2012年09月26日

ぶらり、TOPEAKの空気圧計スマートゲージ D2を買ってみた

atsukei_02.JPG

ロードバイクのチューブレスタイヤを導入したのを機に、空気圧計をいっしょに買ってみました。
そうなのです。実は今まで空気圧計は持ってなかったのです。

では、どうやって自転車の空気圧管理を行っていたかというとですね、わが家のフロアポンプ(空気入れ)にはデジタルメーターが装備されていまして、それで空気圧管理を行っていた訳です。

ただ、後で聞いた話だと、フロアポンプのメーターはポンプ内の圧力を測定しているのであって、タイヤ内の圧力数値では無いとの事。まあ、数値がまったくデタラメという事ではないと思いますが、多少誤差があるようですね。

と、行っても。そんなにシビアな空気圧管理をするようなご身分でもありませんで。
話しは戻りますが、チューブレスタイヤのメリットの一つに「タイヤの空気圧を下げられる」というのがありまして、空気圧を下げるとどう良いのかというと、ロードではグリップとのせめぎ合いになるので難しいのですが乗り心地の向上。そしてオフロードを走るMTBでは、グリップの向上につながります。

で、走りながらいろいろな空気圧を変えて見てみよう。
と、携帯できる空気圧計を買ってみたわけです。

まあ、実際は送料対策で買ったようなものでもあるのですが...フッ


atsukei_04.JPG

思ったよりもコンパクトでした。
エンジニアプラスチックで質感は申し分なしのTOPEAK。


電池は一般的な「CR2032」


atsukei_03.JPG

測定単位は「psi・bar・kg/u」の3つに切り替えられます。

バルブセレクターで米式と仏式が切り替えできます。
最初はこの切り替えレバーを交互の何度も動かして、アタリを取っておくと、バルブが差し込みやすくなるそうです。
それでもスマートゲージをバルブに差し込む際には、どうしても1.5psiほど空気が抜けてしまいます。

首も測定しやすい位置に180度回転させる事ができます。

IMG_4007.JPG

バルブの根元がナットで固定されているタイプのバルブは測定しやすいのですが、固定の無いタイプのバルブ(タイヤチューブ)だと、バルブが中に沈んでしまって測定困難になります。

わが家には後者のタイプのチューブは1組しか無かったので、それもいずれ交換していく事になるでしょう。

さて、この空気圧計を購入するにあたって最初に比較検討したのが、国産の雄パナレーサーのデュアルヘッドデジタルエアーゲージでしたが、見た目でTOPEAKにしました。

自転車ショップで置いてあるのは、パナレーサーが多いですね。
実際、国内ではこちらの方がメジャーのようです。



価格はそんなに変わりませんし、こちらも英仏対応。ヘッドはシンプルな造りです。
PANARACER デュアルヘッドデジタルエアーゲージはライトが付いているので、夜間の作業では分がありますが、まあ暗闇で測定する事は無いでしょう。

それに、ヘッドの向きを変えると光軸が合わない気も...

純粋に空気圧計として見た場合の使用感は気になります。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ



トピーク スマートゲージ D2

TOPEAK スマートゲージ D2
価格:2,772円(税込)



posted by 太泉八雲 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・工具&小物・油脂類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58521782
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック