2012年04月12日

Mac純正のようで純正ではないSDカードリーダー「iSD」を買ってみた

iHab&iSD_10.JPG

SDカードリーダーが欲しかったのです。

さまざまなメディアに対応したマルチメディアリーダーではなく、シンプルにSDカードだけのリーダーが欲しかったのです。

その訳は、MacBook Air 11inchです。わが家の(職場用も含めた)3台目のMacBookは携帯性に優れたMacBook Air 11inchを選択し、そして旅行など外での使用を中心に運用しています。

MacBook Air 11inchを選んだ理由は、少しでも荷物を少なく&軽くする事。
ブロガーとしてはデジカメも一緒に持ち歩くわけですが、少しでも周辺機器を小さくコンパクトにしたい。

さて、最近のMacの多くはノートもデスクトップもそのほとんどにSDカードスロットが装備されています。
ところが、MacBook Air 11inchにはそれがありません。サイズ的に省略されてしまったようです。
同じくMacBook Airの13inchには、ちゃんとSDカードスロットがあるのです。

と、いう事でMacBook Air 11inchにはUSB接続の外付けカードリーダーが必要。
しかし、少し前でも書いたとおり、可能な限り余計な荷物を減らしたい。


なので、シンプルにSDカードリーダーが欲しかったのです。

iHab&iSD_03.JPG

で、いろいろ探しているうちに、偶然見つけてしまったこの製品。

「か、かわいい・・・・」

名前も調子に乗っていて良いです。なんでも「i」を着ければ良いというものではありません。

でも、おそらく「これ」はオフィシャルな製品では無いでしょう。そんな匂いが漂っていました。

この過剰なケースがよけいにそれを感じさせます。

まるで、過剰に純正品を演出しているようなケースです。

まあ、一応販売元も「アップルのライセンス商品ではございません。」と正直に記載しています。

iHab&iSD_04.JPG

しかし、試しで買うにも十分心配の無い低な価格です。
(もっと安いリーダーがあるかも知れませんが)

なのに、このまるでApple純正マウスやiPodを思わせるケースです。
一体このケースのコストはいくらくらいなのでしょうか?

そう考えると、中身は大丈夫か?

iHab&iSD_11.JPG

SDカードを差し込むと、ちゃんと「リンゴマーク」が光るのですよ、奥さん!!

ああ、なんという事でしょう。

「Apple風」とうたっている、怪しくもファニーな製品ですが、非常に質感が高いです。

iHab&iSD_12.JPG

見た目の質感は高いですが、スロット部の差し込み感は結構チープ。まあ、これは仕方が無いかな?


わたくしのメインカメラであるデジタル一眼のCanon EOSはずっと長い間メディアがCFカードだったので、サブカメラであるコンデジのSDカードと併用する為にはマルチカードリーダーが必要だったのです。しかしEOSも遂に60DからSDカードになったので、EOS 5D Mark2を使うとき以外は、SDカード一本にメディアが統一されました。

これも、SDカードリーダーを買うに至った理由の一つだったのです。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ




posted by 太泉八雲 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac関連・周辺機器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55249350
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック