2012年03月12日

MAVIC Ksyrium Elite (マビック・キシリウム エリート)見直し!!良く回るホイールになりましたが...

mavicmainte_01.JPG

昨年の秋に試しで買ってみたマビック キシリウム・エリート(以下キシエリ)でしたが、同クラスでトップクラスの重さ、といっても数十グラムですが、肝心の走り...走りの重さにも愕然としました。

まあ、噂には聞いてましたけど、これほどまでにか?と。
って、これがミドルアッパークラスのレース用ホイールか?と頭に疑問符が並びます。

で、こんなホイールまだ新しいうちにさっさと売ってしまおうと、しばらく自宅保管となっていたのですが、やはり世間的に評価の高いこのホイールを最後にもう一度だけ走り比べて検証してみようと、軽さ(重量も去ることながらペダリングでも)定評のあるEASTON EA90SLXを比較対象に買ってみたりしたのです。

簡単にホイホイ買っているように見えますが、さすがに清水の舞台から飛び降りるような覚悟が入りましたよ。

まあ、価格帯はほとんど同じですから、どちらかを手放せば、財務計画に大きな変化は無いかな?という算段でした。カードで買うので支払いまで1ヶ月以上猶予があります。


さてEASTON EA90SLXはセラミックベアリングだけあって、軽く、定評どおりとにかく軽く、クルクルとストレス無く回るのですが、どうも自動車でいうところの一昔のCVTみたいに、加速をあまり体感できず、まあ〜いつの間にか速度に乗っているという感じで、これまた「何かちがうな〜」とちょっと肩すかし状態。

で、マビック・キシエリに乗ってみると。走り出しは重いものの、漕げば漕ぐほどグイグイと加速していく。自動車でいう所のマニュアル車もしくは独VWのDSGのような気持ちの良い加速感に、マビック・キシエリを見直して評価が急浮上。

当初描いていた財務計画が瓦解し始め、大きな見直しをせまられる事に。ああ。

ただ、あの走り出しの重さとペダリングを止めた時の急激な減速。なにか回転部分に大きな「抵抗」があるような感覚は、単なる錯覚ではなく見逃す訳にはいきません。

色々とその症状・現象を考え、原因を探すべく過去の記憶を遡ってみると、ある一点に辿り着いたのです。

そう、それはリアホイールのフリーカセットとは反対側の部分のハブにある「ベアリング押さえ」です。
(正確な名称はなんと言うのでしょうか?)

mavicmainte_02.JPG

当初、フリーカセットを分解してみようと、いろいろいじっていく中で、この「ベアリング押さえ」部分をホイールに付属していた専用の「ベアリング調整ツール」で回してみると、ハブの回転が重くなった事象を思い出したのです。


mavicmainte_04.JPG

早速その部分をいじってみる事にしました。

作業がしやすいようにホイールを外します。

では「ベアリング調整ツール 」で「ベアリング押さえ」を緩めます....。

あああ?

mavicmainte_05.JPG

「何という事でしょ〜」

「ベアリング押さえ」がフリーの軸ごと回ってしまって、作業になりません。

せっかく外したホイールを自転車に戻します。

mavicmainte_03.JPG

QRレバーでリアホイールをしっかりと固定。

再び「ベアリング調整ツール 」で「ベアリング押さえ」を緩めます....。


Good Job!!


見事に「ベアリング押さえ」を回す事ができました。


ホイールを回してみると、それまで3〜4回転で停止していたホイールが何とフツ〜のホイール並みに10回転以上周りました。

おおおおおおお!!

ただし、この部品のすぐ裏にはベアリングがあります。あまり緩め過ぎると水とかが進入しそうです。
また、ある一定以上ゆるめてもホイールの回転に大きな変化が起きない分岐点がある事も分かりました。

感覚的には、一度いっぱいに締め込んだ位置から、180度〜270度くらいもどした位置で十分そうです。これは個体差があるのでケースバイケースだと思います。

mavicmainte_06.JPG

実際に走って見ると、「何という事でしょう」信じられないくらい、出だしが軽くなりました。
そしてクルクルと軽快に加速していきます。もちろんペダリングを止めても減速がゆるやかになりました。

そして中速域からの加速はやはりキシエリですね。

ただ、ペダリング軽くなった分、粘りけのあるダイレクトな加速感は薄らいでしまいました。
なんかワガママというか、難しいですね。

このままではEASTON EA90SLXなみに、クルクル回り加速感も似たような感じになってきたので、もう少し「ベアリング押さえ」を締め込んでみようと思います。

ちなみにこの「ベアリング押さえ」部分は緩めると、走行中に徐々にゆるみが出てきてしまうらしいのです。ゆえに専用工具の「ベアリング調整ツール 」は携行が必須らしいそうです。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ


この記事へのコメント
ハンドルの件ではご返信ありがとうございました。

ここでもかぶりだったので...

私の場合はキシエリ→WH-7900-CL24と来て後者に非常に満足しているところなのですが...
この記事を拝見すると私のキシエリも確認してみた方が良いかもしれないのではないかと思うようになりました。
とは言っても、私の奴は乗らずに回すときにはかなり軽くまわるので問題ないかもしれません。(でも乗ってみるとDURAホイールと雲泥の差が出るので...)
Posted by omismobile at 2012年04月02日 23:31
キシエリはかなりクセや賛否両論があるホイールのようで、わたくしも購入前にいろいろなブログを参考にしました。
その為に、到着後すぐにいろいろといじってしまって、その結果回転が重くなったりしたのだと思います。

問題点や特色がわかると、結構いいホイールだと思います。最近になって次のホイール候補は?シマノに行き着いた感じです。シマノはちょっと地味ですが、コストパフォーマンスは良いですね。
Posted by 太泉八雲 at 2012年04月03日 12:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54410152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック