2012年08月07日

ぶらり、TOPEAKの大型サドルバッグ・モンドパック ハイドロはORi Bike M10に転用しました

ineoribike002.JPG


トピーク モンドパック ハイドロ(クイック・クリック)
TOPEAK Mondo Pack Hydro(Quick Click) 

ロードバイクの”日帰り輪行の旅”での運用をコンセプトに購入した大型サドルバッグでしたが、問題が...

こちらの記事にあるように、リアタイヤと接触してしまう事は判明。自分の体型までは想定外でした。

というか、平均的な日本人の体型。つまりはシートポストの突き出し量からして、実用があるのか?疑問が残るこのトピーク モンドパック ハイドロですが、まあ26インチのMTBや一部のクロスバイクには使えるか。

ちょっと愕然としながら、活用法を考えていると....ひらめきました。

topeaksbag2_01.JPG


「ORi Bike M10に着けてみよう!!」


折り畳み自転車の輪行でいつもやり場に困る「輪行袋」
どこかスマートにかつ、簡単に出し入れできる場所はないかと模索していましたが、やっぱりコレでしょう。

横着な性格のわたくしは、昔から輪行袋をキレイに丸めて、専用収納袋に納めるのが苦手でして、億劫でして。いつも適当に丸めてリュックの中に押し込んでいました。

という事で、特に荷物が無い時でも輪行時にリュックないし、ウェストバッグは必須。でも身軽に行きたいときもありますよね。

という事で、トピーク モンドパック ハイドロです。

「フィクサー」アタッチメントのクイックリリースで簡単に脱着できますし。

topeaksbag2_02.JPG

輪行袋がスッポリと収まる余裕の大きさ。筒状に丸めた輪行袋をスッポリと飲み込む開口部の形も使い勝手が最高です。

もちろん、携帯工具やパンクキットも収納できる余裕があります。

そして、バッグを外さなくとも、下のベロクロのベルトを外せば折り畳みに支障の無い高さまでシートポストを下げる事ができます。つまりはバッグを着けたまま輪行袋に収納できます。

topeaksbag2_05.JPG

もっとも、それは大きさにゆとりのあるオーストリッチの「ちび輪バッグ」だから可能なのかも知れません。ORi Bike純正や某小径車専門店のオリジナル輪行バッグのように、ギリギリまでコンパクト設計の輪行袋だとちょっとキビシイかな?


さきの丹後半島舟屋と地酒巡りの旅から活用していますが、これはいいですね。
もう手放せませんわ。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ







posted by 太泉八雲 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ&コンポーネント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57475319
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック