2013年01月26日

本格的西洋芳香杉シューツリー・ディプロマット(ヨーロピアン)を買ってみた

shoetree_03.JPG

前回に続いて今回も靴のメンテナンスアイテムです。

前回紹介した除湿・消臭「スポーツドライ」と同じ、靴のお手入れ・メンテナンスアイテム専門店「ハッピーバリュー」でいっしょに購入したシューツリーです。

って、いうかこっちが本命。
「スポーツドライ」の方は予期せぬ衝動買いのようなものです。

shoetree_04.JPG

仕事用のビジネス靴(革靴)は一応3足をローテションしながら運用してはありますが、さすがに仕事靴だけあって年間を通しての稼働率はずば抜けて高いです。

なので、防湿・消臭以前に靴の劣化が早いのですが、1足数千円の安い靴は履いていないので、できるだけ長持ちさせたい。

って、10年前からシューキーパーの存在は知っていましたが、当時はなかなかそういったものに手が出せない台所事情であったりして、そのうち忘れていました。


shoetree_01.JPG

しかし、今年は人生の節目の年でもあるので、家にある靴の半分を更新する事にしました。
つまりは古い靴は破棄して、あたらしい靴に一新するわけです。

長く履いてきた仕事用の革靴も「おつかれさま」で、新しく買い換えました。
あらためて古い靴を見てみると、愛着が涌きそうなほどヨレヨレでした。

シワだらけ。

しかし、よ〜く見渡してみると、まだ1年ほどしか経っていない革靴も甲の部分がシワだらけになってきていました。

これはいけません。

shoetree_02.JPG

革靴にとって、シワは大敵です。
シワは見た目だけでなく、防水効果が薄れて雨水が靴の中に浸透する原因にもなるそうです。

あと、滅多に履かない「冠婚葬祭用」のちょっとお高い靴は、ほぼ一生ものなので、ほぼ一生使いたい。

そこで、ついにシューキーパーを導入する事にした次第です。はい。

で、いろいろ探していたら、かなりの高級木製シューキーパーが大変お得な価格のお店を発見しました。当初はとりあえず1セット購入する予定でしたが、あまりのお買い得に3足分を大人買い。

shoetree_07.JPG

表面はニス無しで、材質の誤魔化しが効かない、高級アロマティックシダー(西洋芳香杉)製です。
箱を開けた瞬間から、めちゃくちゃ強烈なアロマの香りが立ち上がり、ちょっと驚きました。本物ってこういうものなのかと。

しかも天然杉なので、一日履いた靴の湿気をも除湿調整してくれるのです。これは前回紹介した除湿・消臭「スポーツドライ」と同じですね。


shoetree_06.JPG

シューキーパーは靴の形を整えるための「道具」でもあるので、サイズで選ぶ必要があります。また靴の形状・カテゴリでも選ばなくてはならないので、あまり汎用性はありません。

わが家のビジネスシューズはヨーロッパ型のようなので、「イタリア系革靴専用・ヨーロピアン・ディプロマット」を買いました。

あまりの質感の高さに、靴にいれるのが勿体なく感じてしまいました。

こうやって、今年はすこしづつビジネスマンらしくなっていくかな?



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ






この記事へのコメント
シューキーパー、僕も昔リーガルの靴を愛用していたのですが一年もたない有様でしたので、デパートの店員さんに勧められて使うようになりました!!(笑)

メンズファッション誌でしあ見たことなかったもんですが、いざ使うとめちゃめちゃ良いですよね!!(笑)
もっと早く買うべきだったと思ったものの一つです!!(笑)
Posted by yosshu0715 at 2013年01月26日 12:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61723998
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック