2012年08月24日

ぶらり、富士山に登ってきた(3)六合目ー八合目

fujisan2012_33.JPG

「富士山安全指導センター」がある六合目を出発。
ここからが本格的な富士山登山の始まりです。

fujisan2012_36.JPG

ガレの山道と落石防護堤が塹壕の様に続く、あたかも戦場の様な殺伐とした風景。
ここが富士山なのです。

ふと前方から雲が行く先に下りてきます。

fujisan2012_43.JPG

人工的な構造物の中をひたすら進んで行く。それを一瞬にして包み込む大自然のヴェール。

六合目から七合目までは「いろは坂」のようにジグザグに折り返す登山道が延々続きます。
傾斜はそれほどありませんので、坂道を一歩一歩と歩いていきます。

fujisan2012_40.JPG

そして七合目最初の山小屋「花小屋」が見えてきました。
そこから山小屋までは、少し傾斜のある岩場を登っていきます。
しかし手を使うほどの斜面ではありません。
岩と岩を階段のように一歩一歩登っていくだけです。

時刻は12:34、六合目を出発してから45分で到着です。

fujisan2012_44.JPG

すっかり霧ではなく雲の中。
気温は15度ほどでしょうか?秋口くらいの装備でないとかなり寒いです。
登山中は身体が熱を発していますが、休憩すると急激に体温が奪われていきます。

いや〜でも気持ちいいです。
下界は地獄ですからね。

標高は2,700m。

fujisan2012_48.JPG

七合目には団地のように七軒の山小屋があります。
「七合目救護所」もあって、心理的にもとても安心して通過できるエリアです。

fujisan2012_49.JPG

富士山では一合上がるごとに、物の値段がどんどん上がっていく、すさまじい物価上昇率を垣間見ることができます。

ただし、需要があまり無いアルコール類とは、意外に価格据え置き。という市場原理も働いているようです。
まあ、酸素も気圧も低い高山でアルコール類を飲むなんざ、普通の一般人には自殺行為ですからね。

fujisan2012_54.JPG

七合目から先は、岩場の斜面が多くなってきます。
ストックを短く縮めて登っていきますが、登山道の柵を兼ねた鎖を伝って登っていくほうが楽で早いです。

fujisan2012_52.JPG

赤い鳥居が目印の「鳥居館」は七合目と八合目の中間、本七合目になります。
山小屋を覚えておくと、富士山のどのあたりにいるのか把握することができます。

fujisan2012_61.JPG

霧ではなく雲の中にいるので、レインウェアを着ていないと、衣服はビショビショになっていきます。

fujisan2012_58.JPG

本七合目最後の山小屋「東洋館」を過ぎると、本格的な登山の様相に。
次に山小屋が見えてきたら、そこが「八合目」です。

fujisan2012_62.JPG

褐色の岩肌に、富士山と間違えて別の山に登ってしまったのではないかという錯覚を覚えます。
まるで東北の「恐山」のようです。


fujisan2012_65.JPG

まあ「恐山」と「富士山」は同じ霊山、信仰の山ですが、こちらは現役の活火山。

(日本三大霊場と数える恐山の他は、高野山と比叡山です)

しかし死火山である恐山は硫黄が漂い(温泉も湧き)ちょっと地獄っぽさがあります。

fujisan2012_66.JPG

さあ、八合目最初の山小屋「太子館」が見えてみました。
八合目にはこの「太子館」を含めて3軒の山小屋があります。

時刻は14時、五合目を出発して3時間で到着。

fujisan2012_69.JPG

標高は3千mを越えた3,040mです。
そろそろ高山病が襲ってきても良い高度ですが、今のところはまだ平気でした。

結構バテているようにも見えますが、カメラアングルとセルフタイマーをセッティングする余裕があります。

日頃運動不足ながら、意外に登れています。
しかも意外に早く登れています。

しかし、これが後々影響してくることになろうとは、まだこの時点では気がついてはいませんでした。



つづく




この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

【送料無料】富士山ブック(2012)

【送料無料】富士山ブック(2012)
価格:1,000円(税込、送料別)



posted by 太泉八雲 at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事・雑記
この記事へのコメント
実は僕、中学3年生の時、富士山上っているんですよ!!(笑)

これから八雲さんがどんな地獄を味わわれるのか、楽しみ!!(笑)
Posted by yosshu0715 at 2012年08月25日 02:30
おお、yosshu0715さんも富士山に登られていたのですね。小学校といったらだいぶ昔ですね。

まあ、地獄のシーンは撮影できなかったので、感動のシーンの方が多いかも。
Posted by 太泉八雲 at 2012年08月25日 10:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57769981
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック