2012年03月24日

ぶらり、SPECIALIZED Roubaix SL3 Expertで出かけてみた

roubaix_snap01_22.JPG

ここのところ、週末に限って嫌がらせのように雨模様が続いていましたが、久々に晴天の休日が訪れました。

なので、SPECIALIZED Roubaix SL3 Expertに乗って、スナップポタを行いました。

いや〜。おおおおお。う〜ん。

乗り味はあらためてOPERA LEONARDOと乗り比べてみるとマイルドに感じます。

乗り味が柔らかいとかしなやかとか、と言うのとはちょっと違って嫌な振動が少ない。
これはフレームの設計と特製、そしてzertz(ゼルツ)インサートのおかげでしょうか?

自動車のタイヤでいうところの、今まで乗っていたOPERA LEONARDOはどちらかというと偏平立が35か40くらいのタイヤだったとすると、このルーベは偏平立が50か55くらいって感じ。レースモデルなので、60以上のふわふわ感まではありませんね。
自動車のインチアップやカスタムに興味の無い方には、よく分からない例えで申し訳ありません。

そもそも“トップレベルの選手がオフロードに近い路面のレースを走りきって勝てる” がコンセプトのロードバイクですから、不快な振動を吸収してくれて、かつ長い距離でも快適。しかも速く走れるという最高のバイクです。

roubaix_snap01_23.JPG

フィッティングの良さも影響しているかも知れません。いやフィッティングの影響大でしょ。
今までのバイク選びはトップチューブ長を基準としてフレームを選んでいましたが、それはある意味間違ったフレーム選び。本当はヘッドチューブ長で選ぶそうです。そして今回は本来のジオメトリよりも1サイズ小さいフレームとなりました。
お店できっちりと寸法出しを行って導き出された結果であり、それで組まれたバイクはまさに体との一体感は最高です。

今まで乗っていたバイクよりも、やや...いやだいぶアップライトですがあまり違和感はありません。そもそも、これはロングライドをゆったりと走るために買ったバイクなのですから。

異様に細いコブラトップチューブと異様に太いダウンチューブ。この組み合わせが乗り心地と高剛性を両立しているのでしょうか?
BB周りのガッツリとした重厚な造りからも、ペダリング自の剛性の高さを感じ取る事ができます。

まさに求めていたバイクですね。

軽い車体は坂を登るのも楽です。
イーストンEA90SLXの性能によるところも大きいかも知れません。

roubaix_snap01_07.JPG

こうして大満足なSPECIALIZED Roubaix SL3 Expertですが、唯一残念なのはカラーリングでした。

当初は完成車では無く、Roubaix SL3 Proのフレームセットから組むつもりでした。
しかし迷いに迷って数ヶ月が経過した結果、サイズの選択も限定され、ついにはメーカーの在庫も無くなってしまったのです。

10450.png

Roubaix SL3 Proフレームセットのブラック&レッドは完成車Roubaix SL3 Expertと見た目は同じに見えますが、よく見るとマットブラックが基調のグロッシーブラックとの2トーンで、レッドがアクセントとなっています。

フレーム価格が29万ですから、これをアルテグラで組んだ場合、コンポ以外のパーツ、ホイール等はすべて持ち込むつもりでしたが、総合的に見ると、完成車の方がお買い得です。

でも色が・・・・。Roubaix SL3 Expertはツヤ有りブラックとグレーの2トーンで、ちょっと見た目の重厚さ、高級感が異なります。

Roubaix SL3はProシリーズや上級のS-WORKSなどのフレームはみなマットブラックが基調となっています。折角完成車でも40万クラスのバイクなのですから、SL3のファミリーに含まれる以上、同じマット調にしてほしかったです。

9595.png


ちなみに...完成車でもう一台残されていたのが、Roubaix SL3 Proでした。

マットブラックとグロッシーブラックの2トーンで、ブルーがアクセント。
ただコンポはデュラエースとアルテグラのミックスに一部スペシャライズド純正と、中途半端なアッセンブルで、10万円高の金額でした。

カラーリングはカッコ良く申し分ありませんでしたが、今回のバイクに50万近くを出すことができませんでした。主力車種ではなく、あくまでも用途限定のバイクだったからです。
いわば、局地専用ってやつでしょうか?

とはいっても、最後まで心が揺れていました。でもこの差額の10万は別の目的に使う必要があったのです。

実はこのRoubaix SL3購入計画と並行して、実はもう一つある計画が水面下で進んでいたのです。

その計画とは...まあ、そのうち発表します。

CIMG0260.JPG

Roubaix SL3 Expertで一回りして帰ってきたあと、無性に焼肉が食べたくなったので、OPERA LEONARDO(レオ号)に乗り換えて出かけました。

直後に乗り換えると、ルーベとレオ号の違いが良くわかりますね。
グイグイ前に進む感はレオ号の方があるかも知れません。フレームの推進力に加え、マビック・キシリウム・エリートの性格によるものかも知れません。

CIMG0258.JPG

ランチメニューに単品で一皿。お腹いっぱいです。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ


posted by 太泉八雲 at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | SPECIALIZED Roubaix SL3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54605912
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック