2012年05月08日

ぶらり、しまなみ海道と淡路島一周を輪行で走って来た(その五・今治折り返し)

shimanami2_top.JPG

今治に到着しました。

とりあえず、このまま”この”山の上で折り返す事はせず、山を下って初めて今治の地、そして愛媛県に足を踏み入れる事になるのです。それに今日はこの後、この今治ですることがあるのです。
帰路がちょっと憂鬱になりながらも、糸山の中腹から急な坂を一気に駆け下ります。

坂が終わったところで、左手にガソリンスタンドが見えて来ますが、その交差点を右折して、今治造船の工場群を縫う細い道を抜け、細長い入江を挟んだ対岸に残る「波止浜」(はしはま)という古い町を訪ねました。

ちなみにこの今治造船は国内トップの造船メーカーです。

shimanamikaido2012_136.JPG

細長い入江には巨大な船が建造中でした。それも一隻や二隻ではありません。

shimanamikaido2012_137.JPG

歴史的な風情を感じる石畳の波止浜水門を渡ると波止浜です。(住所上では手前の今治造船の場所も波止浜ですが...)

shimanamikaido2012_139.JPG

波止浜は古くから風待ち・潮待ちの港として栄えた港町でした。江戸時代には塩田開発や、物資の主産地として問屋が並び、また宇和島藩の外港として、参勤交代の際にも利用された港でもありました。

SPECIALIZED Roubaix SL3のシートポストに付けていたキャラダイスの大型バッグの中にはデジタル一眼レフカメラが入っていたのです。あとパンク修理キットとか、輪行関係のキットとか。

やっとこのカメラの出番です。80km走って足がパンパンだったので、クールダウンも兼ねて波止浜の町を歩きました。
ちょうどこの日は波止浜祭りが行われていました。

さて、15:00を過ぎたので出発です。
宿がある生口島瀬戸田までは約40kmです。早くて2時間、遅くても夕食前の18:00には着くことができるでしょう。
と、いうか着かなければなりません。

先ほど下ってきた激坂を登ります。もう軽いギアでクルクル負荷を掛けずに登ります。

途中右手に今治サイクリングターミナル「サンライズ糸山」が見えて来たので、脚を休める意味で少し寄り道。次回の為のロケハンも兼ねた寄り道でしたが、人も自転車も自動車もめちゃくちゃ混んでいたので、先に進む事にしました。

shimanamikaido2012_142.JPG

ループで登って来島海峡大橋へと入っていきます。

「さよなら今治、さよなら愛媛県。また合う日まで」

日本一ぜいたくな自転車道と言った方がいましたが、まさにその通りですね。全長6km、橋の区間4km。
風もなく、天気も良く、気温も適度で最高のサイクリング日和でした。

shimanamikaido2012_143.JPG

眼下に見える日本三大潮流の来島海峡。この海峡は一日に約600隻もの船が行きかう船舶銀座。そして芸予諸島の島々。

shimanamikaido2012_144.JPG

海がキレイです。橋の上から見る瀬戸内海の夕陽は最高だといいますが、今日ここで夕陽を見ていたら宿にたどり着けない(夕食までに)ので先を急ぎます。

来島海峡大橋を渡ると、その先に待ち構えているのは、しまなみ海道随一の難所である大島の国道317号線です。

峠が3つも続くこの道を避け、瀬戸内海の島々を走るというテーマも兼ねて、サイクリングルートからは外れますが大島の東海岸線をぐるりと迂回しようと試みました。しかし最初の集落で道は行き止まり。折り返して県道ルートに出るもここもまた峠、峠で心身ともに疲労困ぱい。これが延々続くと思うと絶望的なので、いくぶんマシな国道317号線に戻る事に。結局走行距離が伸びて疲れただけでした。

shimanamikaido2012_145.JPG

なんとか島の反対側の宮窪町に到着。海岸線を走り彼方に見えてくる伯方・大島大橋。
残る島はあと2つ。残る橋はあと3つ、とカウントしてしまいました。

う〜ん。このままでは単なる消化走行になってしまう気が....。


なんとか旅情を取り戻すべく、そして気力を取り戻すべく、いろいろな風景に立ち止まって写真を撮ったり。
そして伯方・大島大橋に登りましたよ。ゆっくりと。

shimanamikaido2012_148.JPG

そして伯方島で下りて、海岸線をちょっと走って、またアーチ橋の大三島橋へと登りましたよ。

県内最北、最大の島で「神の島」とも呼ばれて入る大三島へ入ると、希望が見えて来ました。

あああ...あと1回だけ登れば宿が待つ生口島だ〜。

時刻はまだ5時台で明るかった。サンセットまでにもまだ時間があり。

今日お世話になる瀬戸田垂水温泉は別名(民営ホステル)瀬戸田ゲストハウスともいって元々はユースホステルで、旅館や民宿ではありません。大部屋での相部屋、雑魚寝が基本です。

宿に辿り着きチェックインを済ませ、部屋へと案内される。今日は4人の相部屋らしい。
静岡から四国に渡って、今治からレンタルサイクルでここまで走ってこられた方と、東京からクロスバイクを輪行し、尾道方面からこられた方がいました。同じく尾道からレンタルサイクルでこられた方。

宿のご主人の祖父が2年8ヶ月の歳月をかけて造ったと言われる、天然温泉の岩風呂は窓から瀬戸内海の海が見渡せます。天然ラドン温泉で心も体もいやされます。最高です。

shimanamiyuyake_01.JPG

足を中心にマッサージをして、入浴後部屋でサロンパスを各所に張りました。

そして日没の瀬戸内海を見る為に宿の裏手の海岸へと歩きました。
他の宿泊客もみな集まってきました。
瀬戸内海のサンセットです。これを見る為に来たといっても過言ではありません。

shimanamiyuyake_06.JPG

夕食は結構豪華。元ユースホステルらしい、合宿のようなバランスのとれた夕食メニュー。ビールの大瓶は500円と良心的。相部屋になった方々と乾杯。「お疲れ様でした〜!!」ああ、旨い。

shimanamiyado01.JPG

今朝は4時に起きて東京を出発しましたが、明日は5時に起きて出発です。
酔いもまわって疲れもどっと出てきたので、9:00には寝てしまいました。

ちなみに、この宿にはネット環境がありませんでした。
明日の宿はまだ取れていません。どうなる事やら。です。





この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55714782
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック