2012年07月07日

ぶらり、『炎麻堂』(神田店)で麻婆豆腐をたべてみた【麻婆豆腐06】

kandaenmado_02.JPG

今週はなんかバタバタしていて、久々の書き込みです。
そしてまたまた「麻婆豆腐」ネタです。

今日もまた雨で、自転車に乗れません。なのに麻婆豆腐ばかり食べているせいか体重がちょっとリバウンド気味。
平日の夜錬を始めなくてはいけませんね。ああ、でも仕事終わりの一杯が飲めないのは辛いな〜、特にこの季節は。

まあ近況はどうでもよく、本題に戻ります。

前回のエントリー、日本橋箱崎町にある中華食材専門店「古樹軒」に行ってきた時に食べた麻婆豆腐のお店を紹介しましょう。

そのお店は神田駅近くにある「炎麻堂」という創作四川ダイニングのお店で、麻婆豆腐を前面に売りにしています。神田以外に赤坂と三軒茶屋にお店があるようです。

kandaenmado_06.JPG

炎麻堂神田店の定休日は日曜祝日。なので平日の夜間か土曜日にしか行くことができず、お店の存在を知ってから今回訪れるまでにだいぶ時間が掛かりました。


炎麻堂 神田店

050-5798-1929
東京都千代田区鍛冶町2-8-2
定休日:日・祝
ランチ 月〜金 11:00〜16:00 (L.O.15:30)
土 11:00〜14:30 (L.O.14:00)
ディナー月〜金 18:00〜23:00 (L.O.22:10)


kandaenmado_01.JPG

ちなみに前回まで食べてきた麻婆豆腐は、本格四川の「陳麻婆豆腐」ばかりでしたが、今回の炎麻堂の麻婆豆腐は違うようです。(たぶん)創作四川料理のお店ですからオリジナルかな?

麻婆豆腐定食は800円で、ライスとスープがおかわり自由です。辛さは5段階から選べます。オーダーしたのは、もちろん「5」ですよ。
ランチなのでまとめて作ってあるのか、セントラルキッチン方式でパック湯煎なのかは不明ですが、調理している音もせず、注文してすぐに出てきました。

まあ、過去に行った「陳麻家」も似たような感じでしたが、出てきた麻婆豆腐はかなり期待できそうな雰囲気です。

ちなみに、この麻婆豆腐はテイクアウト用の「麻婆豆腐弁当」600円もあります。

kandaenmado_04.JPG

で、食べた感想は、というと。

う、うめ〜ぇッ!!




正直、めちゃうま!!



いや〜、やられたな〜。

5カラでしたが、本格四川の「陳麻婆豆腐」を体験すると全然マイルド。この麻婆豆腐は日本版麻婆豆腐寄りで、あの強烈な「麻」つまり花椒の刺激や痺れは無く、また普通の麻婆豆腐とはちょっと違って、独特の香辛料というかスパイスが利いていて、一瞬、麻婆豆腐ではなく、カレーかな?とすら思うときがありますが、そのスパイシーさがこれがまたうまい!!そして後を引きます。
いろいろな調味料が使われていて、旨さが複雑に絡み合って辛さのバランスが絶妙。「やみつき」になる味、記憶に残る味です。

これは本当に予想外でした。

もっとも、この「炎麻堂」。個人店ではなく、外食プロデュース会社のコンセプト店のようでもあるので、まあそういった系の旨さでもあります。でもまあ、

「ああ、こ〜ゆう麻婆豆腐もありか」

と勉強になり、今回から「うまいものはうまい」という事で、あえて「陳麻婆豆腐」に限定せず、いろいろな麻婆豆腐を食べてみたくなりました。

それにしても、この「炎麻堂」の麻婆豆腐はクセになりそうです。


ごちそうさまでした。


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56911736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック