2012年07月22日

ORiBike owner's Meeting 2012夏・房総半島横断ポタリング(前編)

OriBikemeetingboso2012.jpg


東京から電車で約2時間(直通快速で約1時間半)、今年のORiBikeのオフ会は千葉県は房総半島のどまんなか、JR外房線茂原駅を起点に房総半島を横断して市原市のJR内房線五井駅に至る約40kmを2日間に分けて走るという、初めての「ちょいロング&宿泊ポタリング」という内容でした。(当初は....)

OriBikebosooff_01.JPG


昨年に翌年のオフ会を企画していたころは、4月から5月の春ごろに開催する予定でした。しかし春はGWとか何かと所用が重なり、また仕事も忙しい時期にあって、ズルズルと夏まで延びてしまいました。6月中旬に計画していた開催日も数度の変更の末に7月21日・22日の2日間でなんとか落ち着き、開催にこぎつける事ができました。

さて今回のオフ会の参加者は、毎回お世話になっていて実質的な副幹事であるフリーさんと、昨年末にこの房総オフ会の企画ロケハンにお立ち会いいただいた、千葉にお住まいの愚兵衛さん。そして今回もはるばる新潟から駆けつけてくださった本間さんとわたくしの計4名。場所が場所だけにやむを得ない感じです。

当初の予定では晴れだったのにもかかわらず、今回のオフ会も雨。しかも幹事の私自身が、先々週から頸椎ヘルニアになってしまい、前傾姿勢でのロングライドが困難な状態になっていました。

なので今回のオフ会は参加者が4名という事と、自家用車で現地に乗り入れられる方が内2名いらっしゃるという事で、車での移動が中心となるオフ会となりました。

OriBikebosooff_33.JPG

今回のオフ会はただただ房総半島を横断するという事ではなく、実はORiBikeの輸入代理店である「金澤輪業」さんと、自転車改造好きなら一度は訪れたい「暗黒技研・秘密基地」の2大聖地を巡礼するツアーが柱で、それに加えて旅館で1泊して親睦を深める3つの柱からなります。

10時にJR外房線茂原駅で集合。ここから長南町にある金澤輪業さんまで移動します。

ところが、金澤輪業さんの本社(兼店舗・兼ご自宅)に到着したものの、お店のシャッターは下りたまま。

不安がよぎります。何度か携帯電話に電話をしてやっと金澤社長につながりました。午前中に用事があって家を空けているとの事。午後に一度戻るという事なので、それまでの間、先に昼食をとることにしました。

OriBikebosooff_17.JPG

ここから車で15分ほどの山中にあるラーメン店「ラーメン八平」
「アリランらーめん」で有名なお店です。http://ariranramen.com/

   「ラーメン八平・長南町」(食ログ)

が、このお店。ナビにも乗っていない。ポタリングならいざ知らず、車での移動ならナビがあるだろうと詳細な地図は持ってきておらず、道を間違えるも地元の方から教えてもらい、なんとか辿り着きました。あの地元の方の慣れた説明を聞くに、おそらく道に迷うのは我らが最初ではなさそうです。

山の中にある古民家のラーメン屋。冒険心がこころをくすぐります。

しかし、11時と少し早めの昼食で、店の開店とほぼ同時に着いたにもかかわらず、店内は混み合っていました。しかも我らが席についた後も、次から次にやってくる客。駐車場は満車。これは期待できそうだ。

OriBikebosooff_05.JPG

店主は高齢のおばあちゃんと(娘?バイト?)の女の子の2人。

「だ、だいじょうぶか・・・・」

この店には独特のルールがあります。まず一番最初に注文した人と同じメニューでなければその後に続く人は頼めません。また、前に注文した人のラーメンがテーブルに運び終わるまで、次のグループは注文できません。
運び終わると店主のおばあちゃんが注文を聞きます。

OriBikebosooff_10.JPG

メニューには看板メニューである「アリランらーめん」以外に醤油や味噌がありますが、「アリランらーめん」以外を頼むとヒンシュクを買います。もしくは頼めません。空気を読めない人は苦労します。

「アリランらーめん」は中と大があり、辛さも選べます。

フリーさんと本間さんは最初、醤油と味噌を頼んでいましたが、とっさに空気を読んで「アリランらーめん」の中に変更。

私と愚兵衛さんは当初から「アリランちゃーしゅー」の大に決めていました。

最初にゆでた麺をどんぶりに入れて、後から特製スープを注ぎます。その後辛さ調整のラー油?、そしてチャーシューを載せます。一連の作業が終わるまで、すでに完成しているラーメンも運ばれません。じつに気長にゆっくりと作られていきます。最後は、レンゲでチャーシューをスープに沈める作業。ギュッ、ギュッ、ペッタン、ペッタン。

「だ、だいじょうぶか・・・・」

席に座った時から待つこと20分。
ついにやってきました「アリランらーめん」と「アリランちゃーしゅーめん」

OriBikebosooff_08.JPG

スープは、タマネギをベースに豚肉、ネギ、ニンニク、ニラからなる独特のピリ辛。

「旨そうじゃないか〜」

飲むと意外に辛くない。それよりもスープの具の大半を占めるタマネギの甘いこと甘いこと。ニンニクも塊でゴロゴロ入っています。しっかりとしたコクがあるのにさっぱりしています。

OriBikebosooff_12.JPG

伸びていると心配した麺もしっかりとしたコシ。わたしの大好きな黄色い中太麺です。麺は自家製(系列の「八平の食堂」で製麺)らしいです。
最初にどんぶりに麺を入れてからスープを注ぐまで時間があるので、ちょっとどんぶりの底で麺が固まっています。

でも無問題!! 全体的に味もまとまりがあり、チャーシューも最高にうまい。独特の「田舎醤油」特有の風味(もろみ?)が「地ラーメン」を演出します。

店ではチャーシューの販売もしています。
と、いうかラーメン自体の販売もしています。

OriBikebosooff_14.JPG

スープとかも真空パックにして、常温で普通に並べられています。

「だ、だいじょうぶか・・・・」

さて、アリランとは韓国の「アリラン峠」に由来するとか。お店が峠にあること意外の意味はないそうです。

すっかり予想外の地ラーメンに遭遇して、十二分に満足したので金澤輪業に戻ります。が、途中で帽子と携帯電話が無い事に気がつきます。大急ぎで店に戻ったら無事ありました〜。
よかった、よかった。

さて、金澤輪業に到着してから待つこと30分。金澤社長とご家族の乗ったワンボックスが帰ってきました。大急ぎで戻ってこられた様子。
金澤社長がオフ会の日程を勘違いされていたとの事。こちらも直前に一報入れておかなかったので、ちょとご迷惑をお掛けしたようで申し訳ない気分になりました。

OriBikebosooff_25.JPG

それでも、金澤社長は熱心に対応して下さいました。

ORiBikeの新しい情報も聞く事ができました。今度マイナーチェンジされるオリバイクは、現行のORiBikeからいくつかの機構が省略されたり、またフロントフォークの形状が大きく変わるとの事。ちょっと気になりますが、聞けば聞くほど現行のORiBikeの方が良い気がしてきました。

OriBikebosooff_30.JPG

さて、いまだに店頭でも、町中でも目にすることがないORiBikeですが、実は年間500台は入ってきているとの事。それでもすぐに完売してしまうそうで。う〜ん。

って、BD-1やブロンプトンって、一体国内に何台あるんだ〜!!
桁が二桁くらい違いそうです。

OriBikebosooff_29.JPG

ORiBike関係でもう一つ。カーボンフレームのORiBike”SURPAZ”と同じデザインでアルミボディの20インチモデル「ARシリーズ」が遂に日本に上陸します。(台湾本国では昨年からラインナップされていましたね)

あと、「カーボンORiBike”SURPAZ”」の販売が芳しくない為、今後は同シリーズは異なるブランドの異なる販売ルートでの併売が始まるとの事。ORiBikeじゃないORiBikeの登場です。

う〜ん。そっちも気になる〜。

OriBikebosooff_34.JPG

やっぱり皆さん気になるカーボンORiBike”SURPAZ”の試乗や、折り畳み機構の説明も行われました。

こういう楽しい時間はあっという間に時間が過ぎていきます。

かれこれ1時間が経過したので、そろそろおいとましようかと思ったら、金澤社長が「じゃあ恒例のじゃんけん大会します?」と何やらお店のものを物色しています。

「え?」まさかこのメンバー、この人数でそんなものがあるとは思いもよりませんでした。

で、人数分出て来たのが、高価なカーボンサドル2個にカーボンハンドルバー、そしてKCNCのチェーンリングボルト。

OriBikebosooff_40.JPG

金澤社長が作った「あみだくじ」で決める事に。幹事のわたくしは残り物で。

結果、本間さんがカーボンハンドルバー、フリーさんと愚兵衛さんがそれぞれカーボンサドルをゲット。私はKCNCチェーンリングボルトの(赤)。

偶然にも先日買ったのと同じやつです。そして先日買ったそれは取付けの際に、横着して電ドルで締めた為に大きく傷ついてしまい、その内に買い直す予定だったのです。それを今日、タダでゲットしました。なんたる偶然。なんたる幸運。

そしてORiBikeを車に積み込む作業中に、な、なんと金澤社長からまたお土産が。宿での晩酌用にと、純米吟醸の日本酒をいただきました。

OriBikebosooff_44.JPG

岩手県盛岡市の「あさ開」純米吟醸 生原酒です。

何から何まで本当に恐縮しまくりで、金澤輪業を後にしました。

時刻は3時になろうとしていました。当初の予定では、午前中に金澤輪業さんの訪問を終えた後、城下町である大多喜の町をポタリング、その後まだ時間があれば養老温泉によりつつ、本日の宿がある上総牛久に到着するながれでした。

OriBikebosooff_47.JPG

しかし、宿の予約をした昨日。なんと当日、つまり今日は牛久の「八坂祭り」の日だという事を聞かされます。商店街の車両通行規制に加え、通常の宿の前の駐車スペースが屋台で使えない為に、裏の駐車場に案内するとの事で、その為にも16時前には宿に着いてほしいとの事。(牛久八坂祭りは毎年7月第三金曜・土曜の2日間開催されます)

なので一路、宿のある上総牛久へと向かいます。

長南町から時間にして30分ほどで到着。牛久商店街に入ると、すでに祭りの準備が行われていました。

宿に到着すると案内されて、宿の裏手の駐車場に車を止めてチェックイン。
今回お世話になる旅館「大津屋」は小湊鐵道・上総牛久駅から徒歩3分の駅前旅館。そして建物は戦前の建築である風情ある旅館です。

OriBikebosooff_45.JPG

旅館「大津屋」は大きな旅館ですが、現在は高齢の女将さんが一人で切り盛りしている為、1日6人限定です。

一泊二食付きで税込6,300円。歴史的建造物のビジネス駅前旅館です。

OriBikebosooff_51.JPG


この女将さんはすでに齢80を越しているといいますが、とても気さくでいろいろなお話を聞かせてくれました。(ときどき内容がループしますが)

OriBikebosooff_49.JPG

大津屋旅館は大正13年に建てられたものとか。しかしとても年数を思わせないほど手入れが行き届いている事に驚かされます。宿はコの字になっていて、中庭があるのも古い旅館建築の様式です。

OriBikebosooff_46.JPG

時刻はまだ16時。夕食は18時からで祭りもそのくらいに始まります。とりあえず、する事がないので先に晩酌用の酒とつまみの買い出し、くるりと上総牛久駅や町を散策しながら宿に戻りました。

宿に戻ると風呂の準備が出来たそうなので、交代で汗を流してくつろいでいると、まだ17:30なのに夕食の支度ができたとの事。

OriBikebosooff_53.JPG

そんなにお腹が空いているわけではありませんが、とりあえず他にする事もないので早めの晩酌を。商人宿らしいシンプルな家庭的な夕食でした。

OriBikebosooff_54.JPG

とりあえずビールで乾杯。そして金澤社長からいただいた純米吟醸生原酒をいただきました。「うまい!!」

上総牛久の八坂祭りは江戸時代から続く八坂神社の祭礼。かつての宿場町、上宿・中宿・下宿の氏子たちが山車を引き子供たちが「牛久ばやし」を演奏します。

OriBikebosooff_55.JPG

18:00から22:00まで警察署による交通規制で牛久商店街は歩行者天国になっていますが、上宿から下宿まで東西約1kmの牛久商店街は人で埋まり祭りは盛況に進んでいました。

当初は7月の第一週に行う予定だったORiBikeのオフ会でしたが、なかなか予定が着かず、2週間遅らせての開催が、偶然にも年に一度の祭りの日だったのです。

OriBikebosooff_48.JPG

すっかりいい気分になったので、祭りに繰り出しました。

つづく・・・・・。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ






posted by 太泉八雲 at 17:51| Comment(6) | TrackBack(0) | ぶらり、オフ会&イベント
この記事へのコメント
太泉さん、楽しい企画ありがとうございました。
大津屋、すばらしい旅館でしたね。
八坂祭りのおまけまでついて最高でした。
大津屋さんを基点にORIBIKEポタをしたいですね。
Posted by 愚兵衛 at 2012年07月22日 21:48
太泉さん。

本間さん。

愚兵衛さん。

お疲れ様でした!

こんな楽しい旅、久振りでした〜。
Posted by フリー at 2012年07月22日 22:06
皆さんお疲れ様でした。
また機会があれば、是非参加させて頂きます。
Posted by 色眼鏡の本間 at 2012年07月23日 05:17
みなさんお疲れさまでした。私の体調不良と天候に恵まれませんでしたが、偶然が重なり非常に記憶に残る良いオフ会になったと思います。こ〜ゆうの、またやりたいですね。

>愚兵衛さん
愚兵衛さんの一言がなければ、養老温泉になっていました。本当に今回のオフ会が成功するかの分岐点でしたね。ありがとうございました。

>本間さん
お疲れさまでした。無事に着かれたようですね。今度は新潟でポタりましょう。

>フリーさん
また連絡しますね〜。
Posted by 太泉八雲 at 2012年07月23日 11:36
実は先日、前回の初詣オフ会に参加されたC8クラシックの山田さんと大阪のLOROでお会いしましたよ!!

遠くで参加できず、凄く残念がっておられました!!

しかしこうして色々なところでサイクリスト達がつながって行くのは、本当に不思議だし、凄いことですよね!!(笑)

八雲さんの人徳でしょうか・・・!!
Posted by yosshu0715 at 2012年07月23日 15:57
>yosshuさん

おお、C8クラシックの山田さんですか。おひさしぶりだな〜。

そういう繋がりでyosshu0715さんとも出会えたのですね。
また関西に行きますよ。
その時はよろしくです。
Posted by 太泉八雲 at 2012年07月24日 19:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57181609
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック