2013年01月29日

ぶらり、快速シーハイル上越に乗って越後湯沢・駅の酒蔵「ぽんしゅ館」にいってきた(2)

2013shinetsu01_16.JPG


越後湯沢駅のエキナカ。天然温泉の日本酒風呂で体を温め、風呂上がりに日本酒の糀ラテで贅沢な一時。

そして次はいよいよ利き酒タ〜イムです。

ていすてぃんぐGALLERY 越の室

新潟の酒蔵95蔵。その代表銘柄95種類に加えて、おすすめの銘柄22種。合計117種類をテイスティングできる越後の地酒のショールームです。

1回500円。

カウンターで会計をしてメダル5枚と”おちょこ”をもらいます。1メダルで1杯。計5杯。


2013echigoyuzawa_27.JPG

おちょこは記念にもらえる物かと思ったら返却しないといけません。
東京青梅の「澤乃井」の利き酒では使ったお猪口をもらえるのですがね〜。

あと、おちょこ自体がかなり小さいです。

2013echigoyuzawa_32.JPG

膨大な種類の銘柄の中から、最初に選んだのはこれ。
早速おちょこをセッティング。メダルを入れて...

2013echigoyuzawa_33.JPG

「ポチッ」とボタンを押すと...

2013echigoyuzawa_34.JPG

ちょろちょろ〜・・・と、適量の冷えた地酒が出てきます!

ん〜うまい!!さすが新潟酒です。
レベルが高いですね〜。優等生的なお酒です。

2013echigoyuzawa_37.JPG

次。コインを入れてもう一杯。

これを選んだ理由は、日本酒度が低かったから。
新潟酒の平均は+5度くらいです。

酸度、アミノ酸度とのバランスもありますが、個人的には+2〜3度あたりが好みです。

2013echigoyuzawa_35.JPG

さて、後ろを振り向くと...

そこには日本酒のアテに”日本酒に合う味噌”が置かれています。

さすがです。そして「うまい!!」

2013echigoyuzawa_40.JPG

よし、3杯目。

これはだいぶ昔に雪の中ぐうぜん見つけた酒蔵でした。

2013echigoyuzawa_38.JPG

今度は「厳選!! 越の室が選ぶ日本酒に合うお塩」シリーズ!!

すごい種類です。これだけではありません。裏側にもまだまだありますよ!!

お酒を飲みながら塩を舐める。ツウ....酒飲みの飲み方ですね〜。

2013echigoyuzawa_41.JPG

4杯目。

日本酒勉強の入門書「夏子の酒」のモデルになった久須美酒造です。

2013echigoyuzawa_36.JPG

また「厳選!! 越の室が選ぶ日本酒に合うお塩」

裏手の列です。

2013echigoyuzawa_42.JPG

そして、最後の一杯。

「これだけは、飲んでけ〜!」という事で。

以上でおしまい。

メダルを買えば何杯でもいけるそうです。
過去最高は最高43杯だそうです。

まあ、チャレンジはまたの機会に。今回は5杯でやめました。

さあ、次はいよいよ新潟の日本酒の購入です。

つづく...



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61840741
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック