2011年12月11日

ぶらり、MAVIC Ksyrium Elite(マビック・キシリウム エリート)にコンチネンタルGP4000sを履かせて走ってみた

akinoleonard_13.JPG

マビック・キシエリのラチェット音ですが、思ったよりも爆音ではありませんでした。

漕いでいる時もずっと静かな音が響いていますが、ペダリングを止めた時に発する音も少しボリュームが大きくなったような程度で、ちょっとホッとしました。それでも、馴らしの距離が伸びてくると、すこしづつ音が大きくなってきているような気もします。

コンチネンタルのGP4000Sですが、最初は軽快な走り出しだったものの、表面が一皮剥けてくると、だんだんと粘りが出てきました。グリップが出てくると同時に漕ぎ出しが重くなる。漕ぎ出しが重い事で知られるマビック・キシエリのインプレはここから始まり、といった感じです。

25Cというタイヤのおかげで、荒れたアスファルト上でも振動を和らげてくれるので、剛性の高いキシエリでも今のところ苦ではありません。

時速25〜30kmくらいの速度域からの反応の良さ、加速の良さはさすがですが、ちょっとペダリングを止めるとどんどん速度が落ちてきます。やはりハブの玉あたりの調整が必要でしょうか。それともタイヤの太さによるものでしょうか?


MAVIC4imp_17.JPG

今回選んだ25Cというタイヤサイズですが、意外にも細いタイヤの方が転がり抵抗が小さいと思われがちです。感覚的にそう見えるのですが、実はある程度接地面積が大きい方が単位面積あたりの荷重が減るのです。これを面圧とも言うそうです。

理論的には「タイヤは太くなればなるほど転がり抵抗は減る」という事で、接地面積が大きいと接地面でのタイヤ変形が穏やかになり、それに伴う抵抗も少ないからというのがその理由。

しかし、これもあくまで理論上のはなし。しかも前提は巡行時においての数値比較で、ストップ&ゴーは対象外。タイヤも太ければ良いというものでなく、太すぎれば重量増を招いて、肝心の高速巡行時も空気抵抗が大きくなってしまう。

なので、ロードバイクにおける推奨サイズはやはり23C〜28Cあたりと言うことになります。レースやヒルクライムなどでは少しでも軽量な23Cがベストですが、週末のイージーライドやロングライドでの使用では、25Cが最もバランスが良いといっているタイヤメーカーもあります。

akinoleonard_04.JPG

さて、ホイールにGP4000Sを装着して、まだ空気圧が低い状態でレオ号に組み付けた時に見たフレームとのクリアランスは十分余裕だったので、そこで安心していましたが、適正な空気圧を入れた状態でそのクリアランスを見たのは撮影を行った今日が初めて。



魚魚!!(ぎょぎょ)

sakanakun.jpg

魚〜!!(うお〜!!)



く、クリアランスが1mmしか無〜い。


これはもしかしたら、走行中に擦っているかも...。

akinoleonard_10.JPG

やはり、OPERA レオナルドはレースに特化したフレームだったか〜!!

やはり、ロングライド用のフレームが必要かも....

公務員宿舎のように、一度凍結された計画が年明け早々復活するような兆しも・・・・

akinoleonard_03.JPG

秋晴れの日曜日ですが、煩悩という名の木枯らしが吹いて、少し身震いしたので、軽く流して家路に着くことにしました。
とりあえず、今のレオ号でマビックのキシリウム・エリートに乗るには、タイヤを23Cに下げなくてはいけません。

う〜ん、年内の支出はもう落ちついたと思ったのに...。

(実は国内外から最後の発注分が発送待ちの状態になっているのですが)

あ、そうそう。スピードセンサーのタイヤ周長率も変えなくてはいけませんね。
23Cは「2096」ですが 25Cは「2105」となります。約1cm違ってくるのですね。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ



この記事へのコメント
フリーのラチェット音は、私はマビックの方がカンパよりも好きです。
爪の数が2つのマビックのズジャーッという音に対し、爪3つのカンパはスピードを出すとより細かくて甲高いジィーッというセミのような音になり、峠の下りでは耳障りに感じます。
カンパの場合は爪周辺のグリスの種類を変えれば音は小さく出来ますけどね。

足を止めると速度落ちが著しいのはマビックの特徴というかキャラクターですが、私はハブのシールドベアリングによるところが大きいと想像してます。
ベアリングをもっと回るものに変更して改善する手もありますが、カップ&コーンとは違って素人には厳しい作業。私にとってのマビックの欠点はこのハブの仕様です。ユーラスがよく回るホイールなので、余計に違いを感じるんじゃないでしょうか。

その一方で、キシエリのリム切削加工の美しさやその見せ方は、リム屋としてのマビックの面目躍如だと思います。あれはカッコいい。ユーラスも同様の切削をしていますが、後発の引け目なのか、のっぺりと黒く塗装してるだけですね。

私が持っているマビックはアクシウムなのでキシエリとはまた違うとは思いますが、ユーラスとアクシウムはベクトルが似てると感じました。ユーラスに最初、使い古しのGP4000を履かせたときには。
しかし、その後にイギリスから届いたFUSION3チューブレスを、血豆と苦難を乗り越えて(笑)装着してみると、ユーラスは化けました。
あえて詳しくは書きませんが、チューブレスは噂通りの素晴らしさでした。

クリアランスの件、ユーラスをチューブレス化して、23CのPRO3をキシエリに装着すれば万事解決では…(悪魔の囁き、いや神のお告げ?)
Posted by ぶりしん at 2011年12月11日 17:57
ぶりしんさん

コメントありがとうございます。
(クリアランスの件の悪魔の囁き)ですが、わたくしもそれを少し考えていまして、次回のネタにしようと今下書きを書いているところでした....。

フリーのラチェット音もカンパ、マビックのホイールを買わなければ踏み込む事の無い領域でした。いろいろと勉強になりますね。
ベアリングをセラミックに入れ替える手もありますが、当分はノーマルのままで乗ってみようと考えています。

うちにある29erのMTBもチューブレス対応なので、まずはロードでチューブレスを体験しておくのも手ですね。
Posted by 太泉八雲 at 2011年12月11日 18:22
ホイールは個性があるので面白いですよね。
ただ、財布には実に優しくないですが…

チューブレス関係のfor your infoです。

・握力は計画的に(装着方法の事前リサーチと忠実な実践が大切)
・IRCのチューブレス用タイヤレバーはあった方が良い(高いけど)
・ユーラス付属バルブの後輪の突き出し量が少なく、NOTUBESのインジェクターがねじ込めなかった

後輪のバルブは、いずれ44ミリのものに換えようと思ってます。
Posted by ぶりしん at 2011年12月11日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51747674
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック