2012年06月17日

ぶらり、『陳麻家』(光ヶ丘店)で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐04】

chinmaya_03.JPG

ここのところ、すっかり麻婆豆腐ブログと化した様な気もする当ブログですが、引き続き麻婆豆腐ネタが続きます。

すっかり本場四川の「陳麻婆豆腐」にはまってしまい、目覚めてしまった身体と味覚を抑える事は、もう出来ません。家に帰るとあああ〜...麻婆豆腐が食べたい、食べさせてくれ〜と禁断症状にも似た欲求に支配されていまうようになってしまいました。

で、とりあえず本格的な四川料理店で無くともよいから、うまい麻婆豆腐を食べさせる店はないかと調べて観ると...あるチェーン店の存在を知る事になります。

陳麻家

いかにも「陳麻婆」と「家系」を合体させたような、コンセプト系、プロデュース系のチェーン店の匂いがしますが、大胆にも「旨辛至福研究飯店」をうたい、な、なんと麻婆豆腐と担々麺を前面に出しているお店です。

しかも、わたくしの行動範囲に近い、練馬や成増にお店がありました。さらに中間の練馬区光ヶ丘にも。
光ヶ丘店は総合ショッピングモールである光ヶ丘IMAの中にあります。

今週は完全に梅雨に入ってしまい、体脂肪消費の為のトレーニングが出来ないので、買い物を兼ねて「光ヶ丘店」に行ってみる事にしました。


chinmaya_05.JPG

光ヶ丘IMAは中央館、東館、南館の3つの独立した館からなり、LIVIN(西友)、ダイエー、ダイソーを中核として120の飲食店を含む専門店で構成されている多機能複合型ショッピングセンターです。IMAという英語表記はIMAGINATIONの頭文字と、NERIMAの最後の三文字から名付けられたという、はあ〜そうだったんだ〜...的なもの。

ちなみに、この「光ヶ丘」練馬区の中でも異彩を放つ地区ですが、その生い立ちは戦時中の帝国陸軍成増飛行場に始まります。戦後、同飛行場を接収した連合国軍は、この地にアメリカ陸軍家族宿舎と軍属の宿舎を建設。地名は「グランド・ハイツ住宅地区」となります。この名称の由来は第18代アメリカ大統領のグラント将軍にちなむらしいです。やがて日本に返還された後は、公団が中心となって近代的で機能的な計画住宅都市として整備していったのです。

まあ、そんなことはどうでもいいので、肝心の麻婆豆腐に話を戻します。

chinmaya_02.JPG

このお店は麻婆豆腐を前面に出していますが、実際のメニューは麻婆丼(マーボー丼)です。ホームページにはマーボー豆腐と担々麺しか紹介されていませんでしたが、その他メニューが豊富にあります。聞くところによると、この他サイドメニュー?は日増しに増えているとか。「創作四川ダイニング」をうたうようになり、夜も晩酌メニューを取り揃えています。

まあ、ちょっと上級な「餃子の王将」的な印象がぬぐえません。

今回チョイスしたのはランチセットで「麻婆豆腐セット」850円。麻婆丼とハーフサイズの担々麺のセットです。「陳麻家」のホームページには無かったメニューなので、当初は麻婆定食とフルサイズの担々麺を食べるつもりで臨みましたが、ちょうどよいベストなセットメニューがありました。

で、出てきた麻婆丼ですが、まあ...ふつ〜の。極めてふつ〜のチェーン店らしい、社員食堂らしい麻婆豆腐の印象でした。まあ、おそらくセントラルキッチン方式で出来合いのものを暖めただけの物かも知れませんが、見た目ふつ〜の麻婆丼。

しかし!!

食べてみると、これが花椒のパンチが効いた、日本風麻婆豆腐とは一線を画した「陳麻婆豆腐」に近い味だったのです。一昔前なら確実に日本人受けしない味でしょう。本格四川の陳麻婆に近い味をメインに据えるチェーン店の意気込みをここに感じると共に、日本人の求める本格指向の舌の変化を感じずにはいられません。

花椒(ホアジャオ)の背後に広がる味は、ごく普通のレトルト食品ともいえなくない様相でしたが、とにかく汗が出る出る。この汗の量だけに限っていえば「陳麻婆」に近いですが、味はマイルドです。花椒以外に味のパンチはありません。

まあ、たまにちょっと本格「陳麻婆」風のマーボー丼が食べたくなったら、足を運ぶかもしれません。
でもまあ...この味なら自分で作れるレベルかも.....

chinmaya_04.JPG

つづいて、マーボー丼といっしょに出された担々麺。セットなので仕方がありませんが、マーボー丼を食べ終えた後に食しました。正直な感想を言えば...「うまい!」そこらへんの中華食堂よりも旨い。チェーン店や高速道路のSAで食べるそれよりも旨い。陳建民が考案して今の日本国内で一般的になった「汁あり担々麺」ですが、正直美味しかったです。

ただ、マーボー丼が規定量のサイズ(ご飯がおかわりできず、ただしセットメニューでない単体であれあば、並、半、大と選べる)で全体的な量として物足りない感じでした。

なので、少し休憩をして近くにある、陳麻婆豆腐を看板メニューにした四川料理店へ行ってみることにしました。麻婆豆腐のハシゴです。それはまた次回に。


ごちそうさまでした。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56539593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック