2012年06月19日

寝ながらPCができるフレキシブルテーブル・Zflex (ジーフレックス)を買ってみた

zflex_04_2.JPG

ひさびさにモノねたです。

ネットを徘徊していたら、とんでもないものを発見しました。
それは、まさに目からウロコものの代物。その名も

Zflex (ジーフレックス)


自由自在に関節が曲がって形が変わるフレキシブルノートブックテーブルというものです。

【全国送料無料】Zflex (ジーフレックス)自由自在に形が変わるフレキシブルテーブル



zflex_11.JPG

もう、さっそくポチッとして家にものが届きました。

色は5色あって、最後までシルバーか黒かで悩みましたが、落ちついた黒を選択。

zflex_15.JPG

いや、ほんと欲しかったのです。これ。

そう、それは思い出すこと半年前。インフルエンザと思わしき重度の熱で一週間会社を休んで寝たきりだった時の事です。まあ、結局インフルエンザではなかったのですが、高熱とせきにうなされながらも、なんとか峠を越して安静期に入ったところで、ブログや掲示板、メールのチェックと返信、書き込みは可能な限り続けました。

容体か良くなってくると、今度は暇を持て余すようになるので、ネットサーフィンとか、場合によってはブログの更新とかも行いたくなります。しかし布団からでる事はできません。

幸いというか、昨年末に軽量コンパクトな「MacBook Air」を購入。これは元々バックパック旅行用で少しでも荷物を軽くするために買ったものなのですが、普段の日常では枕元に置いて就寝前や朝寝起き時のメールチェックなどに使っています。

薄くてとても軽量なので、片手で持ち上げて操作もできるのですが、長時間は辛いし、文章を打ち込む時は両手でキーを叩きたい。

あと、布団(ベッドでも)の上で食事を取るときにも使える軽量なテーブルが欲しかった。

それを一気にすべてかなえる「夢」のテーブルがまさにこれ(zflex)でした。

zflex_13.JPG

ほら、パッケージにあるように寝ながらノートPCが身体に無理なく操作できます。(たぶん)

アルミ製で重さは約2kgと小型ノートPCと同じくらいです。
上に載せる耐荷重は10kgとかなりタフ。

zflex_02_2.JPG

zflex_07.JPG

zflex_14.JPG

脚の関節にあたる部分に押しボタンがあり、これを押すと15度ごとにロックされながら関節が動いていきます。

なんだか大昔に流行ったスネークキューブを思い出します。

zflex_16.JPG

片脚あたり3つの関節からなります。関節を動かすにはボタンを露出させる関係から順番があり、望みの形にするに3つの関節をどのような順番でどのような角度に固定したらいいかイメージしながら操作していく必要があるのがちょっと難点。
慣れないと最初はかなり時間を要します。

片側の足の関節を何度動かしたかは目盛りが振られているので分かりますが、左右の関節の角度を合わせるのがちょっと大変。両脚が連動してくれると超ラクなのですがね。

zflex_08.JPG

立たせる事もできます。

そう、二足歩行モードです!!

歩くことは...もちろんできません。

使用に関してはかなり不安定なので、実用性はありません。

zflex_09.JPG

意外に活躍しそうなのが、ノートPC用冷却スタンド(放熱スタンド)として活用できること。夏場にグラフィック系ソフトをフル使用していると熱ダレや強制終了に悩まされ続けていましたが、これでもう安心?かな?

まあ、本命は寝ながらPCです。

いざという時の為にいかがですか?



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ





posted by 太泉八雲 at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | Mac関連・周辺機器
この記事へのコメント
僕も欲しいですね。_φ(・_・
Posted by akira at 2012年07月03日 20:21
こんにちは。
ソファサイドでパソコンを使いたく、この商品を検討してたらこちらへ流れ着きました。

どのくらい細かく角度調整したいのか知りたかったので、二足歩行モードの写真は大変参考になりました!
足が細かく曲げられれば、高さ調整に使えそうですね。

ありがとうございました!
Posted by くろと at 2013年09月01日 12:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56580625
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック