2012年10月10日

今度はユッチンソン・チューブレスタイヤ用リペアキット&タイヤレバーセットを買ってみた

tltrepairekit_01.JPG

初めてのロード用チューブレスタイヤである、ユッチンソンのインテンシブ・チューブレス(25C)を買ったものの、本来はレバーを使わずに全て手ではめないといけないものと、どうやってもはめる事ができずに、家にあった普通のタイヤレバーで強引にタイヤを装着してしまいました。

しかしその後、色々と先の事を考えて、チューブレスタイヤ専用レバーで有名なIRCのそれを買ってみたものの、注意書きには「IRCのチューブレスタイヤ以外には使用しないでください」と書かれている...orz

まあ、チューブレスタイヤの為にいろいろ考えられているし、そもそもホイールに”IRC(井上ゴム)専用”というものは無い訳で、そう考えるとタイヤのリム形状はみないっしょだろう!!と自分に言い聞かせるように肯定的に考えてみたりはするものの、多少の不安は残るわけで....

tltrepairekit_03.JPG

ネットを徘徊していると、偶然にもハッチンソンの専用タイヤレバーがある事を知りました。おまけにタイヤのリペア(修理)キットも発売していました。

基本はバラバラに取り扱われている製品ですが、ショップによっては2つをセットで販売しているところもありました。

リペアキットは基本的にチューブ修理と同じ構成内容でした。

35mmパッチ2枚、75×35mmパッチ 1枚、サンドペーパー、接着剤10gで、チューブレスタイヤの内側からチューブと同じ要領でパッチを接着していく作業です。

このリペアキットにはロードバイク用とMTB用の2種類があります。おそらくパッチの大きさや素材による軽量度が違うのでしょう。しかし、お店の説明書きではMTB用のキットの方がロードタイヤとMTBタイヤの両方を直すことができるそうで、一石二鳥。まして、近日中に29erMTBパラゴンのタイヤもまたチューブレス化を検討している中で、2つを兼用できるMTBの方のリペアキットをチョイスしたのでした。

tltrepairekit_05.JPG

本来は単体別売りであるユッチンソン・チューブレスタイヤ専用のタイヤレバー。
なぜか1本しかありません。1本でタイヤの脱着なぞできるものでしょうか?
(まあ、本来は素手で脱着すべきものなのですけど....)

tltrepairekit_06.JPG

しかも、かなりの分厚さです。

この微妙な形状がチューブレスタイヤに最適なのでしょうか?
そうなのでしょう、きっと。


tltrepairekit_08.JPG


このユッチンソンのチューブレスタイヤ専用タイヤレバーの隠された秘密が、なんと中に石鹸水を充填できるのです。キャップを外すと先端はスポンジになっていて、ガラコ(ソフト99の自動車ガラス用撥水剤)のように塗り塗りする仕掛けになっているのです。

う〜ん...微妙。


しかし、これでチューブレスタイヤでのロングライドも怖くは無くなりました。(多少)




この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ





posted by 太泉八雲 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・工具&小物・油脂類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59046908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック