ばかりなのですがね...。

あきれるばかりです。

そこへ行くと出版系は前後も共に「まとも」です。事後の対応もしっかりとしています。

ほんと「また、いつでも相談くださいね」と言う気持ちになります。
こうして本も送ってきますしね。

仕事への責任感、プロ意識というよりも社会人としての礼儀というものがあると思いますが、テレビの制作会社は所詮下請け的な意識しか無いのでしょうかね。それが、最終的にはテレビ局本体、強いてはスポンサーの評判につながるのですが。
問い合わせをしてきているのが、フリーの制作かAD、またはリサーチャーかどうかは分かりませんが、マスメディアの一旦を担うものとしてもう少し「常識」を身につけてもらいたいものです。

愚痴ってしまい申し訳ありません。
まあ、今日も朝から大雨でどこへも行けずに家でダラダラと過ごしています。




この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ



興味のある方はぜひ↓


posted by 太泉八雲 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51345701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック